3.6インチのRakuten Mini、スナドラ 439搭載ミニスマホのスペック、海外スマホとのコスパ比較

楽天モバイルから、各店舗で1月23日から先行販売となった、3.6インチのミニスマホ「Rakuten Mini」。3.6インチにして、CPUはSnapdragon 439、メモリ 3GB、ストレージ 32GB、Android 9搭載と、なかなかのスペックです。今回はこの「Rakuten Mini」のスペックと、中国製の同CPUを搭載するスマホ、および3.4インチの格安スマホと比較した場合のコスパ度を記載します。

関連リンク

楽天モバイル
Rakuten Mini 先行販売(公式サイトニュース)

スポンサーリンク

Rakuten Miniのスペック

このサイズで国内販売されていたスマホとしては、古くは現在 私の手元にある 3.5インチのiPhone 4 / 4S、HTC Ariaなどがあります。これらのスマホと比較すると縦横のアスペクト比が異なるため、Rakuten Miniはより小さく感じるはず。このRakuten Miniのスペックは以下となっています。

 

引用元 : Rakuten Mini 製品情報(楽天モバイル公式)

CPUSnapdragon 439 / オクタコア 2GHz + 1.45GHz
メモリ3GB
ストレージ32GB
ディスプレイ3.6インチ、解像度 1280 × 720 (HD)
リアカメラ約1,600万画素、4倍デジタルズーム、f/2、手振れ補正なし
フロントカメラ約500万画素、4倍デジタルズーム、f/2.2、手振れ補正なし
WiFi11a/b/g/n/ac
Bluetooth5.0
SIMeSIM
LTE対応バンドBand 1 (2.1GHz) / Band 3 (1.8GHz) / Band 18 (800MHz) / Band 19 (800MHz) / Band 26 (800MHz) / Band 28 (700MHz APT) /
バッテリー約1,250mAh、USB Type-C (2.0)
サイズ約106.2 x 約53.4 x 約8.6 (mm)、約79g
OSAndroid 9 Pie
その他防滴 / 防塵 IPX2 / IP5X、顔認証(指紋認証なし)、

 

3.6インチの小さなボディに、メモリ 3GB、ストレージ 32GB、リアカメラ 16百万画素は立派。一方、やや気になるのは指紋認証がなく、顔認証のみであること。顔認証のみとしていることをみると、iPhoneやHuaweiなどと同様に、認証は確実で特に問題はないとは思いますが(あくまで主観的なコメントです)。

なお、ディスプレイの解像度はHDの1280 × 720ですが、3.6インチの小さなサイズですので、粗さが目立つこともなく十分でしょう。

Snapdragon 439のAnTuTu スコアは8万前後

Rakuten Miniに搭載されるSnapdragon 439は、以下の記事によると、AnTuTu ベンチマーク v7のスコアは8万前後。

Qualcomm Snapdragon 439のAnTuTuベンチマークスコアが判明。Snapdragon 625レベルの性能に

 

AnTuTu ベンチマーク v7のスコアが8万前後のスマホとして、手元にあるUMIDIGI A5 Proの使用感では、さすがにスコアが倍以上の機種と比較すると、アプリの起動などでモタツキも感じますが、普段使いとしては過度の遅さを感じることなく普通に使えるレスポンス。

普通に使える100ドルスマホ、UMIDIGI A5 Pro 1ヵ月の使用感。A3 Pro実機との比較も
UMIDIGIのエントリースマホであるA5 Proを使用し1ヶ月経過しましたので、あらためてその使用感を記載します。全般的には、もう一つのエントリー機であるA3 Proと比較すると、雲泥の差でサクサクと動作し、レスポンス、指紋認証ともに...

Rakuten Miniのコスパ度

2020年1月25日現在、楽天モバイル店舗で先行販売となるRakuten Miniの価格は、一括払いの場合は21,800円(税込)。国内端末であることに、3.6インチの希少性を考慮すると十分に安いのですが、同CPUを搭載する海外製品と比べるといかがなものか。参考までに比較してみました。

 

▼Snapdragon 439、メモリ 2GB、ストレージ 32GB搭載のXiaomi Redmi 8A グローバル版の、Banggoodでの販売事例。メモリは3GBのRakuten Miniに劣りますが、約11,000で販売しています。

Xiaomi Redmi 8A グローバル版

 

▼一方、こちらはAliExpressで販売の3.4インチスマホ。スペックとしては 4コアCPUに、メモリ 2GB、ストレージ 32GB、解像度 800 x 340、Google Play対応、Android 8.1搭載で約1万円。LTD対応バンドなどを未確認のため、参照するのみの取り扱いです。

Melrose 2019

 

国内正規販売品のRakuten Miniと、海外版の中国製端末と比較することに無理があるのですが、Xiaomi Redmi 8Aとの比較では、Rakuten Miniはやや割高感があるように思います。ただし、楽天モバイルが販売していることの安心感を考慮すると、それほどの安さは感じないものの妥当な価格との認識です。

関連リンク

楽天モバイル
Rakuten Mini 先行販売(公式サイトニュース)

コメント

Banggood、6月特売セール

Banggoodでは、6/10まで特売セール、6/1までスマホなどのセールを開催中。以下の記事のクーポン価格がより安いケースもあり、あわせて参照ください。
Ryzen 5 2500U搭載のT-Bao MN25、Core i7 8750HのS200など、Banggoodの最新クーポン情報(5/25更新)


▲▼セール会場はこちら
6月特売総合会場
スマホ、デジギア会場
タイトルとURLをコピーしました