広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

オープンイヤーイヤホンのOladance OWS1 / OWS2、Amazon BLACK FRIDAY セールで30%オフで販売中

これまで、オープンイヤー型のイヤホンとして、Oladance OWS Proと他社製品の2製品をレビューしました。自然な装着感と耳を塞がない解放感から、それほど音漏れを気にすることのない環境では、オープンイヤー型がよりより選択との認識です。

2023年12月1日(金)まで開催のAmazon BLACK FRIDAY セールでは、人気のOladanceの2製品がセール対象となっていますので、製品の概要とセール価格を掲載します。

関連記事

Oladance OWS Pro 実機レビュー、装着感抜群のオープンイヤーイヤホン、音質もよく マルチポイント接続も極めて便利

 

Oladance OWS1

2022年、世界三大デザイン賞の一つである、ドイツのデザイン賞「レッド・ドット・デザイン賞」を受賞した「Oladance OWS1」が、ブルー・ホワイト・オレンジ・シルバーの各色とも、30%オフの14,686円での販売です。

Amazonの製品紹介などから抜粋の製品の特徴は以下です。なお、OWS Pro / OWS2との比較では、マルチポイント接続に未対応であることに留意ください。

  • 一般的なイヤホンワイヤレスの3倍の大きさの16.5mmダイナミックドライバーを搭載。オープンイヤー型とあわせて、ステレオスピーカーのような立体的なサウンドとなります。
  • 耳穴全体をカバーする特殊設計と音波を打ち消す技術により、一般的なオープンイヤー型以上に音漏れを抑えています。ただし、私のOWS Proの使用感では、音漏れは抑制されるものの、音漏れは残ります。
  • オープンイヤー型のため、内蔵バッテリーを大きくでき、一般的なイヤホン(4.5時間)の約3.5倍にあたる最大16時間の長時間再生を実現 。

 

▼初めてオープンイヤー型のイヤホンを装着して驚いたのが(OWS Pro)、眼鏡のうえからも自然な装着感であること。大袈裟ではなく、装着していることも忘れるほどに快適です。

 

▼30%オフの14,686円で販売中。

 

Oladance OWS2

OWS1はマルチポイント接続に未対応ですが、OWS2はマルチポイント接続に対応しています。OWS1と同様に、2022年に世界三大デザイン賞の一つである、ドイツのデザイン賞「レッド・ドット・デザイン賞」を受賞しています。その他の特徴は、概ねOWS1と同様ですが(OWS2はBluetooth 5.3に対応、急速充電に対応と進化) あらためて記載します。

  • 普通のワイヤレス イヤホンの3倍の大きさの16.5mm複合バイオダイナミックドライバーを採用。
  • 逆位相の音波で音を打ち消す技術により、また、耳の鼓膜に向かって音を直接届けることで、音漏れを最大限抑えています。
  • Bluetooth 5.3により、さらにスムーズな接続やマルチポイン接続を実現、2台の端末に同時接続することができます。
  • 160mAhのバッテリーを内蔵し、「Energy Lock」技術でにより消費電力を抑え、19時間の連続再生を実。また、充電ケースとの組み合わせにより最大95時間の連続再生が可能です。
  • さらに、5分の充電で最大2時間連続再生の急速充電にも対応しています。

 

なお、私はOWS Proにて初めてマルチポイント接続を経験しましたが、iPhoneとAndroid スマホ、iPhoneとMacなど、2台のマルチポイントにより、機器毎の再ペアリングの煩わしさから解放され、極めて便利に使用しています。

 

▼30%オフの16,660円で販売中。

 

▲▼上は以下の記事で掲載のツールを利用した OWS2の価格推移ですが、OWS1 / OWS2ともに、大幅なセール対象となるのは初と思われます。

AmazonのPCサイトで価格推移を常時表示する手順と利用事例