One Netbook One Mix 2のコスパ度をPCIe SSD搭載のミニPCと比較してみた

Core M3-7Y30もしくはCore M3-8100Yへの驚きのスペックアップとなったOnenetbook One Mix 2 / 2Sですが、私がCPUのスペックアップ以上に惹かれるのはPCIe接続のSSD。その爆速ぶりを体感するとSATA接続のSSDの遅さが際立ちます。

そこで興味をひくことが、PCEe SSDを搭載するミニPCとOne Mix 2 / 2Sのどちらがコスパが高いかということ。今回は、私が以前から注目していたPCIe接続のSSDを搭載するミニPC「VORKE V2 Pro」と「One Mix 2 / 2S」のコスパ度を比較してみました。

 

関連記事

One Netbook One Mix 2、Core M3 7Y30,PCIe SSDと大幅スペックアップし新登場

One Mix 2S、Core M3-8100Y版が新登場、Core M3-7Y30版とのスペック比較

スポンサーリンク

One Mix 2とVORKE V2 Proのコスパ比較

PCIe SSDを搭載する中国メーカーのPCとしては、Xiaomi Mi Notebook Proがメジャーですが、ここではコンパクトなPCの比較として、Geekbuyingで販売しているミニPC「VORKE V2 Pro」とのスペックを比較してみました。

なお、価格は2018年10月28日時点のものであり、One Mix 2 / 2Sはクーポン利用時の価格です(文末を参照)。

One Mix 2 / 2Sがディスプレイ・キーボード付である事項を除くと大きな相違は以下。

  • One Mix 2 / 2SのCPUがCore M3 7Y30 / 8100Yであるのに対し、VORKE V2 ProはCore i5 8550U。
  • CPUとしては記載するまでもなくCore i5 8550Uが優位なのですが、Core M3 7Y30とのベンチマーク比較は海外サイト「Intel Core i7-8550U vs. Intel Core m3 7Y30」に記載があります。
  • 上記リンク先によると、Geekbench 3のSingle-Coreは、Core i5 8550Uを100とした場合にはCore M3 7Y30は66%のスコア、Multi-Coreでは54%のスコアです。
  • Core M3 7Y30とCore i7 8550Uは世代が異なることもあり、また、Core M3 8100Yはリリース直後で搭載機種が見当たらず、Core M3 7Y30とCore i7 8550Uの価格差は確認できず。
  • Core i7 8550UとCore i5 8250Uの価格差はざっくり100ドルであることから類推すると、Core M3 7Y30とCore i7 8550Uは150ドルあたりの価格差でしょうか。
  • VORKE V2 ProのOSはWindowsではなくLinuxであるため、Windows 10での運用には別途コストを要します。
  • VORKE V2 Proは2.5インチのストレージを増設可能ですが、他のミニPCの事例からUSB接続と思われ、大きなアドバンテージではないためここでは考慮しないこととします。

 

以上により、粗々の試算にてVORKE V2 ProがCore M3 7Y30、Windows 10 を搭載していた場合の価格は(8GB メモリ、PCIe SSD 256GB搭載はOne Mix 2と同じ)以下。

  • ベース価格は559.99ドル
  • ベース価格にCore i7 8550Uとの差額 150ドル(何となくの推定値)を減額し、AmazonでのWindows 10 Homeの価格 146ドル(16,500円 / 112.5)を加算すると 555.99ドルに。

 

以上により、かなり粗いコスパ比較ですが、One Mix 2とVORKE V2 Proを比較した場合の私の認識は以下

  • Core M3 7Y30、メモリ 8GB、PCIe SSD 256GBの同一スペックにWindows 10搭載とした場合、One Mix 2の619.99ドルに対し、ミニPCのVORKE V2 Proは555.59ドル。
  • その差は64.4ドル。この差額でOne Mix 2は7インチのタッチパネルのディスプレイ、キーボード付でアルミ製ボディであることを考慮すると、やはりOne Mix 2のコスパ度が際立つことに。
  • 仮にこの差が100ドルになったとしても、One Mix 2は携帯もでき、かつミニPC的な扱いもできるため、PCとしての魅力はOne Mix 2が優位に。

まとめ

かなり粗々の比較ではありますが、PCIe SSDを搭載するOne Mix  2とミニPCのVORKE V2 Proを比較してみました。

私はメイン機としてPCIe SSDを搭載するPCの購入をじっくり検討していたことがあり、VORKE V2 Pro、Xiaomi Mi Notebook Proを候補としてたのですが、One Mix 2のコスパ度・希少性も魅力的。

 

関連記事

One Netbook One Mix 2、Core M3 7Y30,PCIe SSDと大幅スペックアップし新登場

One Mix 2S、Core M3-8100Y版が新登場、Core M3-7Y30版とのスペック比較

 

▼GeekbuyingでのOne Mix 2の販売情報。スタイラスペンとのセットとなりますが、画像の659ドルに対して、クーポンコード「QNBCZZOX」の利用により629.99ドルとなります。

One Mix 2 (Geekbuyingサイト)

 

▼こちらは比較対象機とした、PCIe SSDを搭載するVORKE V2 Pro

VORKE V2 Pro (Geekbuyingサイト)

 

Win 10 製品情報
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
コスパの高いノートPC
Chuwi LapBook SE

・13.3インチ IPSパネル、Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・通常のセール価格は279.99ドル
・アルミを主体としたボディにシックな色調で質感高い
・13.3インチとしては大きめのキーボードのタイピング感が快適

Jumper EZBook 3 Pro

・13.3インチ Apollo Lake N3450、メモリ 4GB搭載で2万円台。私のメインPCとして活躍中
・ストレージは64GB eMMCですが、SSDに換装可能
・2017年度のファンレスPCでは定番の製品であり、国内外ともに評価は高くユーザーも多いです
・価格はセールにより流動的ですが、セール中には210ドル前後になることも

Jumper EZBook X4 IPSパネル版

・EZBook 3 Proの後継となるEZBook X4。注目度も抜群
・14インチ Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・TNパネル版も併売していますが、おすすめはもちろんIPSパネル版
・IPSパネル版の価格は279.99ドルが基準に(セールにより変動あり)
・詳細ページに実機レビューあり

Win And I net

コメント