Surface Go 2、12,980 円のSurface Go タイプカバー (ブラック)の無料キャンペーンを開催中(8/20まで)

Microsoft 公式ストア、Amazonともに、Surface Go 2の購入により 12,980 円相当の Surface Go タイプ カバー (ブラック)が無料となるキャンペーンを、8月20日まで開催しています。また、Surface Pro 7も同様に、18,040 円 (税込) 相当の Surface Pro タイプカバー (ブラック) が無料となります。

引用元 Microsoft 公式ストア

Surface Go 2 キャンペーン
icon

Surface Pro 7 キャンペーン
icon

Surface Go 2の価格情報

Surface Go 2には、CPUに Pentium Gold 4425Yを搭載するバージョンと、Core m3-8100Yのバージョンの2つがあります。Pentium Gold 4425Y版は、初代 Surface GoのPentium Gold 4415Y(私が使用中のもの)と同水準となり、Windows 10の更新前後などの負荷がある場合には、モッサリした動きとなります。

通常の場合にも、Core m3-8100Yとは即体感できるレスポンスの相違があるため、予算が見合えば Core m3-8100Y版を強くおすすめします。

 

▼Core m3-8100Yを搭載するUMPCのレビュー記事。現在、通勤電車での記事編集をメインに利用していますが、Surface Goよりもかなり サクサクと動作します。

CHUWI MiniBook 実機レビュー。サクサク動作のCore m3-8100Yに明るい液晶、タイピング感も想像以上。これで5万円台とは満足度高し
7インチのUMPCのキーボードがイマイチだったため、8インチのUMPCにも抵抗があったのですが、CHUWI MiniBookの実機はその懸念を吹き飛ばす出来栄えです。Core m3-8100Yのサクサク動作に明るい液晶、想像以上に快適なキーボード。これで5万円台とは恐るべしコスパ

 

▼こちらの Surface Go タイプ カバー (ブラック)が無料となります(その他のタイプカバーは 3,960 円)。

▲▼Surface Goでの同キーボードの使用感は、以下の記事を参照。浅く軽いキーで軽快・リズミカルなタイピングが可能です。私のなかでは、ThinkPad / MacBook / Surfaceと、タイピング感は異なるものの、どれも同水準にタイピングしやすいキーボードです。

Surface Go 純正キーボード、2ヵ月利用後の再レビュー。10型ではダントツの快適タイピングで高価格も納得
Surface Goを使い始めて2ヵ月経過しましたが、これまで外出先で使用していたASUS T90Chiに替わる機種として快適に利用しています。その快適さに大きく貢献しているのが、純正のタイプカバー キーボード。ブラックのAmazo...

 

▼こちらは Microsoft ストアの価格情報。8月20日まで、Surface Go タイプ カバー (ブラック)が無料となります。 Pentium Gold 4425Y版とCore m3-8100Y版には、LTE搭載の有無もあり、かなりの価格差がありますが、レスポンスを考慮すると Core m3-8100Y版を強くおすすめします。

Surface Go 2 キャンペーン
icon

 

▼こちらは Amazonで販売の最安構成のSurface Go タイプ カバー (ブラック)との2点セット。Amazonの販売元は Microsoftであり、公式サイトのキャンペーンにあわせて 同価格で販売されています。ただし、Amazonでは Core m3-8100Yのキーボードセットはありません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました