T.BOLT F15 Pro、Core i3-1005G1 / RAM 12GB搭載の15.6型ノートが約57,000円で販売に

Banggoodのセール情報を参照していて、気になった製品が「T.BOLT F15 Pro」。CPUにインテル 第10世代のCore i3-1005G1、メモリ 12GB、SSD 256GBを搭載の15.6インチノートです。スペックとしては一般的ですが、6月24日時点の価格 509.99ドル(約57,000円)に惹かれます。

今回はごく簡単にですが、T.BOLT F15 Proの概要を確認してみました。

T.BOLT F15 Proのスペック

T.BOLT F15 Proのスペックのスペックは以下となります。

CPUCore i3-1005G1、2コア 4スレッド、最大 3.4GHz
GPUIntel UHD Graphics GT1
メモリ12GB DDR4
ストレージ256GB SSD
ディスプレイ15.6インチ、IPS、解像度 1920 x 1080
WiFi802.11 b/g/n (2.4/5.0GHz)
Bluetooth4.2
ポート類USB 3.0 x 2、USB Type-C、HDMI、有線LAN
バッテリー容量未確認
サイズ‎37.40 x 24.30 x 2.05 cm、約 1.92kg
OSWindows 10 Home

 

CHUWI CoreBox Pro 実機レビュー、Core i3-1005G1 / PCIe SSDで快速レスポンス、想定外の静音仕様。約39千円のクーポン情報あり
多くのミニPCやノートPCをラインナップに揃えるCHUWIですが、ミニPCの上位となるのが「CoreBox」シリーズ。うち、ハイエンドとなるのが インテル 第10世代のCPU Core i3-1005G1を搭載する「CoreBox ...

CPUにCore i3-1005G1を搭載するPCは、上の記事にてレビューしていますが、画像編集やExcelやAccessなどの在宅勤務では、サクサクと動作します。

同CPUを搭載する安価なPCの事例としては、以下のAcer Aspire 3がありますが、Aspire 3はメモリ 4GBに難あり。T.BOLT F15 Proは約3,000円高となりますが、メモリ 12GBであることもポイントの一つです。

 

ただし、このクラスのPCとしては、高速なPCIe SSDを搭載することも多いのですが、製品紹介にPCIeの文言がなく、SATA SSDである可能性大です。また、1.92kgとやや重く、WiFiが11a/acに対応していないこともマイナスポイント。

 

▼ポート類は、USB 3.0 x 2、USB Type-C、HDMI、有線LANと一通り装備しています。

 

▼低価格な製品であるものの、ボディは金属製。ネーミングは「F15 Pro」とありますが、Teclastのパソコンも「F」のモデル名であり、色合いからはBMAXやCHUWIの製品にも近く、やや紛らわしいようにも感じます。

まとめ

ごく簡単にですが「T.BOLT F15 Pro」の概要を記載しました。インテル 第10世代のCore i3-1005G1にメモリ 12GBの15.6インチノートが、6月24日のBanggooの予約販売価格 約57,000円と、コスパ度は十分。ただし、重さ 1.92kgとやや重いことに、WiFIが11a/acに対応していないことがネック。

 

▼Core i3-1005G1、メモリ 12GB、SSD 256GBを搭載し 509.99ドル(約57,000円)

T.BOLT F15 Pro

コメント

タイトルとURLをコピーしました