木目調PCデスクの天板を粘着シートでホワイト化、撮影用の背景として効果あり

家族から譲り受けたパソコンデスクの天板が「アンティーク風の木目調」で、記事に掲載するPCやスマホなどの背景としては適さないため、上の画像のとおり、粘着シート(リメイクシート)でホワイト化しました。部屋の雰囲気も明るくなり、PCやガジェットなどの撮影用の背景としてもバッチリです。

今回は結果のみと簡単な記事となりますが、パソコンデスクの天板のホワイト化について記載します。

粘着シートでホワイト化前の天板

最初に、粘着シート(リメイクシート)で張り替え前の天板について記載します。

 

▲▼オリジナルのデスクはニトリで販売のアンティーク風木目調の製品。家族が使用していたものを譲り受けたのですが、記事掲載用の背景としては賑やかすぎる天板です。

▲▼上は楽天市場からの引用、下は現物の写真ですが、アンティーク調も一般的にはよいものの、パソコンやスマホ、その他ガジェットの撮影用としては、模様が賑やかすぎ、また暗くなるために向いていません。

ホワイト化した天板

粘着シートを貼り付け ホワイト化した写真はこちら。上の写真の右下・角の処理を適切に行う前ですが、元の木目調が透けることもなく、イメージどおりに仕上がりました。

ただし、安価な粘着シート(2m幅で 近所のホームセンターで1,800円弱)なこともあってか、左上のモニターアームの取り付け時に傷がついてしまいました(どの粘着シートを使用しても、モニターアームの取り付け時には 傷がつくと思います)。また、マウスの動きがイマイチ 滑らかではありません。

 

▼ホワイト化によるPCや周辺機器の撮影の効果がこちら。同じPCのキーボード面を撮影したものですが、記事の写真としてどちらが適しているかは明らかです。

 

▼こちらの小物類(UGREEN GaN PD 充電器 実機レビュー、コンパクト・130gの軽量ながらも65W出力)の撮影の背景としても 良い感じです。

 

▼パソコンなどのやや大型な製品を より本格的に撮影を行う場合には、以下のような大型の撮影ボックスがよいのですが、時おり撮影する程度では、ホワイトのデスクでも十分です。ただし、私の次なる課題は照明です。机が部屋の照明から離れた場所にあるため、撮影時に影ができてしまいます。

参考、粘着シートの貼り付け時に用意すべきもの

今回のパソコンデスクのホワイト化にあたっては、近所のホームセンターで購入の無地のホワイトの粘着シートを使用しました。通販の場合には、以下のアサヒペンのリメイクシートが該当するように思います。ただし、無地のホワイトの型番(90cm x 2m)は おそらく「W-01、もしくはW-05」です。

 

今回の記事では、粘着シートの貼り付けブロセスは割愛していますが、貼り付け時には以下のような圧着用のスキージーを利用すると確実です。我が家では スキージーは探せば出てくるのですが(数年前に車へのカッティングシートやストライプ貼り付けなどを、頻繁に行なっていたので)、また、私は貼り付けに慣れているつもりだったので、スキージーを使用しないで対応したのですが、気泡とシワ除去のため 部分的に何度か貼り直しが生じました。

 

▼こちらは 40インチモニターのレビュー記事となりますが、メイン利用の160cm幅のパソコンデスク。安価なパソコンデスクのため、天板の色合いと質感がしっくりこず、粘着シート・リメイクシートの利用により、別の色への模様替えを検討中です。

innocn 40インチ ウルトラワイドモニター 実機レビュー。明るさ、Macの色合いとの相性も抜群、M1 MacBookに給電しつつのType-C出力も可能
今回レビューする製品は、Amazonで展開している「innocn」社の40インチモニター「WR40-PRO」。大型のワイドモニターでは、34インチの平面、あるいは曲面の製品が主流ですが、同社は44インチと40インチの製品を販売してい...

コメント

タイトルとURLをコピーしました