AMD Ryzen 7 4800H搭載のミニPCの概要、MINISFORUM X400との簡易比較。649.99ドルのセール情報

AliExpressにて、8コア 16スレッドのAMD Ryzen 7 4800Hを搭載するミニPCが、多くのミニPCを展開する「EGLOBAL」と、「S SKYEE」なるブランドからも販売されています。ハイエンドのAMD Ryzenを搭載するミニPCとしては「MINISFORUM X400」がありますが、簡単な比較も記載しつつ、当ミニPCのスペックなどを確認してみました。

T-BAOから「TBOOK MN48H」としてリリースされています。Banggoodでは、クーポン利用により 649.99ドルでクーポンセール中(7月31日まで)。5月半ばの価格よりも 50ドルほど安く販売しています。詳細は文末を参照。
スポンサーリンク

スペック情報

サイズは 198 x 198 x 48mmと、縦横は通常のミニPCよりも一回り大きなサイズとなりますが、上の写真(AliExpressの製品情報より)を見たところ、ヒートシンクとCPUが小さなことが気がかりです。おそらくは金属製のボディであり、ボディも含めて冷却対応を行っていると思われますが。

CPUAMD Ryzen 7 4800H、8コア 16スレッド、最大 4.2GHz
GPURadeon Graphics 7
メモリ8GB or 16GB
ストレージ128GB / 256GB / 512GB PCIe SSD、2.5インチ SATA SSDを増設可能
WiFiWIFI6をサポート
Bluetooth5.0
ポート類USB 3.0 x 2、USB 2.0 x 4、USB Type-C(映像出力可能)、HDMI、DisplayPort、有線LAN
サイズ198 x 198 x 48mm
OSWindows 10 (Home or Proは販売元により異なる)

 

MINISFORUM X400、デスクトップ向け Ryzen 7 PRO 4750G / Ryzen 5 PRO 4650G搭載のミニPCが正式販売に。5,000円オフのクーポン情報もあり
AMD Ryzen 7 PRO 4750G / Ryzen 5 PRO 4650G / Ryzen 3 PRO 4350Gを搭載するミニPC「MINISFORUM X400」が、公式サイトにて正式に販売されています。先行して、日本の...

ハイエンドなRyzenを搭載するミニPCとしては、上の記事で紹介の「MINISFORUM X400」があります。X400は、Ryzen 7 PRO 4750G / Ryzen 5 PRO 4650Gに、大きなCPUファンとヒートシンクを搭載する製品ですが、冷却対応・作り込みとしては X400が優れているように思います。

 

▲上の画像は、Geekbench 5 CPUベンチマークにおいて、Ryzen 7 4800H / Ryzen 7 PRO 4750G / Ryzen 5 PRO 4650Gを比較したものですが、Single Core / Multi Coreともに、Ryzen 7 PRO 4750Gは Ryzen 7 4800Hを大きく上回っています。

体感レスポンスに直結する Single Coreのスコアは 1090ですが、所有するミニPCとの比較では、以下で実機レビューの Core i3-1005G1を搭載する製品よりも やや低くなっています。

MINISFORUM X35G 実機レビュー、Core i3-1005G1に高品質ボディと静音性で人気となる予感。Amazonでも販売に
Amazonでも販売している「MINISFORUM」のミニPC。ミニPC専門ブランドとして、エントリークラスからハイエンドまで多くのランナップがありますが、Indiegogoサイトにて 10月14日からクラウドファンディングを開始の製品...
CHUWI CoreBox Pro 実機レビュー、Core i3-1005G1 / PCIe SSDで快速レスポンス、想定外の静音仕様。約39千円のクーポン情報あり
多くのミニPCやノートPCをラインナップに揃えるCHUWIですが、ミニPCの上位となるのが「CoreBox」シリーズ。うち、ハイエンドとなるのが インテル 第10世代のCPU Core i3-1005G1を搭載する「CoreBox ...

外観

198 x 198 x 48mmと、縦横は通常のミニPCよりも 50〜60mmほど大柄である一方、厚みは48mmと薄くなっています。縦横のサイズは以下のMac miniと1mm違い、角の丸みも似ていることから、Mac miniを意識しているようです。

▲当ミニPCを紹介しておいて何ですが、本製品とMac miniはほぼ同価格。Windowsにこだわりがなければ、レスポンス面から Mac miniがおすすめ。また、以下の記事のとおり 仮想環境で Windows 10 ARM版も動作します。

M1 MacBook Air、Parallels Desktopによる Windows 10の導入方法と使用感。メモリ 8GBでも快適動作
Macの仮想環境で Windowsを実行できる「Parallels Desktop 16.5 for Mac」がリリースとなり、待望のM1 Macにも対応しました。早速、M1 Macに対応する Windows 10 ARM64 In...

 

▼右下に記載がありますが、本体の薄さから、SATAポートが2つあるものの、搭載できる 2.5インチのSATA SSD / HDDは1基のみ。

 

▼映像出力は、HDMI / DisplayPort / USB Type-Cの3系統。WiFIアンテナが2本あることに、古さを感じます。USBポートは前面に2つあり、使い勝手は良好。

 

▼通風用のスリットは両サイドに備わっていますが、上述のとおり 小さなCPUファンとヒートシンクであり、冷却対応、CPUファンの音量が気がかりです。

 

▼こちらは引用した「MINISFORUM X400」に実機写真。右下の画像で大きなCPUファンを確認できます。

MINISFORUM X400、デスクトップ向け Ryzen 7 PRO 4750G / Ryzen 5 PRO 4650G搭載のミニPCが正式販売に。5,000円オフのクーポン情報もあり
AMD Ryzen 7 PRO 4750G / Ryzen 5 PRO 4650G / Ryzen 3 PRO 4350Gを搭載するミニPC「MINISFORUM X400」が、公式サイトにて正式に販売されています。先行して、日本の...

まとめ

Mac miniのデザインに近く、AMD Ryzen 7 4880Hを搭載する本製品。 Ryzen 7 PRO 4750G / Ryzen 5 PRO 4650Gを搭載する「MINISFORUM X400」を引用しつつ、概要を記載しましたが、X400のレスポンスとボディの作りがより優れていることから、ハイエンドなミニPCをお探しなら、筆頭候補となるのが「MINISFORUM X400」、デザイン重視なら本製品もわるくはないとの判断です。

 

Banggoodで販売の同型機「T-BAO TBOOKMN48H」。クーポン「BGJPMN90」の利用により 699.99ドルで販売中(10個限定、5月30日まで)

T-BAO TBOOKMN48H

 

▼こちらは引用した「MINISFORUM X400」のAmazonでの販売情報。6コア 12スレッドの Ryzen 5 PRO 4650G版です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました