T-bao T-BOOK X10、Athlon Gold 3150U搭載 15.6型ノートのスペックと特徴。NVMe SSDを増設可能、デザインもよいT-baoの意欲作

中国ブランドのT-baoからリリースされた「T-BOOK X10」。アルミ製のボディはシルバーのほか、ブルーもあることが新鮮ですが、CPUには「AMD Athlon Gold 3150U」を搭載し、Core i7-6650U相当の実力となります。また、デフォルトのSATA SSDに加え、NVMe対応のPCIe SSDを増設できることも大きな特徴。

スポンサーリンク

T-bao T-BOOK X10のスペック

上のベンチマークスコアは、Banggoodの製品紹介からの引用ですが、そのまま鵜呑みにすると、Pass Markにおいては 以下で紹介の「Lenovo ThinkPad E15」に搭載のCore i3-10110Uをも上回っています。多少差し引いても、これなら公表のCore i7-6650U相当の実力であることも納得。

ThinkPad E15、Core i3-10110Uの15.6インチノートが62,700円で販売中、在庫限りで早期の売り切れ確実
インテル 第10世代のCore i3-10110Uを搭載する、15.6インチの「ThinkPad E15」が公式直販サイトにて、税込・送料無料のクーポン価格 62,700円で販売されています。同モデルのエントリー構成となりますが、メ...

 

T-bao T-BOOK X10のスペックは以下です。メモリ・SSD容量が異なる 2つのバージョンがあります。

CPUAMD Athlon Gold 3150U、2コア4スレッド、最大 3.3GHz
GPUAMD Radeon Graphics VEGA3
メモリ8GB / 16GB DDR4、最大32GBまで増設可能
ストレージ128GB / 512GB SATA M.2 SSD、NVMe / PCIe SSDを増設可能
ディスプレイ15.6インチ、1920×1080、IPSパネル、画面占有率 96.5%
WiFi11ac/a/b/g/n
Bluetooth4.0
ポート類USB 3.0 x 2、USB 2.0、USB Type-C(フル機能)、HDMI
サイズ31.80 x 21.60 x 2.10cm、1.8kg
OSWindows 10 Home 64bit
その他10キー・バックライトキーボード、指紋センサーありアルミ製ボディ

 

他の中国ブランドと比較すると、ハイエンド寄りのPCを販売していることの多い T-baoですが、本製品もミドルハイからハイエンド寄りとなり、映像出力可能なUSB Type-C、NVMe SSDを増設可能、アルミ製ボディに指紋センサーとフル装備です。

AMD Athlon Gold 3150Uの実力は、製品情報では4コア8スレッドのCore i7-6650U相当、Core i3-10110Uを上回るとのこと。一方、私が確認した Geekbench 5のCPUベンチマークの指標は以下です。

 

▼上から順に、AMD Athlon Gold 3150Uの事例、手元にあるCore i3-8145UとCore i5-6200Uのスコア。ここから察するとインテル 第7世代のCore i5相当の実力はあり、オフィスソフトではかなり快適に操作できる水準です。

 

▼メモリは2スロットで最大32GBまで増設可能。標準装備の2280サイズ SATA M.2 SSDに加え、2280サイズのNVMe M.2 SSDを増設可能。

▲▼NVMe SSDの販売事例はこちら。Crucialなどの大手ブランドの場合、以下の記事で記載のとおり、各ブランドで配布の無料のOSクローンソフトを利用できます。NVMe SSDはSATA SSDよりもWindows 10の起動や終了、大容量ソフトのインストールが速くなります。

 

▼ディスプレイのベゼル幅の明記はありませんが、画面占有率が96.5%と高いことから、上と左右のベゼル幅はかなり狭いと思われます。

T-bao T-BOOK X10の外観

シルバーとブルーの2色ありますが、アルミ製の薄いブルーのボディも新鮮でよいものです。アルミ製であることについては、「All Metal」の表記があるものの、キーボード面のみ樹脂製の可能性もあります。

 

▼以前のT-baoのノートPCは、天板にデザインのよくないロゴが搭載されていたのですが、ロゴなしでしょうか(イメージ画像と実機は異なることがあります)。ロゴの存在が気になります。

▲サイドの下に向かって絞り込まれたデザインにも好感。

 

▲タッチパッドの左上に指紋センサーがあり、Windowsの指紋センサーは概ね精度が高いため、ログイン時の利便性は高まります。キーボードはバックライト付き・テンキー付きの英語キーボードですが、以下のフリーソフト「Alt IME」の利用により、「英数・かな」の切替は、スペースキー両隣のAltにより簡単に行うことができます。

英語キーボードの「かな」「英数」をAlt空打ちで瞬時に切替。alt-ime-ahk.exeで快適な入力環境
日本の店頭に並んでいない、海外通販にて購入したパソコンのキーボードは英語キーボード。私が先日購入した「Jumper EZBook 3 Pro」も英語キーボードです。iPad、iPad miniでは英語キーボードを利用し、慣れたつもり...

 

▼映像出力は HDMIとUSB Type-Cの2ポート、USBはType-Cを含めると4ポートあり、拡張性は十分。

まとめ

15.6インチにAMD Athlon Gold 3150U、NVMe SSDも増設可能、アルミ製ボディを採用する「T-bao T-BOOK X10」。デザイン性もよく、価格も手頃なため、AMD Athlon あるいはRyzenを搭載するミニPCの代替としても購入候補になる製品です。

 

▼Banggoodの販売情報。メモリ 8GB / SSD 128GB版はクーポン「BGJPTB8」の利用により 429.99ドル、メモリ 16GB / SSD 512GB版はクーポン「BGJPTB16」の利用により 499.99ドル。いづれも送料無料、クーポンは3/12まで有効。

メモリ 8GB、SSD 128GB版

メモリ 16GB、SSD 512GB版

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました