OneMix 4S、第12世代 Core iを搭載の10.1インチ 2 in 1、Twitterにてテスターを募集中(9/3まで)

インテル 第12世代のCore iを搭載し「世界最小の10.1インチ 2 in 1 PC」をアピールする「One-Netbook OneMix 4S」。Twitterにて、2022年9月3日を締切としてテスターを募集していますので、参考までに応募要領と、Twitterで確認できる範囲のスペックを記載します。

スポンサーリンク

テスターの応募要領

以下のTwitterを見ていただければ あらためて記載する必要もないのですが、参考までにテスターの応募要領を記載します。2022年9月3日までに、① フォロー&リツイート、② Google フォームのアンケートに入力・登録することが条件です。

全世界で内部テスターを募集しており、日本への割当台数は不明ですが、高スペックなPC、一時期 メディアでの露出度が高かった「OneMix 4」のアップグレード版でもあるため、倍率はかなり高いように思います。

 

Twitter内にある Google フォームは英語であるために、開いた瞬間に抵抗を感じる方が多いのではと思います。日本語での回答でもOKと記載されていますが、必須となる項目の和訳は以下です。ちなみに、私は日本語の回答がOKであることを、回答入力後に知ったため(フォームの上段に、英語・日本語・中国語での回答可と記載されています)、英語・日本語を併記し回答しました。

  • 氏名
  • メールアドレス
  • 職業
  • 毎日、使用感をフィードバック可能か
  • ドライバーを自分でインストール、アップデート可能か
  • レビューの動画を撮影する環境にあるか
  • 居住地
  • ご自身がテスターに応募するメリット

OneMix 4Sのスペック

8月26日時点では 公式サイトや中国現地の通販サイトで スペックは公開されていませんが、Twitterで確認できる範囲でのスペックを記載します。

OneMix 4、10.1インチでCore i5-1130G7とハイエンドな2in1。UMPCを大型化するもクラス最小の設置面積
2021年4月4日に発売となる ONE-NETBOOKの「OneMix 4」。これまで7インチから8.4インチのUMPCに特化していた同社ですが、世界最小のフットプリント(設置面積)を謳う10.1インチの2 in 1としてリリースで...

 

▲▼上記で紹介のCore i5-1130G7を搭載する「OneMix 4」のアップグレード版の位置づけです。確認できない箇所は空白にしていますが、別途いただいた情報では「デザインはOneMix 4と変わらず」とあるため、CPU(GPUも)のみのアップグレードと思われます。

CPUインテル 第12世代 Core i (型番は未公開だが、複数モデルあり)
GPU
メモリ(おそらく、8GB / 16GB オンボード)
ストレージ(おそらく 256GB/512GB/1TB M.2 2280 PCIe SSD)
ディスプレイ10.1インチ、IPS、解像度 2560 × 1600 (16 : 10)、10点マルチタッチ
WiFi
Bluetooth
ポート類USB Type-C (3.0)、USB Type-C (4.0) x 2、
バッテリー容量
サイズ(本体)770g
その他指紋認証、別売りの2048段階 筆圧検知タッチペンに対応、ディスプレイはYogaスタイル

 

▼ポート類の配置は OneMix 4と変わらず。

私の懸念事項としては 10インチの小さなボディでの冷却対応と、UMPCを販売しているブランドの製品の電源です。One-Netbookに限らずですが、また、本製品は10インチのため同傾向ではないと思いますが、7〜8インチのUMPCでは電源に課題を抱えている製品が多く、私の事例では、OneMix 2SとCHUWI MiniBookの電源が入らず、文鎮化しました。

 

 

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました