realeme 8 vs Redmi Note 10S、Helio G95・AMOLEDパネル搭載スマホのスペック比較

先日紹介のXiaomi Redmi Note 10Sの対抗機種として筆頭候補となるのが「realme 8」。Note 10Sと同様に、CPUにHelio G95を搭載し、6.4インチのディスプレイはAMOLEDパネル、リアカメラの構成も同じです。Note 10Sにない特徴としては、インスクリーンの指紋認証を装備しています。

CPUにSnapdragon 720G、108百万画素のリアカメラを搭載する上位機の「realme 8 Pro」、「Redmi Note 10S」とのスペック比較とあわせて、「realme 8」の概要を記載します。

関連記事

Helio G95、AMOLEDパネル搭載の「Redmi Note 10S」のスペックと価格情報

スポンサーリンク

realme 8のスペックと特徴

realme 8と同じく、CPUにHelio G95を搭載する「Xiaomi Redmi Note 10S」、上位機の「realme 8 Pro」とのスペックを比較してみました。

realme 8とRedmi Note 10Sとの比較では、リアカメラの構成も同じ、バッテリー容量も同じです。フロントカメラの画素数や、急速充電に相違もありますが、大きな相違は指紋認証。

Redmi Note 10Sのサイドの指紋認証に対して、realme 8はインスクリーンの指紋認証。私のサイドの指紋認証の使用感では、背面の指紋認証と比較しても 指の移動が大きくなり、インスクリーンがより便利。

スマホの指紋認証は、背面とサイドはどちらが効率的か。6.5インチスマホでの比較
Android スマホにおいては、背面の指紋認証よりも、サイドの電源ボタン兼用の指紋認証が利便性の高いものと認識でした。ところが、指紋認証がサイドにあるスマホを購入し、実際に双方の使い勝手を比べてみると、私の場合には背面の指紋認証が...

 

指紋認証以外には大きな相違がなく、両者で迷っている場合には、デザインの好みと価格しだいでしょうか。ちなみに、実機を確認しないとわかりませんが、私のRedmi Note 8 Proとrealme 7 5Gに限定した範囲では、写真の画質(色合いなどの絵作り)に相違があるかもしれません(やや暗めのNote 8 Proに対して、realme 7 5Gは緑が強い)。

 

▼「Helio G95」のAnTuTu ベンチマーク v8のスコアは30万弱。realme 8 Proに搭載のSnapdragon 720Gも同水準のスコアです。realme 8と8 Proの価格差は約40ドルですが、大きくはリアカメラの画素数によるもの。

 

▼インスクリーンの指紋認証を搭載することはメリットの一つ。

 

▼6.4インチのディスプレイは AMOLED (有機EL)パネル。左上にパンチホールがありますが、画面占有率は90.8%と高い。

 

▼30Wの急速充電により、65分でフル充電が可能です。Redmi Note 10Sは「30分で54%の充電が可能」とあり、誤差の範囲で同じです。

 

▼こちらは realme 8 Proのカメラの機能ですが、面白いのが「Tilt-shift Mode」。私はミニカーを撮影したものと勘違いしていたのですが、車や人物・ビルなどがミニチュアのように撮影できるモードを備えています。

realme 8 / 8 Proの価格

以下の価格情報はAliExpressのものですが、AliExpressではロシア版も併売しているために注意が必要です(以下のリンク先はグローバル版)。realme 8 / 8 Proの価格差は約40ドルですが、CPUのベンチマークスコアとレスポンスに差はないため、大きな相違はリアカメラの画素数。64百万画素のrealme 8に対して、realme 8 Proは108百万画素。通常の場合には「realme 8がおすすめ」となるのですが、realme 8 Proのミニチュア的に撮影する機能「Tilt-shift Mode」にも惹かれます。

 

▼5月15日時点のAliExpressでの価格情報

realme 8

realme 8 Pro

コメント

タイトルとURLをコピーしました