924gの軽量ノート、NEC LAVIE Direct NM 2018年モデル 実機レビュー。中古を購入も綺麗な液晶で大当たり

中古の軽量ノートPCを買い集めつつある私ですが、これまで NEC VersaPro、MacBook 12、Let’s note CF-SZ5 / RZ5、LIFEBOOK U937/Rを購入しました(MacBook 12以外はジャンクな製品を有効利用)。そして今回は、ジャンクなNEC LAVIE Direct NM(Note Mobile) 2018年モデルを、ヤフオクにて 5,500円で落札しましたが、これが大当たり。バッテリーレスでしたが、画面・ボディともに綺麗で、メモリ 8GBにSSD 256GB、AC アダプターも付属していました。

スポンサーリンク

NEC LAVIE Direct NM 2018年モデルのスペック

上の画像は購入後に、NECサイトにて 型番から発売日情報などを検索したものですが( NEC LAVIE,VersaProの型番から詳細スペックをWebで確認する手順。中古PCの購入検討時などに有効)、発売日は2018年1月18日とあります。2022年7月末現在では4年半落ちの製品となりますが、以下のスペックのとおり、ライトユースでは現在も十分に活用できるもの。

CPU第7世代 Core i5-7Y54、2コア 4スレッド
GPUインテル HD グラフィックス 615
メモリオンボード 8GB LPDDR3 デュアルチャネル
ストレージ256GB SATA M.2 SSD、PCIe SSDに換装可能
ディスプレイ12.5インチ、IPS、解像度 1920 x 1080
Web カメラHD解像度(720p)対応カメラ
WiFi11ac/a/b/g/n
Bluetooth4.1
ポート類USB-A 3.0 x 2、HDMI、
サイズ289 × 197.5 × 17.0 mm、約924g
OSWindows 10 Pro
その他1W x 2 スピーカー

 

CPUのインテル 第7世代 Kaby LakeのCore i5 7Y54は、メジャーどころでは MacBook 12 2017モデルに搭載されています。私は下位のCore m3-6Y30を搭載するMacBook 12 2016モデル、Core m5-6Y54を搭載する「Let’s note CF-RZ5」を所有していますが、Core i5-7Y54も含め、このクラスでは動画編集やゲームなどの負荷のかかることには向かないものの、 Web サイトのブラウジング、WordやExcelなどのライトユースでは十分。

MacBook 12の使用頻度が M1 MacBook Airよりも増えた3つの理由
外出先で使用するPCとして、中古のMacBook 12インチ Early 2016モデルを購入したのですが、最近では自宅においても、M1 MacBook Airよりも利用頻度が多くなっており、その理由を記載します。レスポンスでは、明...
Let's note CF-RZ5 実機レビュー、2022年に中古購入も快適動作で UMPCよりも実用的
以前から物色していた中古のLet's note CF-RZ4 / RZ5ですが、先日 ヤフオクにて、メモリ 8GB、ストレージなし、液晶がジャンク(部分的にゴーストと変色あり)なCF-RZ5を購入しました。 早速、Window...

ジャンク扱いの理由

ヤフオクにてジャンクと明記なある中古品を、他の入札者がなく5,500円で落札したのですが、商品紹介に記載のジャンクな理由は以下です。

  • バッテリーなし
  • タッチパッドの動きが不安定
  • 液晶に多少のキーボード跡あり

 

格安の中古ノートの多くの場合、結局はバッテリーを交換することになるため、バッテリーレスは問題ありません。タッチパッドの動きが不安定なことについては、今のところ 稀にポインターの動きが通常より速い、あるいは遅いの不安定さを感じる程度。最近、MacBookに接続したBluetooth マウスのポインターが突然 消え、Mac 全体がフリーズする現象に悩まされている私ですが、それと比べると軽度の不具合です。

実機のシステム情報

続いて、Windows 10の設定画面、「CPU-Z」から抽出のシステム情報を掲載します。

 

▼Windows 10の「デバイスの仕様」と「システムの仕様」。CPUは Core i5-7Y54、メモリ 8GB、OSはWindows 10 Pro

 

▼「CPU-Z」の情報より。CPUは Kaby Lake 2コア4スレッドのCore i5-7Y54、最大TDPは4.5W

 

▼8GB DDR3のメモリは デュアルチャネルで動作しています。

 

▼NECのPC事業は Lenovo 傘下でもあり、ボードの製造元は Lenovoとなっています。

外観、液晶、キーボード

富士通、NEC 、Lets Noteの他の1kg未満の軽量ノートの場合、アルミ製、マグネシウムの金属製が多いのですが、本製品は樹脂製。金属製の場合には、以下のVersaProのように板厚が極度に薄い製品もあり、凹みやしないかと気を遣ってしまいがち。一方、樹脂製でしっかりした本製品はその心配も不要です。

NEC VersaPro VG-N(VK22TG)、中古購入の超軽量、2.5K解像度 13.3インチノートの実機レビュー
ヤフオクで落札した NECの法人向け超軽量ノート「VersaPro VG-N(VK22TG)」の中古。2016年製の古い端末ですが、約779gの超軽量に加え、やや暗いながらも 13.3インチ 2.5Kの高解像度、Core i5-52...

外観

中古としての外観は、天板・キーボード面・底板ともに 目立たない小傷が複数ある程度となり、凹みや塗装の剥げもなく、ヤフオクで5,500円で落札した中古品としては良好です。

樹脂製でもあり金属製ほどの質感はありませんが、液晶面の狭いベゼル幅など 十分にスタイリッシュ。また、法人向けモデルのVearsaProは天板のNECの文字が目立ちますが、NEC(LAVIE)のロゴであることも好みです。

 

▼USB-A x 2、HDMI、カードスロット、電源のポート類が背面に集中していることも特徴の一つ。これは学生さんの要望を取り入れ、ノートや参考書類を横に置きやすいよう考慮したようですが、ポート類を頻繁に抜き差しする私としては、やや不便な仕様です。

 

▼ポート類を拡大。電源の形状は、ThinkPad X1 カーボン 2016モデル、ThinkPad T550などと共通するものです。

 

▼樹脂製の底板は、キーボード面からの角度が大きくなっています。厚みは17mmと薄くはないのですが、この角度により薄く見えます。なお、金属製の軽量ノートの場合には、強く押すと凹みやしないかと不安になるのですが、樹脂製の本製品は剛性も十分です。

液晶

以下のVersaPro 13.3インチの液晶が暗く、VersaProとは世代も液晶パネルの種類も異なりものの(VersaProの液晶はIGZO)、本製品を購入する際に液晶に不安があったのですが、実機は明るく色合いも良好、視野角も広いです。

NEC VersaPro VG-N(VK22TG)、中古購入の超軽量、2.5K解像度 13.3インチノートの実機レビュー
ヤフオクで落札した NECの法人向け超軽量ノート「VersaPro VG-N(VK22TG)」の中古。2016年製の古い端末ですが、約779gの超軽量に加え、やや暗いながらも 13.3インチ 2.5Kの高解像度、Core i5-52...

 

▼左右と上のベゼル幅が狭いことが際立ちます。ディスプレイ下はWeb カメラが組み込まれていることも含め、やや太め。

 

▼液晶を最大限開いた様子。他のPCと比較すると角度はありません。また、横から見た液晶面の幅ほ太いです。

 

▼当サイトのトップページを上から見た状況ですが、この角度でも色合いの変化は少なく、視野角は良好です。

キーボード、タイピング感

主要キーのキーピッチは 19mm 、キーストロークは1.4mmですが、Enterキーは小ぶりで、上の写真の「ろ」のキー、上下の矢印など、一部のキーのサイズが異なります。また、Fnキーが右下、半角/全角キーがEscキーの右にあるなど、一部のキーが一般的な配置と異なっています。

上記により、タイピングには慣れが必要とするレビューコメントも多いのですが、私としては使用前の想像以上にタイピング感は良好であり、当初から高速タイピングできています。また、浅く軽快なストロークも私好み。

 

▼中央に窪みはなくフラットなキーです。なお、キーボードにバックライトはありません。

MacBookなど、他の12インチノートとの比較

参考までに、12インチの軽量ノートである「MacBook 12」と「Let’s note CF-SZ5」、12.5インチの「ThinkBook X280」と幅や厚みを比較してみました。

 

▼こちらは MacBook 12 2016モデルとの比較。MacBook 12のCPUはCore m3-6Y30となり、Core i5-7Y54の本製品が上位です。奥行きはほぼ同サイズですが、横幅は 12インチのMacBook 12が僅かに小さい程度。厚みは大きく異なりものの、MacBook 12のポート類は、USB Type-C 1個のみであることがマイナスポイント。

 

▲▼こちらは MacBook 12のバタフライキーボード。どちらかと言えば否定的なコメントの多い同キーボードですが、私にとっては広いキーピッチと浅いキーストロークとあわせて快適です。

MacBook 12、バタフライキーボードの打鍵感。大量にタイピングする私には意外と軽快で快適
中古のMacBook 12 Early 2016を購入する際に悩んだ大きなポイントが、バタフライキーボードのタイピング感。2017モデルの第2世代では多少改善されているようですが、バタフライキーボードのタイピングに否定的なコメントが...

 

▼こちらは ThinkBook X280との比較。同じ12.5インチですが、奥行き・横幅ともに、NEC LAVIE Direct NMがかなりコンパクト。重さも200gほど異なります。

 

▼こちらは 12インチの「Let’s note CF-SZ5」との比較。CF-SZ5はDVD ドライブ内蔵のモデルがベースであること、天板のボンネット加工により厚みがあります。

 

▼比較対象とした製品のレビュー記事はこちら。

M1 MacBook Air vs MacBook 12インチ、今さらながらの外観比較
M1 MacBook Airを使い始めて 1年以上経過したなか、今さらながらに購入の中古のMacBook 12インチ。さすがに、レスポンスは M1 Macに劣りますが、1kg未満の軽さも含めて、ブログ記事編集のライトユースなら、使い...
ThinkPad X280 実機レビュー、モバイル用途・サブ機として十分な実力だが、IPSパネルは必須
中古でのThinkPad 5台めの購入となった「X280」。外出先での本気モードでの記事編集、あるいは非力な会社のWindows 10 ノートの代替として使用する目的です。購入したX280のスペックは、Core i3-8130Uはよ...
Let's note CF-SZ5 実機レビュー、849gの軽量でレスポンスもよく、液晶も綺麗、購入して後悔なしの12型ノート
外出先で多少 雑に扱えるPCとして、中古のLet's note CF-RZ4を物色していたのですが、私が希望する価格帯で画面に黄色味を帯びていない端末が少なく、検討を一時停止。そこで、たまたま 12.1インチのCF-SZ5が目に留ま...

ベンマークスコア

ライトユース向けの本製品ですが、軽めのGeekbech 5とドラクエベンチマークのベンチスコアを掲載します。

 

▼Geekbench 5のCPU ベンチマークのスコアは「シングルコア 794、マルチコア 1236」。体感レスポンスに影響するシングルコアのスコアは、現行のモバイル向けのCeleron N5095 / N5105や、インテル 第5世代のCore i5-5200Uよりも高スコア。ただし、ファンレスであることも影響してか、CPU温度が高い場合のベンチスコアは極端にわるくなります。

 

▼軽いベンチのドラクエベンチマークでは、HD画質でも「やや重い、2510」と低スコアです。

 

▼SATA M.2 SSDのスコアは標準的なもの。より高速なPCIe SSDに換装できるのですが、劇的に速さを体感できるものでもなく、換装すべきか悩みどころ。

体感レスポンス

体感レスポンスとしては、Celeron N5095 / N5105、Core i5-5200Uなどと同水準。Web サイトのブラウジングや画像編集、記事の編集などでは遅さを感じることなく実用的。

ただし、他サイトの記事も参照すると、CPUの熱などに応じてのクロックダウンが激しいようであり、上述のベンチマークスコアの変動と同様に、極端にレスポンスが悪化することがあります。なお、「レスポンスが悪化」については、Windows 更新のシステムプログラムが稼働していない場合の事例です(システムプログラムが稼働している際のレスポンスの悪化は、他のPCと同様です)。

ファンありで1世代前のCPUを搭載する Lets note CF-RZ4では上記の現象は生じていないのですが、このクラスでは、静音性を重視しファンレスを選ぶか、安定したレスポンスを求めてファンありの他製品とするか、悩ましい選択です。

まとめ

搭載するCPUは Core i5-7Y54とライトユース向けのLAVIE Direct NM 2018モデルですが、バッテリーレスとは言え 5,500円と格安だったこともあり、私としては購入して正解。中古の液晶の程度は、製品毎の経年劣化によるとも思いますが、程々に明るく色合いもよいものです。

外出用の軽量PCとして、MacBook 12、Lets note CF-SZ5 / RZ4、LIFEBOOK U937/Rのジャンク品を買い集めましたが、どれをメインとするか、悩ましくなりました。

 

▼バッテリーを購入し取り付けました。

NEC LAVIE Direct NM、DIYでのバッテリー交換過程を写真で概説
NEC LAVIE Direct NM (Note Mobile) 2018モデルの、DIYでのバッテリー交換について記載します。私はヤフオクでバッテリーなしの中古のLAVIE Direct NMを購入したため、正確にはバッテリー交...

 

▼こちらは法人向けの「VersaPro VH-3」の中古の事例です。

 

▼直近の12.5インチ、LAVIE N12の情報はこちら。

LAVIE N12、NEC 公式サイト

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました