M.2 SSD 240GBが4,969円、Amazonで購入のTCSunBow製 SSDのベンチマーク

SATA接続のM.2 SSD 240GBが、Amazonにて約5,000円と安価で販売しており衝動買い。現在、受領待ちのノートPCのメインドライブとして使用する予定ですが、取り急ぎ 手持ちのPCに接続し、ベンチマークスコアを計測してみました。

スポンサーリンク

製品、価格情報

購入した2242サイズのM.2 SSD 240GBは、以下のTCSunBow社の製品。2018/12/1時点のAmazonでの価格は、120GBが2,988円、240GBが4,969円と激安です。

 

▲▼私が購入した2018/11/25には、タイムセールと5%割引を行っており、運よく 3,975円で購入できました。

 

▼本体のほか、取付用のネジが2つ付属しています。Amazonサイトには詳しい製品説明はなく、SATA 3接続とあるのみです。また、TCSunBow社の公式サイトの存在を確認できなかったのですが、中国 深センの会社となります。

▲▼今回はベンチマーク計測用として、Jumper EZBook 3 Proに一時的に取り付けました。

Jumper EZBook 3 ProにSSD M.2を取付、eMMCとのパフォーマンス比較
Jumper EZbook 3 Proを使い始めて約一週間。SSD M.2スロットのついているバージョン3で気がかりなことは、コスト削減のために低速のeMMCを使用していること。基本動作において、著しい遅延・影響は感じないのですが、...

ベンチマークスコア

現在のところは、Windowsの起動ドライブ化したうえでの計測ではなく(使用する端末の受領待ちのため)、ストレージとして一時的にSATA接続したものです。

 

▼当然ながらもデバイスマネージャーでしっかり認識しています。

 

▼CrystalDiskMark 6.0.2にて、スコアを2回計測しました。Readは500台前半、Writeは300台後半とまずまずのスコアです。

 

▼比較対象はこちら。画像左はJumper EZBook 3 Proで使用のTranscend 3D TLC (Amazonリンクはこちら)、右はChuwi LapBook SEにデフォルトのFORESEE製です。

3製品ともに、ほとんど変わらないスコアになっており、以下の2製品の使用においてはWindows・アプリの起動・終了、ファイルの保存・呼び出しともに快適です。

▲▼上記のSSDを使用している機種はこちら。

EZBook 3 Pro 半年使用後の再評価、他のPCを使用して高まった満足感
2017年8月にJumper EZBook 3 Proを購入して早くも半年。この半年、毎日のようにEZBook 3 Proを使用していますが、当初の感想である「この質感とレスポンスで2万円台とは驚き」の想いは変わらず、むしろ高まって...
Chuwi LapBook SE レビュー、ベンチマーク編。他のGemini Lake並みなれどSSDのスコアは良好
Gemini Lake N4100、128GBのSSDを搭載しつつも3万円ほどの13.3インチのファンレスノートPCであるChuwi LapBook SE。先日の外観レビューに続き、フリーソフトなどから抽出したシステム情報、ベンチマ...

まとめ

M.2 SSD 2242サイズの240GBが約5,000円とは、かなりコスパの高い製品です。今回、私が計測したベンチマークスコア、Amazonでのレビュー評価も高く、安価なSSDを探している場合には候補となる製品です。

なお、耐久性はどうなの?との懸念もあるかもしれませんが、Amazonのレビューの限りでは特に不安となるようなコメントはありません。

 

コメント