POCO F3、スナドラ870を搭載し、AnTuTu スコア 約63万で3万円ちょいの驚愕の高コスパ。3/29にセール開始

コスパに優れたスマホを展開する「POCO」ですが、Snapdragon 870、120Hzのリフレッシュレート、6.67インチのAMOLEDパネル、高速なUFS 3.1ストレージを搭載する「POCO F3」が、AliExpressの11周年セールと連動し、3月29日より特別セール価格で販売予定です。

POCOの製品情報では、前世代のSnapdraon 865のAnTuTu ベンチよりも約17% ハイスコア(約63万)な Snapdragon 870ですが、以下の画像のとおりAliExpressのセール価格は最安構成で299ドルと、驚愕のコスパ度です。

 

AliExpress、POCO オフィシャルストアの販売情報より。セール開始は、日本時間の3月29日(月)16時が目途です。

スポンサーリンク

POCO F3のスペック

AnTuTu ベンチが全てではありませんが、上の画像のとおり、Snapdragon 870は865より約17% ハイスコアとあります。Snapdragon 865のスコアを約54万とした場合、単純計算では約63万。他サイト情報のスコアと近似値であり、間違いなさそうです。私は以下の記事でレビューのスコア 約33万の「realme 7 5G」でも十分に快適なのですが、凄まじいスコアです。

realme 7 5G 実機レビュー、AnTuTu スコア 約33万でサクサク動作、画面も明るく高コスパ
CPUにDimensity 800Uを搭載し、AnTuTu ベンチ v8のスコアが実測 約33万となる「realme 7 5G」。使い始めて10日ほど経過しましたので、全般的なレビューを記載します。6.5インチのディスプレイは明るく...

 

さて、POCO F3のスペックは以下となります。

CPUSnapdragon 870、8コア
メモリ6GB / 8GB DDR5
ストレージ128GB / 256GB UFS 3.1
ディスプレイ6.67インチ、解像度 2400 x 1080、AMOLED、120Hz リフレッシュレート
リアカメラ48百万画素 + 8百万画素 + 5百万画素、AI トリプルカメラ
フロントカメラ20百万画素
WiFiWi-FI 6
Bluetooth5.1
SIMNano SIM x 2
バッテリー4520mAh、Quick Charge 4.0対応
サイズ未確認(厚み 7.6mm、196g)
OS(グローバル版、Google Play対応)
その他サイドの指紋認証

 

POCOの製品は従来からカメラに特に重きをおいたものではないため、カメラの画素数としては控えめな、48百万画素をメインとした3カメラです。

最小構成の場合も、メモリ 6GGB / eMMCより高速でSSD並みのUFS 3.1 128GBと、一般的にはこの仕様で十分。この最小構成でもAliExpressのセール価格は299ドルと高コスパ。その他においても、6.67インチのAMOLEDパネルと、私の好みにフィットし、先日 realme 7 5Gの購入したことをやや後悔しています。

 

▼E4 AMOLED ディスプレイとありますが、新世代の素材を採用したことにより、従来よりもバッテリー消費が約15%少ないようです。明るさは最大 1300 nits、コントラストは5,000,000 : 1とあり、ぱっと見では桁を間違えそう。

 

▼バッテリー容量は 4520mAhとそれほど大容量ではありませんが、33WのFast Chargingにより 52分でフル充電が可能とあります。控えめな仕様ではあるものの、この価格帯としては十分。

 

▼POCOの製品は従来から冷却対応にも万全を期していますが、POCO F3も同様です。

POCO F3の外観

上の画像のとおり、AliExpress、POCO オフィシャルストアでは、実機の写真も公開されていますが、イメージ画像よりも厚く、カメラの出っ張りも大きいように感じます。その一方、サイドは大きくカーブしており、6.67インチの大きなサイズながらも、持ちやすさを確保しています。

 

▲▼サイドにある指紋認証。私はサイドの指紋認証は背面よりも便利と想像していたのですが、実際に使用してみると、手と指の移動が一工程増えるため背面がより便利だと思っています。

スマホの指紋認証は、背面とサイドはどちらが効率的か。6.5インチスマホでの比較
Android スマホにおいては、背面の指紋認証よりも、サイドの電源ボタン兼用の指紋認証が利便性の高いものと認識でした。ところが、指紋認証がサイドにあるスマホを購入し、実際に双方の使い勝手を比べてみると、私の場合には背面の指紋認証が...

 

▼ノッチ(パンチホール)は端ではなく中央にあります。イメージ画像のみでは判断できませんが、一般的なスマホよりも小さいように感じます。

▲ホワイト、ブラック、ブルーの3色展開ですが、ブルーの斜めに入ったロゴのスタイルもよい感じ。

まとめ、価格情報

Snapdragon 870にUFS 3.1の高速ストレージの基本スペックの高さに加え、6.67インチの大型ディスプレイのAMOLED パネルも私好み。ハイエンドのSnapdragon 888と比較すると控えめならも、一般的には十分すぎるほどに快速なレスポンスを期待できます。

 

AliExpress、POCO オフィシャルストアでは、複数の価格表示やPOCO F3のキャンペーン情報が記載されていますが、セール開始は日本時間 3月29日 16時が目途。以下の画像によると、クーポン「POCOF3」の利用により、6GB / 128GB版が299ドル、8GB / 256GB版が349ドルとなります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました