やはりポチったOne Mix 2S、購入した決め手と使用目的。GPD Pocket 2、Falconとのスペック比較も

ついにOne Mix 2Sをポチリました。コスパは高いものの、安い製品ではないだけに悩みましたが、このスペックをみると物欲には勝てず。現在(2月11日時点)は出荷待ちの状況ですが、10日後あたりには、初回のレビューを投稿しているかと思います。

今回は、先日の記事「One Mix 2S、スペックは魅力だが私が購入を悩んでいる2つのポイント」とも重複しますが、私が購入を決定した理由と使用目的について記載します。

 

関連記事 ショックなことに、受領したOne Mix 2Sは初期不良のためか起動せずに返品

One Mix 2S 実機の外観レビュー。精巧・精緻な造りも、キーボードはサイズ的に難あり

初期不良?で返品のOne Mix 2Sの状況と返品までの経緯のポイント

スポンサーリンク

One Mix 2Sを購入した理由

参考情報として、One Mix 2Sのスペックを、One Mix 2、One Mix、2月11日時点では未発売となりますが GPD Pocket 2 / One Mixの8インチクローンとなるFalcon、GPD Pocket 2、GPD Pocket 2 Amber Blackと比較しています。なお、スペースの都合上、オリジナルのGPD Pocketは割愛。

 

 

▲▼各機種の関連記事はこちら

何だこれは。GPD PocketにそっくりなOne Netbook One Mix。360度回転機構などを付けて新登場
「なんだ、このGPD PocketにそっくりなPCは」と思わず唸ってしまったWindows 10端末が、Geekbuyingにてプレセールとして販売されています。 その名は「One Netbook One Mix」。Geekb...
One Mix 2S、Core M3-8100Y版が新登場、Core M3-7Y30版とのスペック比較
One Netbook One Mix 2が出荷前となっているなか、今度はOne Mix 2Sが登場です。One Mix 2のCPUがCore M3-7Y30であるのに対し、One Mix 2SはCore M3-8100Yを搭載して...
GPD Pocket / One Mix クローンの8インチ版「Falcon」が2月にリリース予定
GPD Pocketのクローン的な8インチのWindows 10端末「Falcon」が2019年2月にリリース予定です。GPD Pocketのクローンとしては、One Mixそして大幅にスペックアップされたOne Mix 2が販売さ...
GPD Pocket 1週間使用後の総括レビュー。高品質なボディにサクサクなレスポンス、つい弄りたくなるUMPC
GPD Pocketのレビュー3回目となる今回は、1週間使用後の総括レビューとなります。質感はかなり高め、レスポンスもライトユースには十分すぎるほどのGPD Pocketです。 Geekbuyingさんからお借りした製品でのレ...

 

スペックの詳細などは上記のリンク先記事を参照いただき、ここでは他のUMPCではなく、OneMix 2Sを購入したポイントを記載すると、PCIe接続のSSDを搭載していることに尽きます。

SATA接続のSSDもHDDと比べてると劇的に速いのですが、PCIe接続の場合には驚愕の速さ。これを経験すると、SATA SSDが並みの速度に感じます。

Xiaomi Mi Notebook Pro 実機レビュー。使用して即感じた心地よさ、SSDの速さは圧巻
国内外のレビューで評価の高いXiaomi Mi Notebook Pro。15.6インチ、Core i5もしくはCore i7、メモリ8GBもしくは16GB、PCIe SSD、GeForce MX150と豪華な仕様です。このXiao...

 

▼CrystalDiskMarkスコアの参考例ですが、左はXiaomi Mi Notebook Proに搭載のPCIe接続のSSD、右は国内某メーカーのハイエンド機に搭載のSATA接続のSSD。PCIe接続のSSDは圧巻のスコアとなり、その速さの相違はかなり体感できます。ただし、One Mix 2SのPCIe SSDの場合、画像左のスコアには及ばないようです。

 

他のUMPCの私が感じるマイナスポイントは以下。キーボードのキーの配置や機能など、One Mixよりも優位なポイントもありますが。

  • Falconの8インチもよいのですが、CPUのPentium Silver N5000がやや弱い。N5000はGemini Lake N4100よりも僅かに優位であり、普段使いでは十分なものの、他と比べると見劣りします。
  • GPD Pocket 2は、eMMCであることが悔やまれます。これがOne Mix 2 / 2Sと同じく、PCIe SSDならGPD Pocket 2を選択していたかも。ただし、キーボードのキーの配置はGPD Pocket 2が好み。

 

▼キーの配列や左右クリック・ファン停止の機能など、キーボード全体としてGPD Pocket 2(画像下)が好みなのですが、One Mix 2 / 2SのPCIe SSDの魅力には勝てず。

One Mix 2Sの使用目的

私のOne Mix 2Sの使用目的は以下となります。

  • Core m3 8100YとPCIe SSDを活かして、デスクトップ代替のミニPC的な使い方のメインPC。7インチのキーボードでサイト記事編集をバリバリこなすのは辛い。

 

他の中国メーカーの安価なPCと比較すると、One Mix 2Sの約75,000円(2019年2月11日時点のGeekbuyingの販売価格)は高く感じます。

ただし、以下の記事にも記載していますが、PCIe SSDを搭載するミニPCと比較すると、One Mix 2Sのコスパ度が高いことがわかります。

One Netbook One Mix 2のコスパ度をPCIe SSD搭載のミニPCと比較してみた
Core M3-7Y30もしくはCore M3-8100Yへの驚きのスペックアップとなったOnenetbook One Mix 2 / 2Sですが、私がCPUのスペックアップ以上に惹かれるのはPCIe接続のSSD。その爆速ぶりを体感...

 

▼ ポート類は、USB 3.0 / USB Type-C / Micro HDMIとなり、Bluetooth キーボード / マウス、USB ハブの利用により、ミニPC・デスクトップ代替として十分に活躍します。

 

▼ 私は以下のミニPC Beelink Gemini X45の替わりとして、One Mix 2Sをメイン利用する予定です。

Win 10 ミニPC Beelink Gemini X45の実機レビュー、Gemini Lake/RAM 6GB搭載でサクサク動き、静けさも特筆もの
多くのミニPCをリリースするBeelink。Gemini LakeのミニPCとしては、Beelink S2とGemini Xシリーズをリリースしていますが、うち Gemini X45 PremiumをGeekbuyingさんよりサン...

まとめ

先日の記事「One Mix 2S、スペックは魅力だが私が購入を悩んでいる2つのポイント」にも記載しましたが、7インチのサイズ感とファンノイズが気がかりだったものの、やはりスペックの高さとコスパ度に惹かれ購入したOne Mix 2S。

タイミングわるく、中国の春節の連続休暇直前にポチったために現在出荷待ちですが、あと10日ほどで手元に届くことでしょう。実機操作とレビュー記事を投稿できることを楽しみにしています。

めったにないことだと思いますが、受領したOne Mix 2Sは初期不良のために起動せず。5時間のみ使用した範囲では、造りは精巧、ディスプレイも綺麗でサクサクと動作するものでしたが残念。結局、返品しました。

One Mix 2S 実機の外観レビュー。精巧・精緻な造りも、キーボードはサイズ的に難あり
2月5日に注文し出荷督促のうえに2月27日に受領したOne Mix 2Sですが、約5時間使用の後にまさかの起動しない事態に。返品修理となること濃厚ですが、そうなるとおそらくは最短2週間ほどは手元にない状況になるため、起動しないままに...
初期不良で返品のOne Mix 2Sの状況と返品までの経緯のポイント
2月27日にOne Mix 2Sを受領して10日ほど経過しましたが、初期不良によるものか、起動しないままにGeekbuyingに返品となりました。10日前にはOne Mix 2Sの記事をシリーズ化と意気込んでいたのですが、それも虚し...

 

▼2019年2月11日時点の、GeekbuyingでのOne Mix 2S (上、669.99ドル)GPD Pocket 2 Amber Black (下、433.99ドル)の販売情報。今回比較した7インチのUMPCのうち、私の感覚では、スペック重視のOne Mix 2S、普段使いなら全く問題なく 価格重視のGPD Pocket 2 Amber Blackの二択となるでしょう。

 

One Mix, GPD
スポンサーリンク
kenkenをフォロー。Twitterでも記事更新を配信しています。
スポンサーリンク
Win And I net

コメント