OPPO A55s 5G、6.5インチの大型液晶にスナドラ 480 5G搭載スマホのスペックと特徴

OCN モバイル ONEや楽天モバイルのSIMセットで安価で販売の「OPPO A55s 5G」。 Snapdragon 480 5G、メモリ 4GBのエントリークラスのスマホ(CPUはミドルレンジ)となりますが、6.5インチの大型ディスプレイにして178gの軽量、 IPX8の防水 / IP6Xの防塵、指紋のつきにくい特殊加工が施された背面と扱いやすいスマホです。

スポンサーリンク

OPPO A55s 5Gのスペック

OPPO A55s 5Gのスペックは以下となります。全般的にエントリー構成のスペックですが、フロントカメラの画素数が8百万画素であることが気になります。

CPUSnapdragon 480 5G 、8コア
メモリ4GB
ストレージ64GB
ディスプレイ6.5インチ、解像度 2400 x 1080、最大90Hzのリフレッシュレート
リアカメラ13百万画素 (広角) +2百万画素 (深度測位)
フロントカメラ8百万画素
WiFi11 a/b/g/n/ac
Bluetooth5.0
SIMnanoSIM / eSIM
バッテリー4000mAh、充電はUSB Type-C
サイズ162.1 x 74.7 x 8.2mm、178g
OSColorOS 11(Android 11がベース)
その他顔認証、IPX8の防水 / IP6Xの防塵

 

  • Snapdragon 480 5GのAnTuTu ベンチ v8のスコアは約29万と、Snapdragon 4シリーズとしては意外と高いスコアです。私の同水準のスマホの使用感では、スコア 50万水準のスマホと比較すると 多少の引っかかりがあるものの、普段使いとしては十分にサクサクと動作します。
  • リアは 13百万画素と2百万画素の2カメラ、フロントは8百万画素とスペック的には弱いのですが、私のスマホカメラの使用例では、室内撮影などでは高画素カメラを使用しない(使用できない)など、高画素にこだわる必要もありません。また、OPPP 公式サイトの製品紹介では、カメラの紹介が多く、そのチューニングなどに期待。
  • このクラスで 90Hzのリフレッシュレートに対応している製品は多くないのですが、縦スクロールなどのなめらかな画面表示を実現。

 

▲▼スペックに表れない事項として、製品紹介に「背面は指紋が付きにくい特殊加工が施されており、汚れが目立ちません」との記載があります。素材や特殊加工の詳細の記載はないのですが、同様に指紋がつきにく、以下のOukitel C21 Proが参考になるかも。

OUKITEL C21 Pro 実機レビュー、指紋付着が目立たない ガラス製の背面が美しく好感。エントリーだが実用的な6.39型スマホ
海外通販サイトのBanggoodでは、7月後半の発売直後には99.99ドルで販売されていた(8月24日時点では 129.99ドル)「OUKITEL C21 Pro」。CPUにMediaTek 6762D (Helio A25)、メモ...

 

▼一部のアプリを除き、90Hzのリフレッシュレートに対応し、縦スクロールなどの滑らかな動きを実現します。ただし、他製品の事例ですが、鈍感な私には 90Hz / 60Hzの相違を感じないことも付記します。

OPPO A55s 5Gの価格情報

2021年12月5日時点のOCN モバイル ONE、楽天モバイルのSIMセット価格は以下となっています。深追いしていませんが、楽天モバイルの以下の価格の条件として「楽天モバイルの128GBを下取りに出した場合」とあり、これが何を意図しているのか理解できておりません。

  • OCN モバイル ONE、2021年12月27日(月)11:00まで発売記念価格として 税込 13,000円
  • 楽天モバイル、ポイント還元で実質12,800円(ポイント還元が最大 20,000円相当の場合)
  • Amazon、端末単体価格は 30,727円

 

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました