OPPO Pad、スナドラ 870搭載の11インチタブレットのスペックと特徴。Xiaomi Pad 5 Proに対抗

Snapdragon 870を搭載のハイエンドな 11インチ Android タブレットとして、「OPPO Pad」および「VIVO Pad」が AliEpxressで販売されています。「VIVO Pad」の情報量は少ないため、今回は「OPPO Pad」のスペックについて記載します。

同じく Snapdragon 870を搭載する 11インチ タブレットとしては「Xiaomi Pad 5 Pro」が販売されていますが、4月29日時点では 日本語・Google Play に対応するグローバル版の販売店(AliExpress)が少なく、セール価格とグローバル版の動向しだいでは、Pad 5 Proの対抗になり得る製品です。

引用元はこちら

OPPO Pad、AliExpress

スポンサーリンク

OPPO Padのスペックと特徴

当記事内のAliExpressへのリンクはWiFi版ですが、AliExpressの製品情報には 「4G LTE版もあり」と明記されています。以下は WiFi版のスペック情報です。

CPUSnapdragon 870、8コア
GPUAdreno 650
メモリ6GB / 8GB
ストレージ128GB / 256GB UFS 3.0
ディスプレイ11インチ、IPS、解像度 2560 x 1600、120Hzのリフレッシュレートに対応
WiFi、Bluetooth11a/b/c/g/n/ac、Bluetooth 5.1
LTE4G LTE版もあり
カメラフロント 8百万画素、リア 13百万画素
バッテリー容量8360mAh、USB Type-C、30Wの急速充電に対応
サイズ(本体)厚み 6.99mm、507g
OSColorOS for Pad、Android 11 ベース
その他4スピーカー、筆圧 4096レベルのスタイラスペンに対応、GPS搭載

 

11インチのディスプレイサイズで競合する「Mi Pad 5  / 5 Pro」の情報は以下の記事他で、ざっくりとした表で整理していますが、上表では Mi Pad 5 Proよりも優位な箇所に黄色網掛(GPS搭載)、劣位な箇所にピンク網掛けしています。

Xiaomi Pad 5 Pro、ようやく 日本語・Google Play 対応のグローバル版が販売
2021年8月にリリースの「Xiaomi Mi Pad 5 Pro」。Snapdragon 870を搭載する 11インチタブレットですが、ようやく日本語・Google Playに対応するGlobal ROM版が、AliEpxress...

 

Mi 5 Proとの大きな相違(マイナス要素)は、Mi 5 Proが 8スピーカー・67Wの急速充電に対応であることに対して、OPPO Padは4スピーカー・33Wの急速充電であること。ただし、OPPO PadはGPSを搭載していることで、これらのマイナス要素を打ち消しているように感じます。

なお、OPPO Padの認証(指紋認証・顔認証)については、AliExpressの製品情報に明記なく、確認できていません。

 

▼Mi Pad 5 Proの8スピーカーに対して、OPPO Padは4スピーカーですが、一般的には 4スピーカーで十分です。

 

「中国版だが、多言語・Google Playに対応」と読み取れる微妙な記載です。

OPPO Padの外観

AliEpxress 製品情報の外観イメージ画像は多くなく、確認できる範囲で外観について記載します。背面は上の画像のブラック・パープルのほか、シルバーがラインナップされています。

 

▼技術的なことは未確認ですが、9層の背面であることがアプールされています。

 

▼ディスプレイのベゼル幅は7mmと、Android タブレットとしては薄い部類です。OPPO Padのロゴのデザインはわるくはないのですが、もう少し小さいとよかったかも。

 

▲▼11インチクラスのタブレットの場合、専用キーボードの存在も大きなチェックポイントですが、上の画像・他の画像から、専用のキーボードケース・スタイラスペンが用意されているようにも思えます。「思えます」と記載したのは、販売情報が見当たらないため。また、以下の汎用のBluetooth接続のキーボードケースも販売されています。

キーボードケース、AliExpress

まとめ

文中に記載しましたが、OSは「中国版だが、多言語・Google Playに対応」と読み取れる微妙な記載となっており、こちらの確認とセール価格しだいでは、Snapdragon 870を搭載する 11インチタブレットとして、Mi Pad 5 / 5 Proと対抗できそうな「OPPO Pad」。姉妹機とも思える「VIVO Pad」にも要注目です。

4月29日時点のAliExpressの価格では、Mi Pad 5 Proのグローバル版の価格がやや安価であり、OPPO Pad / VIVO Padの今後の値下げに期待です。

 

▼AliExpress、「OPPO Pad」の販売情報

OPPO Pad、AliExpress

 

▼競合する「VIVO Pad」の販売情報

VIVO Pad、AliExpress

 

▼Mi Pad 5 Pro グローバル版の情報はこちら。

Xiaomi Pad 5 Pro、ようやく 日本語・Google Play 対応のグローバル版が販売
2021年8月にリリースの「Xiaomi Mi Pad 5 Pro」。Snapdragon 870を搭載する 11インチタブレットですが、ようやく日本語・Google Playに対応するGlobal ROM版が、AliEpxress...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました