One Mix 2S、スペックは魅力だが私が購入を悩んでいる2つのポイント

現在 購入すべきか否か悩んでいるのが、One Mix 2もしくはOne Mix 2S。スペック的には申し分ないのですが、そのサイズなど気になることもあります。

今回は主観的な記事となりますが、私がOne Mix 2 / One Mix 2Sの購入を検討している、迷っているポイントなどを記載します。

 

関連記事

GPD PocketにそっくりなOne Netbook One Mix。360度回転機構などを付けて新登場

One Mix 2S、Core M3-8100Y版が新登場、Core M3-7Y30版とのスペック比較

スポンサーリンク

PCIe接続のSSDが最大の魅力

下表は過去記事「One Mix 2S、Core M3-8100Y版が新登場、Core M3-7Y30版とのスペック比較」から抜粋の歴代 One MiXとGPD Pocketを比較したもの。

本来はGPD Pocket 2および最近リリースされたばかりの廉価版(「GPD Pocket 2の廉価版、Celeron 3965Y・RAM 4GB搭載で新登場」)も記載すべきですが省略です。

 

One Mix 2 / One Mix 2Sのコンパクトさ以外の特徴として、Core m3 8100YあるいはCore m3 7Y30を搭載していることもありますが、私にとっての最大の魅力はPCIe接続のSSD。

 

Xiaomi Mi Notebook Pro 実機レビュー。使用して即感じた心地よさ、SSDの速さは圧巻
国内外のレビューで評価の高いXiaomi Mi Notebook Pro。15.6インチ、Core i5もしくはCore i7、メモリ8GBもしくは16GB、PCIe SSD、GeForce MX150と豪華な仕様です。このXiao...

PCIe接続のSSDを搭載したXiaomi Mi Notebook Proのレビューにて記載していますが、PCIe接続のSSDの速さは圧巻。これを体感するとSATA接続のSSDには戻れなくなります。

アプリの起動から多くのファイルの並び替え・呼び出しなど、私に場合には記事編集作業がはかどること間違いなし。

 

▼CrystalDiskMarkスコアの比較ですが、左はXiaomi Mi Notebook Proに搭載のPCIe接続のSSD、右は国内某メーカーのハイエンド機に搭載のSATA接続のSSD。PCIe接続のSSDは圧巻のスコアとなり、その速さの相違はかなり体感できます。

気になるのは7インチのサイズ感とファンノイズ

CPU・メモリ・SSDのスペックには満足する一方で、気になるのは大きな特徴となる7インチのサイズ感と、ファンノイズ。

サイズ的には以下のとおり、GPD Pocket / One Mixのクローンとなる8インチのFalconがリリース予定となっていることからも、7インチでは小さすぎると感じている方も多いのではないでしょうか。

GPD Pocket / One Mix クローンの8インチ版「Falcon」が2月にリリース予定
GPD Pocketのクローン的な8インチのWindows 10端末「Falcon」が2019年2月にリリース予定です。GPD Pocketのクローンとしては、One Mixそして大幅にスペックアップされたOne Mix 2が販売さ...

 

7インチのサイズ感


上の写真は、10.1インチのChuwi Hi10 Proと以前にレビューしたGPD Pocket(「GPD Pocket 実機の外観レビュー、質感の高さ・ディスプレイの鮮やかさは特筆もの」)のサイズを比較したものです。

GPD Pocketはお借りしていた端末のため手元にはありませんが、7インチの小さな端末で感じていた事項は以下。

  • Androidなら7インチでも余裕で使用できますが、Windows 10の小さなアイコンなどでは操作に無理がある。
  • 7インチの視認性はやはり厳しい。私は8.9インチのASUS T90Chiを絶賛しているのですが、視認性ではこの8.9インチクラスが最低ライン。
  • キーボードは7インチとしてはよくできているものの、快適なタイピングには難あり。普通にタイピングできる端末は8インチから。私が利用している7.9インチのiPad mini向けキーボード付ケース(ロジクール製)は、大きな違和感なくタイピングできます。
  • また、サイズ感とは異なりますが、プラ製のキーの質感が今一つとのレビューコメントも散見されます。

 

▼上記で記載した事項の関連記事はこちら

GPD Pocket 1週間使用後の総括レビュー。高品質なボディにサクサクなレスポンス、つい弄りたくなるUMPC
GPD Pocketのレビュー3回目となる今回は、1週間使用後の総括レビューとなります。質感はかなり高め、レスポンスもライトユースには十分すぎるほどのGPD Pocketです。 Geekbuyingさんからお借りした製品でのレ...
T90Chi、2年使用後の再レビュー。今なお感じる省スペースでのテキスト入力にはベストな端末
8.9インチのWindows 10 2 in 1タブレットである「ASUS T90Chi」。CPUにAtom Z3775、メモリ 2GB、USBポートは1つのみと、今となってはかなり非力で拡張性に乏しい端末ですが、2016年7月に中...
iPad mini キーボードケースの決定版、ロジクール フォリオ TM725 レビュー
iPad mini用の快適なキーボードを探し求めていた私。先日、ヤフオクでロジクールのキーボード付ケースである「ウルトラスリムキーボード フォリオ m1」が出品されており、缶コーヒーよりも安い破格値にて、まさかの落札。 フォリ...

 

ファンノイズ

さらに気になるのがファンノイズ。小さなボディで排気効率を高めるには、ヒートシンクでいくら頑張っても高回転の小さなファンでガリガリするしか対応できません。

Atom Z8750を操作した際にもファンノイズがかなり耳障りだったのですが、発熱に関してはCore m3はさらに高く、ファンノイズが気になる方にとっては我慢のしどころか。実際にレビュー記事を参照すると、ファンノイズの記載も散見されます。

また、通勤電車などの外出先でのファンノイズは、周囲の方への配慮などでさらに気になります。

この点、前述・以下のFalconではFan Mute Buttonを備えているのがメリットの一つです。もっとも、One Mix 2 / 2SのCore m3では、その発熱からMute Buttonを搭載することは困難でしょうけど。

GPD Pocket / One Mix クローンの8インチ版「Falcon」が2月にリリース予定
GPD Pocketのクローン的な8インチのWindows 10端末「Falcon」が2019年2月にリリース予定です。GPD Pocketのクローンとしては、One Mixそして大幅にスペックアップされたOne Mix 2が販売さ...

 

まとめ、使い方はデスクトップ代替がメイン

上記のとおり、7インチのサイズとファンノイズの懸念から、私が想定しているOne Mix 2 /2Sの使い方としては、デスクトップ・ミニPCの代替。

Core m3とPCIe接続のSSDを搭載したミニPCに、7インチのディスプレイとキーボードが付いていると思うと、その魅力はいっそう高まります。ここが、私が購入を検討している大きなポイントです。

以下の記事では、同じくPCIe接続のミニPC(比較対象機のCPUはCore m3ではありませんが)と比較していますのでご参考。

One Netbook One Mix 2のコスパ度をPCIe SSD搭載のミニPCと比較してみた
Core M3-7Y30もしくはCore M3-8100Yへの驚きのスペックアップとなったOnenetbook One Mix 2 / 2Sですが、私がCPUのスペックアップ以上に惹かれるのはPCIe接続のSSD。その爆速ぶりを体感...

 

GeekbuyingでのOne Mix 2Sの2019年2月3日時点の価格は669.99ドル(75,143円)

 

▼一方のAmazonはちょい高め

One Mix, GPD
スポンサーリンク
kenkenをフォロー。Twitterでも記事更新を配信しています。
スポンサーリンク
Win And I net

コメント