Huawei P30 lite、OCN SIMでの回線速度を計測。平日昼休みとラッシュ時の快適利用には難あり

Huawei P30 liteをOCN モバイル ONEのSIMにて運用して約1週間。千葉の自宅から都内渋谷区の職場までの通勤中も含めサブ的に運用しましたが、今回は回線速度や回線の安定性などについて記載します。全般的には、これまで利用した楽天モバイルやFREETELのドコモ回線SIMと同様に、回線が混み合わない場所や時間帯では不自由なく使えるものの、都内の平日昼休みや通勤ラッシュ時には極端に速度が低下し、快適とは言い難い状況です。

スポンサーリンク

混み合う時間帯・場所での実測 回線速度

計測回数は少ないですが、都内山手線周辺でのポイントとなる時間帯と場所(極端に速度が低下する時間帯と場所)をメインに、OCN モバイル ONEの回線速度を計測してみました。なお、計測にあたっては、サイトにアクセスするのみで、スマホ・PCともに簡単に計測できるFast.comを利用しています。

 

▼渋谷区恵比寿某所での、平日昼休み 12時21分の回線速度は 530Kbpsと低速。

これでもまだ速いほうです。速度は安定しないため、混み合う場所での平日昼休みの使用は潔く諦めたほうが無難。私は以前、同じくドコモ回線の楽天モバイルとFREETEL SIMで何とか快適にならないかと試行錯誤したのですが、諦めた経緯があります。

▲そもそも、OCN、楽天モバイル、mineoなどの格安SIMにて、平日昼休みや通勤ラッシュ時の快適さを求めるのは無理。私はこれを承知のうえで、Huawei P30 liteの一括価格の安さに惹かれて OCNを選択したのですが、格安SIMで速さと安定性を求めるなら、Y! mobileとUQ mobile以外の選択肢はありません。

私はかつて Y!mobileをメイン回線に、UQ mobileをサブ回線として使用していましたが、時間帯や場所を一切 気にすることもなく、快適に使用できます。

 

▼Y!mobileとUQ mobileの公式サイトはこちら

Y!mobile

UQmobile

▼こちらは平日 18時34分に、JR品川駅近辺を走行中の山手線電車にて計測。

山手線圏内では、平日昼休みの次に鬼門となるのが、ラッシュ時の品川駅。1.2Mbpsと速度はまずまずですが、接続するまでに時間がかかり、接続できた場合のWebサイトの表示でも、画像が全て表示されない状況に。概ね、品川から新橋あたりまでは安定しません。

 

▼こちらは平日 18時52分にJR秋葉原駅近辺を走行中の山手線電車にて計測。

上記の品川駅と速度的には変わらないのですが、品川駅よりも繋がりやすく安定しています。通常のWebサイトであれば、遅いと感じるか否か、ギリギリのラインの速度と安定度です。

 

▼こちらは本日 土曜日の千葉市郊外の自宅にて 12時26分に計測。

5.5Mbpsと通常利用では十分な速度です。上記は混み合う時間帯・場所を選んでの計測であり低速ですが、普段は通常利用できる速度が出るために安心。

まとめ

Huawei P30 liteにてOCN モバイル ONEの回線速度を、回線の混み合う都内山手線内の平日昼休みとラッシュ時に計測しました。想像どおりに、あるいは同じくドコモ回線で以前 私が利用していた楽天モバイルとFREETELと同様に、 平日昼休みとラッシュ時には通常利用に難がある回線速度と不安定さ。

やはり、私が今回 UQ mobileからOCN モバイル ONEへMNPし、Huawei P30 liteを一括 7,800円で購入したように(Huawei P30 liteを一括 7,800円でMNPしてみた。OCN SIM セットでの契約内容を公開)、OCN モバイル ONE・他のドコモ回線のSIMは端末狙いのサブ運用としての契約がベスト。通信速度と安定性では、Y!mobileとUQ mobileに限ります。

 

▼それぞれの公式サイトはこちら

OCN モバイル ONE

Y!mobile

UQmobile

 

コメント