私が使用中のロジクール製 おすすめマウス、使ってみたいマウス

気がつけば、かなりの数のマウスが転がっている我が家。端末にあわせて、あるいは、より使い勝手がよく、静音性に優れたものを求めて購入したものですが、パソコン使用中にどのマウスを使っていたのか混乱することも。

本日はこれらのマウス、あるいはネットで見つけたマウスのうち、私の好きなロジクールのマウスを中心に紹介します。

 

私が使用しているマウス

▲ロジクール ワイヤレスマウス M171

とにかく安いワイヤレスマウスを求めて、量販店で1,000円ほどで購入したのがM171。

安いこともあり、指のあたる部分も含め、全面がプラスチック素材ですが、この価格で普通に使えるのは素晴らしい。家族メインで使用していますが、基本機能に不具合もなく、基本的な動作のみを求める方には十分なものです。

なお、クリック音は大きくも静かでもなく、普通のクリック音であり、以下で紹介のM557と比較すると控えめな音です。

 

▲ロジクール Bluetooth マウス M557

USBポートが一つしかないASUS T90Chi用に使用していた、エレコムの某Bluetooth マウスが安定せず、安定していると評価の高いM557を購入。

結果、エレコムのマウスで見られた挙動不審な動きや接続切れが全くと言い切れるほどなく、安定度は抜群です。

ただし、クリック音はかなり大きく、クリック音が気になる方の常用は難しいかと思います。私はそのクリック音の大きさから、会社の昼休みの時間限定で利用中。また、単三乾電池二本での稼働となり、やや重め。

 

ロジクール M557、安定感抜群のBluetoothマウスのレビュー
今回、Amazonなどのレビューでも高評価のBluetooth マウス、ロジクール M557を購入しましたので、その使い勝手などをレビューします。これで、自宅で利用あるいは携帯用のマウスはこれで5個。使用感など、他のマウスと比較しつ...

▼こちらのASUS T90Chiとあわせ使用しています。

T90Chi、サイズ感絶妙で手放せないWin 10端末。1年使用後の総括レビュー
2017年5月に、遅ればせながらヒンジを加工しディスプレイ角度をより拡げて以降、電車内、自宅でますます使用する頻度が増えた ASUS T90Chi。今となっては、ASUS T90Chiのレビュー記事のニーズもないでしょうけど、T90...

 

上記のM557のクリック音がかなり大きいため常用するにいたらず、静音性求めて発売直後に購入したのがM590。

Bluetooth マウスで安定性・静音性の双方を求めると選択肢は少なくなりますが、レビューも出揃っていないなか、ロジクールのBluetoothの安定性に期待しました。

結果、静音性はもちろんのこと、Bluetoothも安定しており購入して正解。現在はメインのマウスとして使用しています。

さらに、Bluetoothと無線の双方で使用でき、ワンタッチでBluetooth接続・無線接続のPCと使い分けることができます。

なお、同じLAN環境下ではロジクールFlowに対応し、異なるPC間でシームレスにポインタを移動・コピペも可能です。

一方、ボディの艶もなく質感に欠けるところもあり、また、三千円台半ばとマウスとしては安くはないのですが、イチオシのマウスです。

 

ロジクール M590 レビュー、静音かつBluetoothの安定度もメリット絶大
サイレントなうえに、PC間でコピペができる、ロジクールのマウス M590。M557を購入した直後であり、また、マウスとしてはやや高価なために購入すべきか迷ったものの、ロジクール製マウスのBluetooth接続の安定度とサイレントとの...
ロジクール M590、かなり使えるマルチデバイス機能、2台のPCを瞬時に切替
2017年7月の月初より使用しているロジクールのマウス M590。先のレビュー記事にて「その真骨頂はロジクールFlowにあり」とお伝えした一方で、この2ヵ月間 最も頻繁に使用する機能がマルチデバイス。M590のボタン一つで、2台のP...
ロジクール M590,M585のFlowの設定方法、想像以上に軽快なFlowのレビュー
先日の記事にて、「ロジクールのM590は、静音なこととBluetoothの安定度のみでも買い」とお伝えしましたが、やはり、その真骨頂はロジクールFlowにありました。異なるPC間でコピペ可能との触れ込みですが、これが想像以上にスムー...

 

▲右上のマウスは、エレコムのM-XG1。指とのフィット感・ホイールの転がし感はよいのですが、PCによってはBluetoothの接続・ポインターの挙動が安定せず、紹介から外しています。

 

ロジクールのM557 / M590を購入する以前に、量販店でワゴンセールしていたところを衝動買いした、Buffaloのワイヤレスマウス。

静音マウスですが、M590よりも僅かながらに鈍い音が大きい程度。カチカチ音は聞こえません。シンプルな静音マウスをお探しなら候補になるでしょう。ややチープ感もありますが、基本動作は全く問題ありません。

 

 

マウスではないのですが、自宅・職場で活躍しているのが エレコムのUSB切替機であるKM-A22BBK。有線のUSB機器以外にも、写真のとおりワイヤレス・Bluetooth機器にも使え、自宅では、デスクトップパソコン・Fire TV Stick・TV Boxにて、一組のマウス・キーボードを切り替えて利用することが多いです。

 

USB切替器 ELECOM KM-A22BBKレビュー、無線、Bluetooth機器も即認識
この1ヵ月間、2台のパソコンで一組のキーボード・マウスを使用するためのUSB切替機を、どの機種にすべきか小さな悩みを抱えていました。USB切替機は職場でのニーズに応えるべく、また、使い勝手がよければ自宅のPC・Stick PC用にも...

 

ロジクールの使ってみたいマウス

マウスが複数あり、USB切替機も使用しているために、しばらくはマウスを購入することはないと思いますが、いつかは使ってみたいマウスです。

ロジクールMX ERGO  MXTB1s。1万円越のマウスとなると私には無理。というか、もう少し出費すると中国製のPCかスマホを購入できる、とためらってしまいます。

私は週末にもなると、かなりの時間をブログの記事編集に費やしているのですが、マウス・キーボードの長時間利用による肩のコリ、手首の疲れも相当のもの。

小さな作業スペースでも扱えるトラックボールに加え「傾斜角を20°に調節可能、通常のマウスに比べ筋緊張を20%軽減」とあれば、疲れも軽減し作業もはかどりそうです。

無線・Bluetoothの双方に対応していることも魅力的。以前にも増して物欲が高まってきました。


こちらはお値段控えめのM570T。私は小さいなコタツの上で、しかも2台のPCを利用してマウス操作することが多いのですが、このトラックボール付のマウスなら狭いスペースでも、膝の上でも使えるのが、ストレスも軽減されよさそうです。繰り返しますが、価格も控えめですし。

Amazonのレビューコメントは1,200件もあり、使い勝手の確認もでき、困った時にも参考になります。今度、量販店でじっくり触ってみます。

 

まとめ

自宅に転がっているマウスのうち、ロジクール製をメインとした、現在も利用しているマウス、今後使ってみたいマウスの紹介でした。

やはり、私のおすすめは現在 メインで利用しているM590。静音マウスをお探しで、ワイヤレスでもBluetoothでも使用したい方には筆頭候補となるでしょう。

 

コメント