Motorola moto g52j 5Gのスペック、スナドラ 695 5G を搭載し IIJmioでのMNP 一括価格は 税込14,800円

Motorola 公式サイトとIIJmioのセール情報を参照し、個人的に「edge20 Fusion」とともに惹かれるスマホが「moto g52j 5G」。公式サイトでは「一歩先行く、ジャパンスタンダード」としており、CPUは Snapdragon 695 5G、6.8インチの大型ディスプレイは120Hzのリフレッシュレート、IP68相当の防水・防塵性能、おサイフケータイ対応のFeliCa機能に対応しています。

2022年9月18日現在のAmazonでの単体価格は 35,180円、IIJmioでのMNP / 音声SIMとのセット価格は 税込14,800円(2022年10月3日まで)。

引用元

motorola 公式サイト

IIJmio 公式サイト

moto g52j 5Gのスペック

「moto g52j 5G」のスペックは以下となりますが、ミドルレンジのスマホ、あるいは「edge20 Fusion」よりも秀でている箇所に黄色網掛け、マイナスポイントにピンク網掛けしています。

CPUSnapdragon 695 5G、8コア
メモリ6GB
ストレージ128GB
ディスプレイ6.8インチ、解像度 2400 x 1080
リアカメラ50百万画素メイン(f/1.8)、8百万画素 超広角(118°) / 深度計測、2百万画素 マクロ
フロントカメラ13百万画素
4G / 5G5G対応
WiFi11 a/b/g/n/ac
Bluetooth5.1
SIMnanoSIM / eSIM
バッテリー5000mAh、15W 急速充電対応
サイズ71.0 x 76.8 x 9.1mm、206g
OSAndroid 11
その他IP68 防水防塵、NFC機能搭載

 

Motorola edge20 FusionがIIJmioにてMNP一括 12,800円。Dimensity 800U / 6.7型 有機EL / 108百万画素カメラとバランスのよいミドルレンジスマホ
2022年10月3日までの期間限定(延伸の可能性大)となりますが、IIJmioへのMNP / 音声SIMとのセットにて、「Motorola edge20 Fusion」が一括 税込 12,800円と、国内通販での端末単体の半値以下で...

▲▼一般的なミドルレンジのスマホ、上の記事で紹介の「Motorola edge20 fusion」との比較での、スペックの補足は以下です。

  • Snapdragon 695 5GのAnTuTu ベンチスコアは約39万。「Motorola edge20 fusion」のDimensity 800Uのスコア 約33万よりも高いスコアです。
  • ただし、約39万 vs 約33万では体感できない程度の相違ですが、いづれにしても普段使いではキビキビと動作します。
  • edge20 fusionは有機EL パネルですが、moto g52j 5Gは通常のTFT パネルです。ただし、120Hzのリフレッシュレートに対応しています(edge20 fusionは90Hz)。
  • edge20 fusionは eSIMに対応しており、IIJmioのeSIM プランが使用できます。
  • edge20 fusionの急速充電は33Wですが、moto g52j 5Gは15Wとおまけ程度。通常の充電と比較しても体感できない水準です。
  • edge20 fusionのメインカメラ 108百万画素に対して、moto g52j 5Gは50百万画素。カメラは画素数が高くとも、明暗なども含めて実機の画質で確認する必要があり、どちらがよいとは言い切れず。

まとめ

外観については割愛しますが、大きなリアカメラの「moto g52j 5G」と比較すると、シンプルなスタイルです。

2022年10月3日までの期間限定となりますが、IIJmio サイトではMNP / 音声SIMとのセット価格 一括 14,800円での販売です。一方、Amazonでの端末単体価格は 35,180円と約2万円の価格差があります。


IIJmio 公式サイト

 

▼こちらは国内通販での端末単体での販売情報

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました