NEC LAVIE Direct N11、LTE対応の11.6型 ノートが 50個限定 税込 39,930円で販売中

11.6インチ「NEC LAVIE Direct N11」のLTE 対応モデル(2021年春モデル)が、2022年8月11日現在、50個限定 税込 39,930円で販売されています。CPUはCeleron N4120、メモリ 4GB 固定、ストレージはeMMC 64GBのエントリークラスとなるものの、ディスプレイが360°回転する Yoga スタイルのタッチパネルで LTE 対応のモデルが、税込 39,930円とは見逃せません。

公式サイトはこちら

LAVIE Direct N11 販売ページ

スポンサーリンク

NEC LAVIE Direct N11 LTE 対応モデルのスペック

LTE 対応 モデル、非対応モデルでは ポート類(USB-Aの個数)が異なりますが、LTE 対応モデルのスペックは以下となります。

CPUGemini Lake (Celeron) N4120、4コア 4スレッド
GPUIntel UHD Graphics 600
メモリLPDDR4 4GB、オンボード
ストレージ64GB eMMC
ディスプレイ11.6インチ、タッチパネル、IPS、解像度1366 × 768
WiFi11ac/a/b/g/n
Bluetooth5.0
LTE 対応バンドバンド1, 3, 8, 18(26), 19, 21,28, 41、nano SIM
ポート類USB Type-C x 2、USB 3.0
スピーカー2W x 2
サイズ294.6 × 209.6 × 20.4 mm、約1.3kg
OSWindows 11 Pro
その他インカメラ、アウトカメラを搭載

 

LTE対応に Yoga スタイルが魅力である一方、以下の妥協すべき事項もあります。

  • 繰り返しの記載ですが、メモリは4GBのオンボード(増設不可)であるうえに、ストレージもeMMC 64GB 固定。64GBのうち、更新の一時ファイルなども含めると Windowsが約半分を占有しますが、動画などを保存しない限りは 何とかなる容量です。
  • CPUのCeleron (Gemini Lake) N4120は、Windowsの更新前後のシステムプログラムの動作時を除き、ブラウザやWord、Excelなどは普通に動作し、極端な遅さを感じることはありません。
  • 体感レスポンスがワンランク落ちる(高速タイピングなどでも遅延を感じる)N4000やN4020ではなく、N4120であることは好感が持てます。
  • ディスプレイは FHDではなく 解像度 1366 x 768のHD画質。文字などで多少の粗さを感じる水準です。
  • 11.6インチにして 約1.3kgと、13.3インチ並みの重量です。

 

▼キーボード上中央にあるのは 500万画素のアウトカメラ。テントモードなどで使用します。

▲キーボードのキーピッチは 19mm、キーストロークは 1.4mm。バックライトは未装備ですが、特殊なキー配置やサイズの異なるキーも多くありません。

 

▼Celeron N4120と同水準の、N4100を搭載するPCのベンチマークスコアなどはこちら。

CHUWI Hi10 X 実機レビュー、Gemini Lake N4100搭載でHi10 Pro / Airより快適さは大幅アップ、WiFiの安定度も大きく改善
Gemini Lake N4100を搭載のCHUWI Hi10 X。Hi10 Pro、Airから大幅スペックアップ。Hi10 Proでは遅延を感じていた動作も、CPUの恩恵によりサクサクと動作し、Hi10 Proで課題のWiFiの安定度・速度も大きく改善

 

▼電源はUSB Type-C、USB Type-Cは2個とも、USB Power Deliveryに対応・映像出力可能とあります。

 

▼SIM カードスロットは 右サイドの位置しています。

外観

タッチパネルの場合には ディスプレイのベゼル幅が太くなるのですが、標準以上に太いベゼル幅となり、ここも妥協すべきポイント。年代が異なりますが、当時の販売価格としては数倍の「Let’s note CF-RZ5」もかなり太いベゼル幅であることを思えば、許容範囲です。

Let's note CF-RZ5 実機レビュー、2022年に中古購入も快適動作で UMPCよりも実用的
以前から物色していた中古のLet's note CF-RZ4 / RZ5ですが、先日 ヤフオクにて、メモリ 8GB、ストレージなし、液晶がジャンク(部分的にゴーストと変色あり)なCF-RZ5を購入しました。 早速、Window...

 

▼ベゼル幅 あと5mmほどでも狭いとよいのですが。また、艶消しブラックの外枠と、光沢ブラックのツートンが無骨な印象を与えます。

 

▼天板やヒンジ部分も無骨な印象がありますが、法人向け VersaProの「NEC」のロゴではないため、スッキリとしています。なお、米国防総省が定める「MIL規格(MIL-STD-810H)」準拠のテストをクリアする堅牢性を確保しています。

まとめ

外観や重さなどのマイナスポイントをあえて記載し、また、メモリ 4GB / eMMC 64GBなどの妥協すべき点もありますが、11.6インチ Yoga スタイルで LTE対応の国産ノートが 税込 39,930円で購入できることは、マイナスポイントを差し引いても大きなメリットです。公式サイトの製品紹介にもありますが、スペックからも 学習ノートとしてもよいですね。

 

LAVIE Direct N11 販売ページ

 

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました