T-bao Tbook X8S、15.6型IPS Celeron N3450搭載機が219.99ドル

Geekbuing、GearBestなどの通販サイトを巡回していると、スマホにパソコンにと欲しい製品が多々あるのですが、最近 目に留まったのがT-bao Tbook X8S。

15.6インチ、Celeron N3450にして 2017年12月31日現在のGeekbuyingでの販売価格はUSD 219.99。今回はこのT-bao Tbook X8Sの魅力を短文ながらもご紹介。

 

T-bao Tbook X8Sの魅力

GeekbuyingはUSD 219.99と安いのですが、GearBest、Banggoodとの価格差が激しいのが謎。それはさておき、基本スペックの確認です。

  • CPU:Celeron N3450
  • RAM:6GB、ストレージは64GB eMMC
  • ディスプレイ:15.6インチ IPS、解像度:1920 x 1080
  • WIFI:802.11b/g/n、Bluetooth: 4.0
  • USB host:1xUSB2.0、1xUSB3.0、Micro HDMI
  • サイズ:328x220x18mm、重量:1900g

 

Celeron N3450 / RAM 6GB/ ROM 64GBを搭載している点は、中国製PCの主流となるものですが、最大の魅力は15.6インチディスプレイ、しかもIPSであること。

価格は約220ドルと安いだけに、さすがにボディはアルミ製ではなく、プラスチック製となりますが、ディスプレイが大きいために家族共用のリビングPCとしても使えそうです。

論点としては、M.2 SSDスロットの有無です。海外通販サイトには明記がないのですが、スロット搭載との情報もあるようですが確認とれていません。以下の海外レビュー動画のコメントでも「M.2 SSDスロットの有無」の照会がありますが、現在のところレビュー者からの回答はないようです。

この価格帯ではプラスチック製ボディはやむを得ないにしても、M.2 SSDスロットがあれば、その魅力は一層高まります。


▲上の海外動画レビューを参照すると、その質感等を把握できるのですが、私のコメントは以下です。

  • ボディはプラスチック製であることがよくわかります。白色にプラスチック製ボディは国内製品でも多くあることから、決してわるくはないのですが。
  • ベゼルの狭さが際立ち、黒のベゼル色と相まって引き締まってみえます。
  • 同じ方の別のレビュー動画にて、Windowsの基本動作や動画視聴を行っていますが、キビキビしたレスポンス。
  • ディスプレイは15.6インチなだけあり、私の13.3インチと比較すると広大です。角度を変えての表示がないため、IPSパネルとあるものの、どれほどの視野角か確認できず。
  • 天板のT-Baoのロゴが気になるのですが(かっこよくない)、保護フィルムを剥す際に、部分的に剥がれた映像があり、簡単に剥がせそうです。

 

全般的には、これでM.2 SSDスロットがあれば、魅力倍増と言ったところでしょうか。15.6インチ・Celeron N3450搭載機でこの価格帯の競合機種はないために、15.6インチクラスを求める場合には候補となるでしょう。

 

▼Geekbuingの販売サイト

T-bao Tbook X8S

 

コメント