SanDisk 超小型 USBメモリを購入、CloudReadyやHackintoshのUSBブート 常時使用でも、ノートPCの見た目を損なわず

HackintoshによるmacOSや、CloudReadyによる Chrome OSをUSBブートする場合、特にノートパソコンでその頻度が高い、あるいは常時使用する際に、通常のUSBメモリのサイズでは見た目がよくないうえに、邪魔になります。そこで購入したのが SanDiskの超小型のUSBメモリ。無線マウスのドングルと同じサイズ感で、ノートパソコンの見た目を犠牲にすることなく、持ち運ぶ際にも便利です。

スポンサーリンク

購入したSanDiskの超小型 USBメモリ

購入したのは以下のSanDiskの製品。私はこちらの楽天市場より購入しましたが、32GBの場合には約700円です。USB 2.0での接続となりますが、USB ブートでの利用としては十分。

USB 3.1接続でデザインのよい 2つめの製品も魅力ですが、おそらくは樹脂製の取付部分に不安があったため、上の製品に決定です。

外観とベンチマーク

外観とベンチマークについて、簡易的にレビューします。

 

▼購入したのは海外リテール版ですが、真っ赤なパッケージで梱包されています。

 

▼一般的なサイズのUSBメモリとの比較では、USBメモリには見えないほどの超小型。出っ張りの黒い部分の実測は約5mm。マウスのUSBドングルと同じサイズ感です。

 

▼無理やりの拡大写真のためにボケていますが、特に裏から見た場合には、USBメモリには見えないほどに小さなもの。

 

▼ThinkPad X280への取付、通常のUSBメモリとの比較。このサイズであれば、装着したまま持ち運んでも、ぶつけて壊してしまうようなリスクもありません。

 

私の利用目的は、ThinkPad X280に Hackintoshにより maxcOS Catalinaを導入したのですが、SSDからはブートできず、USBのインストールディスクから OS選択画面(Clover)を呼び出す必要があります。このため、常時接続用として、今回の超小型 USBメモリを購入です。

ThinkPad X280でHackintosh、macOS Catalinaを導入。課題はあるも概ね安定動作
ThinkPad X280のM.2 2242サイズのポートに片面実装のNVMe SSDを増設しましたが、そのSSDはCHUWI MiniBook用に、HackintoshによるmacOS Catalinaを導入していたものです。これ...

 

▼CrytalDiskMark v8でのベンチマーク。USB 2.0のため、スコアは控えめですが、超小型であることに約700円の価格を考慮すると十分です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました