GPD Win 2、海外レビュー動画にみる特徴。スペック以外にも魅力満載

2018年5月に出荷予定となっている、ポータブルWindowsゲーム機の「GPD Win」の後継となる「GPD Win 2」。海外のレビュー動画(GPDの動画でしょうか?)やIndiegogoサイトをみると、ゲームをしない私にとってもかなり魅力的な端末。

基本スペックの高さはもとより、内部の構成の動画や画像をみるとその造り込みの良さから、是非とも弄ってみたくなってきます。

今回はこの「GPD Win 2」について、ポータブルWindowsゲーム機以外の要素も含め、私が感じている魅力を記載します。

 

スポンサーリンク

GPD Win 2の特徴

icon
icon
※以降も含め、画像はGeekbuyingへのリンクです。2018年1月31日時点でのGeekbuyingの価格はUSD649.99(期間限定)となっています。2018年8月21日時点のセール価格は699.99ドル(79,216円)となっています。

GPD Win 2 (Geekbuying)

 

Indiegogoサイト(リンク切れ)に記載のGPD Win 2の特徴(What is GPD Win 2)のうち、ゲーム機としての特徴以外で、私がGPD Win 2の魅力を感じる事項・仕様は以下です。一部の特徴は、原文を意訳しています。

 

  1. 洗練された外観デザインは、ドイツのレッドドット賞(注)受賞チームと共同で開発
  2. シャープ製LCD 6インチパネルを搭載
  3. Kaby Lake Core m3-7Y30プロセッサを搭載
  4. 128GB M.2 SSD(サイズは2242)を標準装備
  5. メモリは8GBを搭載
  6. 温度制御機能のある、2000〜10000rpmの可変式ファンを装備
  7. アルプス電気製3Dジョイスティックを採用
  8. 底面には、M.2 SSDカードを簡単に交換できるようにカバー付きスロットを搭載
  9. 排気口は背面に。これは排気口が側面にあったGPD Winへのユーザーの意見(手で持った際に妨げになる)を反映してのこと
  10. 2×4900mAhの大容量かつ高密度のポリマーリチウムバッテリーを使用

 

(注)レッドドット賞とは、ドイツ・エッセンのDesign Zentrum Nordrhein Westfalen(ノルトライン=ヴェストファーレンデザインセンター)が主催する国際的なプロダクトデザイン賞(ウィキペディアより)とのこと。

 

Indiegogoサイト(リンク切れ)には開発に携わった方々の写真が掲載されていますが、デザイン・エンジニア・マーケティングと実に多くの方が関与しており、デザインからマーケティングにいたるまで、GPD Win 2に対する意気込みが感じとれます。

 

▲GPD Win 2のスペックを、GPD Win 1、GPD Pocketと比較。スペック表のみでは、GPD Win 1から単に正常進化のように思いますが、上記の1~10の特徴を含め、以下の動画を参照すると、ユーザーを虜にするような工夫が随所にあります。

 

この動画から、私が感じた魅力は以下となります。

  • ゲームのベンチマーク結果は、対GPD Win 1比較では最大3倍程度も高速。動画をみると、GPD Win 1よりもかなり速いことが明確にわかります。
  • 赤外線温度計にて対GPD Win 1との温度の比較を行っていますが、GPD Win 2よりも温度は低く、GPD Win 2の冷却ファンがしっかりと機能しています。この冷却ファンは、2000〜10000rpmの可変式となっており、10000rpmとはかなりの高回転です。私のMacBook Airは最大6000rpmですが、6000rpmで回転時にはかなり激しい音量となっています。動画では確認できなかったのですが、GPD Win 2のファンの音量が気になります。
  • M.2 SSD(サイズは2242)の交換は、カバー付きスロットを開けることにより簡単。ネジ2本で交換可能。GPD Win 2のサイズから、小さな2242サイズで仕方がないのですが、大容量のものに交換する場合には、2242サイズのM.2 SSDは選択肢が多くないのがネックか。
  • 裏蓋を外し内部の構成を確認していますが、バッテリーは取り外ししやすい位置に2段重ね(同サイズを2個)となっており、動画では簡単に外しています。動画ではバッテリーを交換可能としていますが、バッテリーの単体販売があり、ユーザーで交換可能ならよいのですが(Win 1のバッテリー単体販売は確認できず)。
  • 下の画像の天板の黒い部分はABS製ですが、これを金属製に交換可能。簡単に取り外しでき、内部にスペースがあります。動画では、このスペースを利用してパーツの増設可能としています。もし、この天板のスペースを利用したパーツ増設が可能となれば、私にとってはその魅力がさらに増します。

icon
icon

ゲーム機以外としての魅力


GPD Win 2の特徴をみてきましたが、ゲームを行わない私が感じる魅力は以下です。

 

  • 後述のとおり高価な端末ですが、CPUはCore m3-Y30、メモリ 8GB、ストレージはM.2 SSDと、この類の端末ではこの上ない高スペック
  • SSDを換装可能、ポート類は有線LAN以外は備えており拡張性も十分
  • 交換用のバッテリーさえ確保できれば、自分でバッテリー交換が可能。動画での言及どおりに、天板の空きスペースを活かしてボードの増設可能である場合には、遊び心も満載
  • 一部を除き、ボディは金属製であり、質感も期待できる

 

私が購入した場合には、外部ディスプレイに接続しての使用が多くなりそうですが、これほどの機能・妥協しないパーツ群を使用したGPD Win 2であり、Geekbuyingのセール価格でもUSD 649.99と高価なようにも思えます。

価格について、GPD Win 2と同じく、CPUにCore m3-Y30、SSDを搭載したノートPCをGeekbuyingで探してみると、以下があります。

いづれも、以前に私が購入候補としていた端末(結局、より安価なJumper EZBook 3 Proを購入)ですが、Xiaomi Mi Notebook Air 12.5(USD 599.99) / Cube Thinker (USD 639.99)が事例として該当します。

同じWindows 10端末であるものの、カテゴリー・ディスプレイサイズ・メモリ・ストレージ容量が異なるために単純比較はできないのですが、価格差が大きくないことから、Core m3-Y30搭載機としては、GPD Win 2の価格は妥当と言えるでしょう。小さなボディにパーツを詰め込むと価格が高くなってしまうため、むしろ、安く感じるかも。

 

Xiaomi Mi Notebook Air 12.5
icon

CUBE Thinker 13.5
icon

まとめ

正直なところ、GPD Win 1には興味がなかった私ですが、先日 GPD Pocketを操作して以降、その造り込みのよさに魅せられた私。他の新興メーカーとは一線を画したGPDに注目すると同時に、このGPD Win 2の基本スペックの高さと弄り甲斐のある要素満載のボディ・機能に物欲が湧いてきました。

 

▼出荷は2018年5月となるはずですが、Geekbuyingでは早くも期間限定のセールとなっています。

GPD Win 2 (Geekbuying)
icon

関連するかもしれない記事

GPD Pocket 実機の外観レビュー、質感の高さ・ディスプレイの鮮やかさは特筆もの

GPD Pocketのベンチマーク結果、Atom Z8350,Celeron N3450との比較も

GPD Pocket 1週間使用後の総括レビュー。高品質なボディにサクサクなレスポンス、つい弄りたくなるUMPC

Win 10 製品情報
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
コスパの高いノートPC
Chuwi LapBook SE

・13.3インチ IPSパネル、Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・通常のセール価格は279.99ドル
・アルミを主体としたボディにシックな色調で質感高い
・13.3インチとしては大きめのキーボードのタイピング感が快適

Jumper EZBook 3 Pro

・13.3インチ Apollo Lake N3450、メモリ 4GB搭載で2万円台。私のメインPCとして活躍中
・ストレージは64GB eMMCですが、SSDに換装可能
・2017年度のファンレスPCでは定番の製品であり、国内外ともに評価は高くユーザーも多いです
・価格はセールにより流動的ですが、セール中には210ドル前後になることも

Jumper EZBook X4 IPSパネル版

・EZBook 3 Proの後継となるEZBook X4。注目度も抜群
・14インチ Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・TNパネル版も併売していますが、おすすめはもちろんIPSパネル版
・IPSパネル版の価格は279.99ドルが基準に(セールにより変動あり)
・詳細ページに実機レビューあり

Win And I net

コメント