Core i5-10210Yを搭載のOne Mix 3 Pro、CPUの実力と日本語キーボードのキー配置を確認してみた

One NetbookからリリースされたOne Mix 3 Pro。第10世代のCore i5-10210Yを搭載し、UMPCのカテゴリーのみならず、ノートPCとしても かなりのハイエンドとなるスペックです。今回はOne Mix 3 Proのスペック、特に日本語キーボードを確認してみました。

One Mix 3 Proのスペック

2Kのディスプレイ、PCIe SSD、YOGAスタイルなどは他のOne Mix 3シリーズと共通ですが、CPUがCore i5-10210Yとなり、内部の構成を見直していることが大きなポイント。そのスペックは以下となります。

  • CPU: Intel Core i5-10210Y, 4コア8スレッド、最大4.0GHz
  • GPU: Intel UHD Graphics
  • メモリ : 16GB DDR3
  • ストレージ : PCIe SSD 512GB
  • ディスプレイ : 8.4インチ、IPS、タッチパネル、解像度 2560 x 1600 (16 : 10)
  • Wi-Fi : 11a/b/g/n/ac
  • バッテリー : 8600mAh 3.7V、充電はUSB Type-C
  • Bluetooth: 4.0
  • ポート類 : USB Type-C、USB 3.0、Micro HDMI
  • その他 : バックライト付きキーボード、ボディはアルミ製、筆圧レベル 4096のスタイラスペン対応
  • OS : Windows 10 Home
  • サイズ : 204mm x 129mm x 14.9mm、0.65kg

 

▼One Mix 3シリーズに共通ですが、SSDはM.2ではなくオンボードのMicro PCie SSD。

 

▼One Mix シリーズに共通のYOGAスタイル。3 Proの場合、キーボードはブラックに白の印字のため、キーの視認性には問題なさそうです。

Core i5-10210Yのレスポンスを推定

Core i5-10210Yのベンチマークは多くは出回っていないのですが、そのレスポンスをGeekbench 5のスコアから確認してみます。

 

▼上はCore i5-10210YのOne Mix 3 Pro、下は私が使用しているCHUWI MiniBookやOne Mix 3などで搭載のCore m3-8100Yのスコア。

Multi-Core スコアの差が大きいですが、私の複数のPCの使用感では、Multi-Coreのスコアがある程度にまで達すると、体感に影響するのはSingle-Coreのスコア。Multi-Coreのスコアが伸びない場合には、Webサイトの画像表示などに遅延がみられますが、Core m3-8100Yクラスになると全く問題ありません。

Single-Coreのスコアでは両者の差は大きくないため、普段使いでは体感できるそどの大きな差はないように思います。それでも、One Mix 3や3Sではなく、3 Proを選ぶ理由としては、日本語キーボードの存在か。

日本語キーボード

日本市場をかなり意識し、CHUWI MiniBookと同様に、英語キーボードの他 日本語キーボードも用意され、海外通販のGeekbuyingでも選択可能となっています。私は英語キーボード派なのですが、拡大画像に基づき、キーの配置などを確認してみました。

 

▼上は英語キーボード、下は日本語キーボード

  • 日本語キーボードでは、Webサイトの入力などで多用するTabキーが、Aキー横に備わっているのは重宝します。
  • 半角、全角切替キーが最上段にありますが、大量タイピングの際には、非効率となります。以下のリンク先記事は英語キーボードの事例となりますが、キーの割当の変更で対応すべきかと。
  • 一方、日本語キーボードにはDeleteキーがないように見受けられます。私の場合、大量タイピングで必須となるDeleteキーがないとやや不便化も。Pキー横の印字が読み取れないですが、これがDeleteキー?

 

MiniBookやOne Mix、UMPCの英数・かな切替がワンタッチで可能な2つのフリーソフトの組合せが快適すぎる
CHUWI MiniBookやOne Mixシリーズなど、キーボードのキーが特殊な配列や配置・サイズの場合に特に困ってしまうのが、タイピング時に不可欠となる「英数・かなの切替」。この課題をクリアすべく、私がCHUWI MiniBoo...

まとめ

第10世代のCore i5-10210Yを搭載する One Mix 3 Pro。One Mix 3シリーズのボディはそのままに、CPUをスペックアップし、日本市場を意識して日本語キーボードも用意されています。他のUMPCと同様に、質感の高いアルミ製のボディに高スペックを詰め込んだ本製品は、他のOne Mixシリーズと同じく高価なことがややネックか。

また、私が一時期所有していたOne Mix 2SやAmazonのレビューを確認すると、「充電できるなくなる症状」が数件あるようですが、ごく稀な事例かと思います。

 

▲▼Geekbuyingで予約受付中のOne Mix 3 Pro。959.99ドルと私が購入したCHUWI MiniBookの約2倍の価格であることがネック。高スペック版ではなく、解像度を落とし、CPUを控えめにしたバージョンがあると、ありがたいのですが。

CHUWI MiniBook 実機レビュー。サクサク動作で想像以上に快適なキーボード、Core m3-8100Yのファン音も抑制
2019年11月3日現在、BanggoodやAliExpressなどの通販サイトでも販売開始となった「CHUWI MiniBook」。8インチのYOGAスタイルのディスプレイに、Core m3-8100Y、もしくはGemini La...
ミニPC S200にY-MU01、CHUWI MiniBookなど、Banngood Black Friday セールのクーポン情報 11/27版
Black Friday セールもそろそろ終了の時期となりましたが、Banggoodでは日本サイトと海外サイト双方で、人気製品のクーポンを継続して発行しています。CHUWI MiniBookにBMAX Y11、NVISEN (EGL...

 

コメント

  1. タブレス より:

    日本語キーボードのdeleteキーは9の上、
    Pの右は@かと思います。