11.6型 2.5K液晶 YOGAスタイルのPhilBook Proがリリース。EZBook X1より液晶・質感ともに優位

今後の展開に期待していたXIDU社のノートPCですが、11.6インチ 2.5K 解像度の「PhilBook Pro」が300ドル台前半の価格でリリースとなりました。ディスプレイは360度回転機構付きのYOGAスタイルですが、スペック的にも競合機はJumper EZBook X1とTeclast F5R。価格的にはEZBook X1が優位ですが、全面メタル製の質感とディスプレイでは「PhilBook Pro」が大きくリード。今回はこの「PhilBook Pro」のスペックと特徴について記載します。

関連記事

12.5型 2.5K タッチパネル搭載のWin 10 ノート、期待のXIDU Tour Proのスペックと特徴

スポンサーリンク

PhilBook Proのスペックと特徴

先の記事「12.5型 2.5K タッチパネル搭載のWin 10 ノート、期待のXIDU Tour Proのスペックと特徴」で紹介のXIDU Tour Proとは異なり、PhilBook ProはAmazon USAでかなりの人気のPhilBook (YOGAスタイル 11.6型 Win 10 ノート、米国で人気のXIDU PhilBookのスペックと特徴)をスペックアップし、プラスチック製から全面メタル製に変更したバージョン。

PhilBookはAmazon USAにてASUSの端末以上の人気となっており、XIDU社の主戦場であるUSAとUKで人気沸騰すること間違いなしとみています。

そのスペックは以下となりますが、スペックにおいては、AliExpressXIDU 公式サイトに記載の情報以外に、XIDU社から直接入手した事項も掲載しています。

 

  • CPU : Apollo Lake J3355、2コア、最大 2.0GHz
  • GPU : Intel HD Graphics 500
  • メモリ : 6GB DDR3
  • ストレージ : 128GB SSD
  • ディスプレイ : 11.6インチ、IPS / タッチパネルシャープ製、ノングレア、解像度 2560 x 1440360度回転機構付き
  • WiFi : 11a/b/g/n/ac
  • ポート類 : USB 3.0 x 2、Mini HDMI、カードスロット
  • サイズ : 277.9 x 199.3 x 16.25mm、1.09kg
  • ボディは全面メタル製、キーボードはバックライト付き

 

やはり最大の特徴はディスプレイ。シャープ製が絶対的に優位とは言いませんが、安心のシャープ製に2560 x 1440の解像度、タッチパネルにYOGAスタイルと、11.6インチのYOGAスタイルで競合する Jumper EZBook X1とTeclast F5Rよりも確実に優位です。

CPUはApollo Lake J3350となり、以下の14.1インチ YOGAスタイルのPhilBook Maxと同じもの。

美しいフォルムの14型 Yogaスタイル、質感抜群のXIDU PhilBook Maxが販売開始
上の画像を見てうっとりとするのは私だけではないかと思いますが、中国 深センに本拠をおくXIDU社のPhilBook Maxです。2019年3月に発表の14インチ YogaスタイルのWindows 10 PCとなり、2019年6月4日...

 

▼以下はApollo Lake J3355も含め、Apollo LakeのGeekbench 4のスコアですが、私の「ライトユースにて、遅いと感じることなく動作するか否か」の基準はApollo Lake N3450。Apollo Lake J3355の場合、Single-CoreのスコアはN3450よりも上ですが、Multi-Coreでは大きく差が開いています。

どちらかと言えば、Jumper EZBook X3やPhilPadに搭載されるN3350に近く(型番も近いため、J3355はN3350の派生モデル)、遅いと感じるか否かギリギリのライン。ただし、N3350はASUSやLenovoなどの大手メーカーのエントリーPCでも多く搭載されるため、一般的にはライトユースでは問題ありません。

 

▼こちらはPro版ではないPhilBookの個別記事。Proとなり質感・スペックともに大幅に向上。

YOGAスタイル 11.6型 Win 10 ノート、米国で人気のXIDU PhilBookのスペックと特徴
11.6インチの360度回転機構付きのPCとして、メジャーなところではTeclast F5 / Jumper EZBook X1がありますが、次の勢力としてあげられるのが、先日紹介のiTSOHOOの製品と今回紹介のXIDU Phil...

外観と機能性

続いて、PhilBook Proのディスプレイ以外の特徴となる、質感の高い外観と機能性について確認します。

 

▼ベゼルが狭いことを特に強調していないとおり、ベゼルの太さは並み。

▲SSDの最大搭載容量は510GB(正しくは512GBかも)

 

▼ポート類はUSB 3.0 x 2に、Mini HDMIとカードスロット。競合するJumper EZBook X1とTeclast F5Rは、USB Type-CとMicro USBであるのに対し、USB 3.0が左右両サイドにあることはポイント高いです。また、11.6インチではMicro HDMIとする傾向が高いのですが、Mini HDMIであることも立派。Micro HDMIでは開口部が小さいために、ケーブルを接続すると不安定になります。

▲一方、Keyboard Lockがありますが、タブレットモードにした際のキーボードのロックは手動式であることが悔やまれます。

 

▼YOGAスタイルであり、タブレットモード、動画視聴モード、テントモードにもなります。もちろん、タッチパネルです。

 

▼キーボードはバックライト付き。指紋認証はありませんが、キーボードに変則的な配置・サイズのものはありません。

 

▼キーボード面も含めて全面メタル製のボディは、ヒンジの部分など全般的に造りがしっかりしているように見受けられます。

 

▼こちらもPhilBook Proですが、上記の画像とは異なる配色に見えます。ChuwiのPCと同様に、角度や照明の当たり具合により、色合いは多少変化するように感じます。

 

▲▼こちらは14インチのPhilBook Maxですが、その配色とデザインなど、PhilBook ProはMaxをそのまま小型化したようなイメージです。

美しいフォルムの14型 Yogaスタイル、質感抜群のXIDU PhilBook Maxが販売開始
上の画像を見てうっとりとするのは私だけではないかと思いますが、中国 深センに本拠をおくXIDU社のPhilBook Maxです。2019年3月に発表の14インチ YogaスタイルのWindows 10 PCとなり、2019年6月4日...

 

▼競合するJumper EZBook X1、Teclast F5Rの個別記事はこちら

EZBook X1 Apollo Lake版、Gemini Lake版との比較、クーポン価格情報
当サイトをご覧になっている方には、もはや説明不要のJumper EZBook X1。11.6インチのタッチパネル、360度回転機能のYOGAスタイルのWindows 10 PCですが、いつの間にか、CPUはGemini Lake N...
Teclast F5R、Yogaスタイルの11.6インチノートが正式販売開始。F5の後継として人気製品となるか、スペックと価格情報
2018年のTeclastの人気製品 F5のCPUがGemini Lake N4100からApollo Lake N3450に変更となり、新規リリースされたF5R。プレリリースから正式販売となり、価格も約20ドルほと下がっています。...

まとめ、価格情報

日本での販売・知名度は今後に期待のXIDU社ですが、USAとUKのAmazonではメジャーなXIDUですので、世界的には人気となりそうなPhilBook Pro。11.6インチ 2.5K 解像度で全面メタル製のボディも含め、日本で人気のJumper EZBook X1よりも私個人としては好みの製品です。

肝心な価格ですが、以下のとおり300ドル台半ばとなっており、Jumper EZBook X1やTeclast F5Rよりも高いのですが、2.5K 解像度・全面メタル製であることを考慮すると妥当な価格です。

 

▼AliExpressの価格は349.99ドルとなっていますが、250ドル超で15ドルオフのクーポンが有効となるため、実質 334.99ドル

AliExpress

 

XIDU オンラインストアでの価格表示は409.99ドルとなっていますが、2番目の画像のとおり、XIDUの他の製品でも利用可能は60ドルオフクーポン(クーポンコードは「XIDU60」、8/20まで有効)です。があるために実質 349.99ドルとなります。

 

▼上の60ドルオフクーポンにより、PhilBook MaxやPhilPadも画像の価格より60ドルオフに。

PhilBook Max

 

PhilPad

 

▲▼PhilPadのレビュー記事はこちら

XIDU PhilPad、13.3型2.5K液晶 2in1の実機レビューまとめ。高解像度液晶の品質高くFHDを軽く凌駕
13.3インチのSurface風 2 in 1のXIDU PhilPad。システム情報とベンチマーク、外観のレビューに続き、使用感のレビューです。全般的には、2.5Kのディスプレイは、きめ細やかさ・発色・鮮やかさともに抜群で、手持ち...
13.3型 2.5K液晶 2in1のPhilPadがスペックアップ。小変更ながらも利便性が向上
13.3インチ 2.5Kのディスプレイが特徴のSurface風 2 in 1のXIDU PhilPad。私はサイト記事編集時にFHDディスプレイに疲れた場合など、きめ細やかで明るく鮮やかなディスプレイのPhilPadを目の保養も兼ね...

 

コメント