M1 Macにも対応のメンテナンスアプリ「OnyX」、インストール手順と使用事例

Macのファイルなどのメンテナンスや各種設定に便利なアプリ「OnyX」。M1 MacのBig Surにも対応していますので、インストールの手順と、ごく一部の使用事例について記載します。各種設定のアプリとしては「TinkerTool」もありますが、「OnyX」も同等以上に使い勝手のよいものです。

スポンサーリンク

OnyXのインストール手順

OnyXのインストールの流れは、Webサイトからダウンロードした通常のアプリと同様ですが、その手順を記載します。

 

▼海外サイトとなりますが、こちらにアクセスします。

ダウンロードサイト(英語)

 

▼上はM1 Macにも対応するバージョン、下はCatalina / Mojaveに対応するバージョンですが、お使いのMacにあわせたバージョンのアプリファイルをダウンロードします。

 

▼Agreementへの同意画面は英語、もしくはフランス語の表示ですが(インストール後は自動的に日本語表記になります)、「Agree」を押下します。

 

▼他のアプリと同様に、左のアイコンを右にドラッグしインストールします。

 

▼App Storeからインストールしたアプリではないため、以下の通知画面が表示されますが、「開く」を押下します。

 

▼セキュリティの設定方法の記載がありますので、そのまま「OK」、あるいは画面を参照しつつ、「環境設定」でセキュリティの設定を変更します。

 

▼「Finder」の「システム環境設定」、「セキュリティとプライバシー」へと進みます。左の項目から「フルディスクアクセス」を選択し、右のタブ「プライバシー」を押下して表示される「OnyX」をチェックし有効化します。

 

上記でインストール、初期設定は完了です。起動の際には管理者権限が必要となるため、Macへサインインするパスワードの入力が必要です。

OnyX、一部の使い方事例

ごく一部となりますが、「OnyX」の使い方事例について記載します。

 

▼こちらはホーム画面。メニューアイコンのみのシンプルなものです。

 

▼「各種設定」の「一般」にある便利な機能が、スクショの保存形式と保存先の変更。

デフォルトではPNG形式でデスクトップへの保存ですが、JPEGなどでの保存や、保存先を「書類」などへ変更できます。「TinkerTool」では保存先の変更のみに対応しているため、形式を変更できることは便利です。

 

▼こちらはメンテナンス(クリーニング)の画面。クリーニングには多少の時間(私の環境では数分)を要し、Macの再起動を行う必要があります。

 

▼「情報」では、SSDの残容量や、スワップ使用領域も含めた メモリの使用状況などを確認することができます。また、現在未使用のメモリ領域を開放することもできます。

 

▼引用した、各種設定では より多機能な「TinkerTool」の使用事例などの記事はこちら。

TinkerTool、Macのスクショの保存先などの隠れ機能を制御できるソフトのインストール手順と利用事例
長年Windowsを使用してきた立場からみると、Macを使用して違和感を感じることが多々あります。例えば、そのフォントや、スクリーンショットの保存場所、効果音などがありますが、それらの変更や、Finder、Dockなどの様々な隠れ機...

コメント

タイトルとURLをコピーしました