OUKITEL K7 Pro、10000mAhの大容量バッテリーを搭載し 約13千円の6インチスマホ。テザリング母機としても最適かも

コスパに優れた C17 Proやタフネススマホを多くリリースする OUKITELですが、10000mAh超のバッテリーを搭載する K7 ProやK13 Proも魅力的。今回はこのうち、10000mAhのバッテリーを搭載する K7 Proを紹介します。CPUはMT6763 (Helio P23)のエントリーですが、大容量のバッテリーを活かし、PCへのテザリングの母機として、あるいはモバイルバッテリーとしても活用できます。

スポンサーリンク

OUKITEL K7 Proのスペック

バッテリー以外の基本スペックとしては、以下で紹介の「OUKITEL C17 Pro」と似た構成となっています。

パンチホールスマホで最安、OUKITEL C17 Proが海外通販サイトで約1万円でセール中
Amazonでも販売の「OUKITEL C17 Pro」。UMIDIGI A5 ProやElephone PXと同じく、CPUにMT6763 (Helio P23)を搭載するエントリースマホですが、安価ながらも パンチホールを搭載す...

 

CPUMT6763 (Helio P23)、オクタコア、最大 2.0GHz
GPUMail G71 MP2 700MHz
メモリ4GB
ストレージ64GB
ディスプレイ6インチ、解像度 1440 x 720
リアカメラ13百万画素 + 5百万画素 + 2百万画素
フロントカメラ5百万画素
バッテリー10000mAhMicro USB
Wi-Fi11 a/b/g/n/ac
Bluetooh4.0
LTE 対応バンドFDD-LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B19/B20
TDD-LTE B38/B39/B40/B41
認証指紋認証、顔認証
SIMカードNano-SIM + Nano-SIM
サイズ168 x 78 x 14.5m
OSAndroid 9.0

 

上表はC17 Proの記事をベースとしたのですが、CPU、GPU、メモリ、ストレージ、カメラは全く同じ構成です。

CPUの MT6763 (Helio P23)のAnTuTu ベンチマーク v7のスコアは約8万。ゲームなどの負荷のかかることには向きませんが、Google Chrome、SNS関連アプリなどの普段使いなら普通に動作します。詳細については、同CPUを搭載する以下のUMIDIGI A5 Proの記事を参照ください。

普通に使える100ドルスマホ、UMIDIGI A5 Pro 1ヵ月の使用感。A3 Pro実機との比較も
UMIDIGIのエントリースマホであるA5 Proを使用し1ヶ月経過しましたので、あらためてその使用感を記載します。全般的には、もう一つのエントリー機であるA3 Proと比較すると、雲泥の差でサクサクと動作し、レスポンス、指紋認証ともに...

 

ディスプレイは6インチと小さめ、解像度は1440 x 720と高くはなく、また、充電はUSB Type-Cではなく Micro USBとなりますが、本製品の場合にはバッテリー世容量 10000mAhで魅力は十分。

 

▲▼10000mAhのバッテリーは強烈です。スタンバイでは42日、オンラインビデオの視聴では25時間のバッテリー持ちとあります

 

付属のOTGケーブルにより、他のスマホへの充電も可能

OUKITEL K7 Proの外観と機能性

大容量のバッテリーが最大の特徴のOUKITEL K7 Proですが、牛革の背面も特徴の一つ。背面がプラスチックの場合にもケースを付けたくなりますが、本製品の場合には、牛革の恩恵を受けケースなしでも運用できそうです。

 

▼安価な製品でも、顔認証と指紋認証は標準仕様となりつつあります。

 

▼ディスプレイのゴールドのラインが好みのわかれるところか。私としては、ラインがないとよりよいとの認識です。

 

▼背面の牛革の質感も気になります。少なくとも、安価なケースであるような品質ではないと思うのですが。

▲大容量のバッテリーを搭載していることもあり、厚みは14.5mmと太いもの。

まとめ、価格情報

CPUにエントリーのMT6763 (Helio P23)を搭載するスマホは100ドル前後で販売されていますが、本製品は10000mAhのバッテリーを搭載し、2020年3月8日時点のAliExpressの最安価格は 117.99ドル。10000mAhのモバイルバッテリー単体では3,000円前後で購入できますが、それを差し引いてもコスパの高い OUKITEL K7 Pro。高速で安定したY!mobileのSIMを利用し(ワイモバイルのスマホセットなら、大幅キャッシュバックのヤングモバイルがおすすめ)、テザリング母機としての利用にも向いています。

 

Amazonでも販売されていますが、Amazonのクーポン適用後の価格は 19,649円。一方のAliExpressは117.99ドル、12,700円。ただし、納期は約1ヵ月。

AliExpress

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました