Microsoft TeamsをPCにインストールする手順。アンインストール後の再導入にも有効

Windows PCでTeamsをアンインストール後に、再インストールする必要に迫られた場合などに対応するため、Teamsをインストールする手順を記載します。Microsoft 公式サイト経由でインストールできますが、Microsoft アカウントへのログインを何度か行う必要があります。

スポンサーリンク

Teamsをインストールする手順

Microsoft Store 経由ではなく、以下のMicrosoft 公式サイトからファイルをダウンロードし、インストールを行います。なお、 2022年3月16日時点の画面に基づいています。

 

▼こちらのMicrosoft 公式サイトにアクセスします。

Microsoft 公式サイト、Teams

 

▼「家庭向け」タブの「無料でサインアップ」を押下します。

 

▼Microsoft アカウントにサインインします。

 

▼以下の画面で「はい」を押下。

 

▼インストールファイルのダウンロード画面となりました。ここまでの画面遷移は少ないのですが、反応が遅いケースもあります。「Windows アプリを入手」を押下します。

▲下に「代わりにWeb アプリを使用」とありますが、一時的な利用ならWeb版の使用もおすすめ。PCにインストールするアプリ版は、自動起動を制御しないとメモリとCPUを消費します。自動起動の制御は以下の記事に記載しています。

Win 10 PCにて TeamsとSkypeの自動起動をオフにする手順。メモリ使用の抑制にも有効
Windows 10PCにて自動起動となる Microsoft TemasとSkype。在宅勤務などで使用する目的がある場合には便利な機能ですが、そうでない場合には メモリの消費やTemasの画面表示など、望ましいものではありません...

 

▼ダウンロード容量は約120MB。ダウンロードしたexeファイルを実行します。

 

▼インストール待機中の画面となります。

 

▼サインインしているWindowsのMicrosoft アカウントが表示されますので、これを押下します。私の場合、なぜか同一アカウントで2つの選択肢が表示されました。

 

▼Microsoft アカウントのパスワードを入力し、サインインします。

 

▼「最初に何を行いますか」の画面となりますが、任意のコースを選択します。

 

▼あらためて、Microsoft アカウントのパスワードを入力します。

 

▼設定、起動中。

 

▼ようやくホーム画面が表示となり、インストール完了です。

まとめ

私はメモリとCPU使用率の抑制のため、Teamsをアンインストールしていたのですが、必要に迫られ再インストール。Microsoft Store 経由ではなく、Microsoft 公式ストア経由でのインストールとなります。なお、文中にも記載しましたが、アプリ版は未使用時も自動起動により メモリとCPUを消費することになり、一時的な利用ならWeb 版の利用もおすすめです。

 

Win 10 設定
スポンサーリンク
kenkenをフォロー。Twitterでも記事更新を配信しています。
スポンサーリンク
Win And I net

コメント

タイトルとURLをコピーしました