CPUとメモリ強化の「ドンキ NANOTE P8」、Amazonで販売の7型 Micro PCのスペック比較

ドンキより従来の「NANOTE」のCPUとメモリを強化した「NANOTE P8」が、ドンキ店頭で税込32,780円で販売されています。そこで、同じく7インチで価格帯の近い、海外通販のAliExpressやAmazonで販売のMicro PC(AliExpressではMicro PCと表現されているため、当記事ではMicro PCと記載)とスペックを比較してみました。私の好みとしては、デザインはMicro PCですが、スペックはディスプレイの解像度の相違が大きく NANOTE P8が優位とみています。

関連記事

ドンキ NANOTE 実機の外観レビュー。細部の粗さはあるも、液晶は高品質。CHUWI MiniBookとの比較も

Amazonで販売の7インチ UMPC、RAM 8GB, SSD搭載 アルミ製ボディで 36千円。低解像度がネック

スポンサーリンク

NANOTE P8、7インチ Micro PCとのスペック比較

上の写真は、所有する8インチのUMPC「CHUWI MiniBook」と、CPUにAtom Z8350、メモリ 4GBを搭載の従来版の「NANOTE」を並べたものです。スペックを比較する「NANOTE P8」、Micro PCともに7インチですが、7インチでは快適なタイピングは困難であることに留意ください。また、ディスプレイが360度回転する「NANOTE P8」に対して、Micro PCは通常のクラムシェルタイプとなります。

 

▼Micro PCはご存知ない方も多いと思います。販売ページのリンクは以下です。

 

Pentium N4200 vs Celeron J3455

上のスペック表では、優位となるスペックに黄色網替しましたが、まず 気になるのは Pentium N4200 vs Celeron (Apollo Lake J3455)。以下はGeekbench 5のCPUベンチマークスコアです。

 

▲画像上は体感レスポンスに直結する Single-Core、下はマルチメディア系のMulti-Coreのスコアです。この程度の相違であれば、ほぼ同水準と言えます。NANOTE 従来版のAtom Z8350と比較すると、Web ブラウザを数分利用すると、よりキビキビと動作していることを実感できる水準です。

私はCeleron J3455と同水準のPCを複数所有していますが、Web ブラウジングやWordなどのライトユースでは、遅さを感じないレベルで、サブのPCとしては十分に活用できます。

 

▼Celeron J3455と同水準のN3450を搭載するミニPC「BMAX B2」のレビュー記事

BMAX B2 実機レビュー、N3450搭載の実用的で静音仕様、NVMe SSD増設可・Win 10 Proと150ドル未満ではベストなミニPC
Apollo Lake N3450を搭載しつつも、NVMe対応のPCIe SSDを増設可能なミニPC「BMAX B2」。BMAXのミニPCには、B1、B2、B2 Plus、B3 Plus、B4 Proと4製品があり、下位のB1がコン...

その他のスペックの相違

CPU以外のコメントは以下です。

  • ストレージは、容量を選択可能で、ユーザーで換装可能なM.2 SSDを搭載のMicro PCが優位。
  • NANOTE P8は HDMIポートが Micro HDMIですが、Micro PCはMini HDMI。小さなMicro HDMIポートでは、Micro HDMI to HDMIに変換アダプターに負荷がかかり 折れやすいもの。この点でもMicro PCが優位。
  • NANOTE P8のOSは Windows 10 Home、Micro PCは Windows 10 Proですが、一般的にはProの恩恵を受けることがないため、ここでは差がつかず。
  • 最大の相違はディスプレイの解像度。Micro PCは 1024 x 600と昨今のPCでは珍しいほどに低い解像度。NANOTE P8のディスプレイが従来版 NANOTEと同じ製造元のディスプレイの場合には、明るく、自然な色合いのディスプレイであり、上位のUMPCと比較しても遜色ありません。

 

▼折れやすい Micro HDMi to HDMI 変換アダプターの補足記事

ドンキ NANOTEの外部モニター出力、Micro HDMI 変換アダプターは折れやすいので要注意
小さなディスプレイのドンキ「NAMOTE」を自宅で利用する場合には、テレビやPCモニターなどの外部接続を行うとより快適に利用できますが、外部モニター接続時の留意事項を記載します。これは、NANOTEに限らず、他のMicro HDMI...

外観の相違

ディスプレイが360度回転する Yoga スタイル、UMPCの王道の「NONOE P8」と、クラムシェル型のMicro PC、シルバーのNANOTE P8 / ブラックのMicro PCと外観は明らかに異なります。

Micro PCの実機を確認していないために誤解があるかもしれまさせんが、双方ともアルミ製であるものの(全面アルミ製ではなく、樹脂の部分もあります)、NANOTEはエッジの丸め処理が弱いなどの粗さがあります。それに対して、Micro PCはヒンジ側の角が削られたデザインや、ツートンカラーなどデザイン的にも優れています。このため、やはり悔やまれるのはディスプレイの解像度が低いこと。

 

▼シルバーの天板にキーボード面はブラックのツートンカラー、ヒンジ側の角の処理など、デザイン的には Micro PCが好み。

 

▼NANOTE P8の外観・デザインは、以下のNANOTEの実機レビュー記事を参照

ドンキ NANOTE 実機の外観レビュー。細部の粗さはあるも、液晶は高品質。CHUWI MiniBookとの比較も
税抜 19,800円と格安ながら、そのボディの一部は金属製となる ドンキのNANOTE。キーボードの特殊なキー配置や、裏面の端の底板の浮きなどの粗さもありますが、ディスプレイの表示品質のよさも含めると、この価格での販売は評価すべきか...

 

▼ドンキ NANOTEはエッジの丸め処理が中途半端なため、タイピング時にエッジにあたると痛く感じることがあります。なお、ディスプレイの明るさと鮮やかさは上位のUMPCと変わらず、トラックポイントの動きもスムーズです。

まとめ

ドンキ NANOTE P8と、AliExpressやAmazonで販売の7インチ Micro PCとのスペックを比較しました。ストレージは M.2 SSDを搭載する Micro PCが優位であり、デザイン的にも 上の画像のMicro PCがよいのですが、ディスプレイの解像度が低すぎるために、総合的には NANOTE P8が優れているように思います。

販売サイト

 

▼7インチ Micro PCの詳細記事はこちら

Amazonで販売の7インチ UMPC、RAM 8GB, SSD搭載 アルミ製ボディで 36千円。低解像度がネック
2021年5月に「AliExpressで販売中」と紹介の7インチのUMPCですが、Amazonでも販売されていますので、あらためて特徴などを記載します。赤いトラックポイントを装備し、遠目では ThinkPadにも見える製品ですが、ア...

 

▼ドンキ NANOTE P8はドンキ 楽天市場店でも販売していました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました