2022年6月時点でも販売のAtom Z8350 Stick PC。私としてはスペックが優位な超小型ミニPCがおすすめ

Amazonを巡回していると、2022年6月時点においても Atom Z8350を搭載するStick PCが販売されており やや驚きです。スペック的にはWeb サイトのブラウジングやYouTubeなどの動画視聴向けとなり、海外通販まで目を向けると、数千円の追加出費で直近のCeleron(Jasper Lake N5095 / 5100クラス)を搭載する直近の超小型ミニPCを購入できます。ただし、Fire Stick PC ライクに、テレビの背面に常時接続したままでの需要もあると思われ、簡易的に記事にします。

スポンサーリンク

Z8350搭載、Stick PCの概要

簡易的にスペックを記載すると以下となります。本来、Atom Z8350では Windows 11を搭載できないのですが、ショップ側で 同OSを導入しています。

  • Atom Z8350
  • メモリ 4GB、ストレージ 64GB eMMC
  • 電源ポートは Micro USB
  • その他ポートは USB 3.0、USB 2.0
  • サイズは 112 x 36 x 12mm
  • 小さなCPU ファンを搭載
  • OSは Windows 11 Pro

 

▼CPU、メモリ、ストレージの基本スペックは 以下のドンキ NANOTE 初代と同じです。さすがに、現行のCeleron N5100、前世代のN4100はもちろんのこと、前々世代のN3450と比較してもレスポンスは劣ります。

ドンキ NANOTE、実機のベンチマークスコアと1週間使用の体感レスポンス
ドンキのNANOTEを使い始めて1週間ほど経過しましたので、ベンチマークと体感レスポンスについて記載します。税別 19,800円と安価なこともあり、CPUにはAtom Z8350と必要最低限。このため、Webサイト閲覧などのライトユ...

 

▼112 x 36 x 12mmの小さなボディに USB ポートを2つ備えています。私としては、小さな冷却ファンでのファン音が気になります。ただし、ファンレスでは発熱によるレスポンスの悪化も想定され、ファン装備の仕様は納得です。

 

▼同スペックで7インチ液晶とキーボードを装備する「ドンキ NANOTE 初代」と同価格帯のため、割高感もあります。

対抗となる超小型ミニPC

コンパクトサイズとの観点で対抗となる製品は、以下の記事で紹介の超小型ミニPC。CPUは Celeron (Jasper Lake) N5105となり、Atom Z8350とは比較にならないほどにサクサクと動作し、インテル 第5世代 モバイル向け Core i5 相当の実力です。

Fire TV Stickほどのコンパクトさを求めるなら、Stick PCも選択肢の一つですが、通常のミニPCよりも小さなPCとしては 在宅勤務でも使用可能な以下の製品がおすすめです。

Jasper Lake N5105搭載、メモリ 16GB ベアボーンも選択できる iPhone 13 Pro Maxとほぼ同サイズのミニPCが販売中
iPhone 13 Pro Maxに近いサイズのミニPCが AliExpressとAmazonにて販売されています。CPUにJasper Lake N5105を搭載する製品ですが、AliExpressでは メモリ 16GBも選択でき...
GMKTEC NucBox 5、Jasper Lake N5105搭載の極小ミニPCのスペック、PCIe SSDに換装も可能
複数のミニPCを展開するGMKTECから、Jasper Lake N5105を搭載し、 7.2 x 7.2 x 4.5 cmの極小サイズの「NucBox 5」が販売されています。3月5日時点では、AmazonとBangoodにて販売...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました