120GBで四千円。安くてベンチマークスコアも高い、SUNEAST SSDのレビューとラインナップ

先日、ミニPC「Alfawise T1」にM.2 SSDを増設したのですが、これで我が家のPCのSSD増設・換装は5台目。今回のAlfawise T1に使用した、通販で最も安価なSUNEASTの製品は意外とパフォーマンスが高く驚くことに。

今回はこのSUNEASTのSSDと手持ちの他社製SSDとのベンチマーク比較を行うとともに、コスパの高いSUNEAST製SSDのラインナップの一部を確認してみました。

 

関連記事

Gemini Lake Alfawise T1を4,000円の出費でSSD化、取付工程とeMMCとのベンチマーク比較

SUNEAST製SSDのベンチマークスコア、他社製SSDとの比較

▼今回、私が購入しミニPCに取り付けたM.2 SSDはこちらの120GB。Yahoo ショッピングにて送料込 3,980円とはかなりのコスパ度です。

 

 

▲自宅にある5台のSSD搭載PCのうち、ハード構成が類似する3台のPCに取り付けたSSDの、CrystalDiskMarkのベンチマークスコア。

 

左より(SSD製品名、取り付けたPC、レビュー記事)

 

3製品ともに、よほど通販のレビューコメントがわるくない限り、コスパに優れた製品を選択・購入しています。

スコアの左から、M.2 SSD 2280サイズ、mSATA、M.2 SSD 2242サイズとサイズ・規格は異なりますが、CPUにApollo LakeあるいはGemini Lakeを搭載したもの。

肝心なSUNEAST M.2 SSDのスコアは、Transcend TS120GMTS420と互角です。サイズは違えど、同じ120GBで価格差2,000円、率にするとSuneast は約33%安いことになり、コスパ抜群のSUNEASTです。

体感レスポンスは、上記3製品とは何ら変わるものはありません。我が家のPCは、全てSSDもしくはeMMCを使用しているため、もはやHDD機との体感比較はできないのですが、以下の記事のとおり、HDDから換装した場合には感激するほどの速さです。

Core 2 Duo機、SSDへの交換で悪戦苦闘も、苦労が吹き飛ぶ爆速仕様に
私のメインパソコンは今さらながらの2010年製のCore 2 Duo機であるNEC Mate、MY29RA-9(Windows 10へアップデート済)。他にもWindows tablet・Stick PCを持っていますが、それらと比...
2012年製のLenovo IdeaPadがSSDへの換装で快速仕様に。もっと早く交換すべきだったと激しく後悔
約6年前の2012年に購入したLenovo IdeaPad Z575。家族のメイン機として使用しているのですが、Windows・各種アプリの起動・挙動が遅く、家族からの不満が続出。私もその遅さのために、ほとんど利用しなかったのですが...

ところで、SUNEASTってどんな会社?

ここで気になるのが、SUNEASTの会社の概要。大阪所在の株式会社 旭東エレクトロニクスのブランド名のようですが、立派なホームページもあります。

概要を抜粋すると、

  • 2.5インチ、M.2、mSATAのSSDをリリース
  • 2017年8月に設立
  • 事業内容はメモリ・ストレージなどのPCパーツ及び周辺機器の開発、製造、販売

 

製品の仕様の項目や、保証規定などかなりしっかりしています。私は、失礼ながら大手ではない会社のホームページを参照すると、つい興味が湧いてくるのですが、このSuneast、旭東エレクトロニクスが突如として大きな存在となり、(失礼ながら)応援したくなりました。

Suneastのコスパの高いSSDをピックアップ

どの製品もコスパが高そうなのですが、特にコスパの高い製品をピックアップしました。

 

▼2.5インチ・480GBで約9,500円(Yahooショッピング、楽天市場)とは恐るべし。他の大手メーカーよりも3割程度安く、Amazonでのレビュー評価も抜群です。

 

▼流通量の少なくなってきたmSATAのSSDも、SUNEASTは複数取り揃えています。

 

▼M.2 SSD 2280サイズの240GBが6,000円台半ば。2.5インチ、mSATAと同様に国内3年保証です

 

まとめ

私が購入したM.2 SSD、Amazonでの評価の高い2.5インチのSSDなど、安くてもベンチマークスコアも大手社製品と互角のSUNEASTのSSD。国内販売で3年保証とくれば、安心感もあります。コスパに優れたSSDとなれば、購入候補の筆頭となるでしょう。

 

▼あらためて、SUNEASTのSSDを増設・起動ドライブ化した、Windows 10 ミニPCのレビュー記事へのリンクです。

Gemini Lake Alfawise T1を4,000円の出費でSSD化、取付工程とeMMCとのベンチマーク比較
CPUにGemini Lake N4100を搭載するミニPC「Alfawise T1(Beelink S2と同製品)」。多くのミニPCと同様に起動ドライブをSSDに換装できることを特徴の一つとしていますが、本日 SSDに換装しました...

コメント