POCO M4 Pro 5G、Dimensity 810を搭載し M3 Pro 5Gからスペックアップ、急速充電も向上

CPUにDimensity 810を搭載する「POCO M4 Pro 5G」が販売開始となりました。従来版の「POCO M3 Pro 5G」のDimensity 700からスペックアップし、急速充電などの機能も向上しています。

スポンサーリンク

POCO M4 Pro 5Gのスペック

POCO M4 Pro 5Gのスペックは以下となります。メモリ 4GB / ストレージ 64GB、メモリ 6GB / ストレージ 128GBのバージョンがあります。

CPUDimensity 810、8コア
メモリ4GB / 6GB
ストレージ64GB / 128GB UFS 2.2
ディスプレイ6.6インチ、解像度 2400 x 1080、90Hz リフレッシュレート、明るさ 450 nits
リアカメラ50百万画素 + 8百万画素 ワイド
フロントカメラ16百万画素
WiFi11a/b/g/n/ac
Bluetooth5.1
SIMNano SIM x 2
バッテリー5000mAh、33W Fast Charge
サイズ163.56 x 75.78 x 8.75mm、195g
OSMIUI 12.5 for POCO、Android 11 ベース
その他

 

POCO M3 Pro 5G、Dimensity 700搭載の6.5インチスマホ、約19,000円のセール情報
CPUにDimensity 700を搭載し、AnTuTu ベンチマーク v8のスコアが約30万となる「POCO M3 Pro 5G」。このスコアのスマホは珍しくはないのですが、メモリ 4GB / ストレージ 64GBを搭載する最小構...

▲▼上のスペック表は「POCO M3 Pro」に基づき編集しましたが、スペックの向上している事項に黄色網掛けしています。

  • Dimensity 810のAnTuTu ベンチマーク v9のスコアは約38万。M3 Proに搭載のDimensity 700のスコア 約30万よりも高スコアですが、普段使いで相違を体感できるかは微妙なところ。
  • リアのメインカメラは、POCO M3 Proの48百万画素と2百万画素から、50百万画素と8百万画素とスペックアップ。48百万画素のカメラは多くのスマホで搭載されていますが、50百万画素とは珍しい。
  • フロントカメラは M3 Proの8百万画素から16百万画素に倍増。
  • バッテリー容量は M3 Proと同じく 5000mAhですが、急速充電は18Wから33Wへと向上しています。

 

▼6.6インチのディスプレイは AMOLED(有機EL)パネルではありませんが、リフレッシュレート 90Hzに対応し、一般的な60Hzと比較すると、スムーズなスクロールなどを実現します。ただし、鈍感な私の、他製品の事例では、60Hzと90Hzの明確な相違を感じることができないのですが。

 

▼リアカメラはメインの50百万画素に、8百万画素のワイドカメラ。

 

▼デュアルスピーカーを搭載しています。

価格情報

Banggoodの販売情報では、RAM 6GB / ROM 128GB版は、クーポン「BGfacd33」の利用により 249ドル、12月27日まで有効。こちらのRAM 4GB / ROM 64GB版は、クーポン「BGc24c1a」の利用により 229ドル

RAM 6GB / ROM 128GB版

 

▼5Gではなく4Gで十分な場合には、こちらの「POCO X3 Pro」のコスパ度が高く おすすめです。RAM 6GB / ROM 128GB版は、199.99ドルで販売中

POCO X3 Pro

 

▼POCO X3 Proの実機レビュー記事はこちら

POCO X3 Pro 実機レビュー、AnTuTu ベンチスコアは55万越え、ストレージもSSD並みの実力機
200ドル台前半の価格で、Snapdragon 860、ストレージにUFS 3.1、6.67インチのディスプレイは120Hzのリフレットレートに対応と、同価格帯としては高スペックの「Xiaomi POCO X3 Pro」。4月に発売...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました