M1 MacでWindowsが動作のParallels Desktop、53%オフ 3,980円の販売情報(5月8日まで)

M1 Macの仮想環境で、Windows ARM版が動作する「Parallels Desktop 17 for Mac」。上の写真のとおり、私はM1 MacBook Airで導入していますが、メモリ 8GBでも私の利用範囲(記事の編集、Chromeの使用)では、サクサクと動作します。

この「Parallels Desktop 17 for Mac」が、Vector サイトで5月8日まで 53%オフの税抜 3,980円(1年版)で販売されています。

販売情報はこちら

Vector、Parallels Desktop 17 for Mac 販売サイト

Parallels Desktop 17 for Macの導入、留意事項など

Parallels Desktopを利用してのM1 MacへのWindowsの導入を記載すると長くなりますので、詳細は以下の記事を参照ください。

 

導入や運用など、上記他の関連記事からポイントを記載すると以下となります。

  1. M1 Mac メモリ 8GBでも、過度の使い方をしない限りは普通にサクサクと動作。体感レスポンスはGemini LakeのCeleron以上。
  2. Windowsの通常版ではなくARM版が必要となり(Parallelsの導入過程で自動的にARM版をダウンロード)、ライセンスも必要です。私はYahoo! ショッピングの激安ライセンスを利用しています。
  3. 私はWindows 10から11へ更新したのですが、不具合が多く Windows 10に戻しました。Windows 10に戻したものの、以前は日本語表記できていた設定画面が英語表記から変更できず。また、Windowsの更新もエラーとなります。ただし、これらのエラーは私の環境限定とも思われます。
  4. 他のユーザーさんは、日本語入力の導入に苦労されている方も多いです(私は普通に日本語入力できています)。

Vectorでの価格情報

2022年5月8日までの期間限定となりますが、上の画像のとおり、1年サブスクリプション版が53%オフの税抜 3,980円、永続版が 税抜 7,900円で販売されています。Parallels 公式サイトでは、最大でも15%オフ程度となり、かなり安価での販売です。

販売情報はこちら

Vector、Parallels Desktop 17 for Mac 販売サイト

 

Parallels Desktop for Macのセール情報の記事を投稿した当日に、私は1年のサブスクリプション契約の更新となり、公式サイト経由での正規の料金 8,345円の支払・口座からの引き落としがありました。既存の契約を解約し、Vector サイト経由での1年契約、あるいは永続版契約に切り替えるべきだったと後悔しています(本日、自動継続とは気がつかず)。

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました