無料のOSクローンソフト「MiniTool ShadowMaker」がデザイン刷新。Ver.4 無料版でOSクローン可能なことを確認してみた

2023年1月7日現在、サードパーティ製のOS クローンソフトでは、おそらくは唯一の無料版でOS クローンが可能な「MiniTool ShadowMaker 無料版」。2022年10月に、前バージョン 3.6にて OS クローンの手順の記事を投稿しましたが、バージョン 4.0となり 画面レイアウトや工程の画面が変更となっていますので、あらてめて 「MiniTool ShadowMaker バージョン 4.0無料版」でのOS クローンの手順を記載します。

なお、バージョン 4.0 無料版でOS クローンを完遂できることは、PC 実機で試してみて確認済です。

関連記事

吉報、MiniTool ShadowMaker 無料版で OSクローンが可能に。クローン手順を画像で概説

スポンサーリンク

MiniTool ShadowMaker 無料版のインストール

 

▼MiniTool 公式サイトのMiniTool ShadowMakerのページにアクセスします。

MiniTool ShadowMaker、公式サイト

 

▲▼公式サイトに上の画面がありますので、緑の「無料体験」を押下します。押下後、別の画面に遷移すると同時に「sm-free-online.exe」ファイルがダウンロードされますので、これを実行します。

1月7日現在、無料で対応可能なバージョンは 上のようにファイル名に「free」があります。公式サイトのダウンロードページには、ファイル名にfreeのない有料版のダウンロードとなるリンク先もあります。freeのないファイルでは、ライセンスを購入しないとOSクローンできないために注意しましょう

 

▼以下の画面にて「今すぐインストール」を押下します。

 

以降のブラックを背景とした画像は、15.6インチ 2.5K 解像度のPCでのスクショです。FHDの場合には 文字・アイコンのサイズ感は異なります。

 

▼ホーム画面ですが、初期設定は英語ですので 日本語に変更します。

 

▼ソフトの画面が大きい割にはフォントが小さく見づらいのですが、上の画面の右上に三本ラインのアイコンがありますので、これを押下し「Language」「Japanese」を選択します。

 

▼ソフトの再起動後に日本語に変更となりますので、ソフトを再起動します。

 

▼日本語表記となりました。

必要なパーツ、SSDの初期化などの前提事項

OSクローンにあたり、PCにSSDを2台 増設できない場合、以下の記事に記載のUSB 接続のSSD ケースが必要となります。

USB接続 SSD外付ケース、国内通販で販売のおすすめ製品 10選。OSクローンや外付け起動ドライブに有効利用
自宅には複数のUSB SSDケースが転がっていますが、これまで掲載の記事、先日 NVMe / SATA両用のM.2 SSDケースの購入時に製品を精査したことも踏まえ、国内通販からおすすめのUSB SSDケースをピックアップしました。...

 

▼上の記事にて掲載していますが、SSD ケースの事例としては以下などがあります。なお、2つめのSSD ケースは、無料のOS クローンソフトをダウンロードできます。

 

▼当サイトのOS クローンの記事を参照された方から 時おり「SSDを認識しない」との相談を受けるのですが、SSDの初期化を失念しているケースがあります。クローン前にSSDをPCに接続し、確認しておきましょう。

SSDを認識しない? SSDの購入直後に行うべき初期設定の手順(Win 10版)
当サイトで時おり相談を受ける事項の一つとして、「購入したSSDをWindows 10のエクスプローラーで認識しない」ことがあります。私が初めてSSDを購入した際にも同様の疑問だったのですが、購入直後のSSDは初期設定(フォーマットを...

OSクローンの手順

以下の記事は旧バージョンの手順です。工程は同様であるものの、画面レイアウトやデザインは、今回のバージョン 4.0への更新に伴い変更となっています。

吉報、MiniTool ShadowMaker 無料版で OSクローンが可能に。クローン手順を画像で概説
HDDとSSDのパーティション管理、データ復旧などソフトを多く展開する「MiniTool」。Windows システムのバックアップと復元を主な用途とする「MiniTool ShadowMaker」の無料版にて、Windows PCの...

 

▼左のメニューの「ツール」を押下し表示の右のコースのうち、「ディスクのクローン」を選択します。

 

▼クローンするソースディスクの選択画面です。内蔵あるいはUSB接続のSSD / HDDの一覧が表示されますので、クローン元のSSD / HDDを選択します。

 

▼ターゲットディスク(OSクローン先のディスク)の選択画面です。2つめの画像のとおり、OSをインストール、あるいはデータを保存している場合には、削除・初期化されますので、間違えて選択することのないよう 注意しましょう。右下の「開始」の押下により、OS クローンが開始となります。

 

▼OS クローンの進捗状況の画面です。下に経過時間・完了までの目安となる時間が表示されます。私の事例では、120GB(使用容量は50GB程度)のOS クローンでは 30分前後で終了です。

 

▲▼「警告」と表示されていますが、OS クローンの完了画面です。

起動時に元のディスクとターゲットディスクの両方がコンピューターに接続されている場合、Windows オペレーティングシステムによって 1つのディスクがオフラインとしてマークされることがあります。

 

スクショ内に上記の文言がありますが、これは以下の事例です。点線赤枠が元のディスク、実践赤枠がターゲットディスクですが、ターゲットディスクは「オフライン」とあり、エクスプローラーから見ることはできません。ただし、元のディスクをPCから取り外した場合、しっかりと起動ディスクとして機能します。

 

▼2つ上の画面で「OK」を押下後、下の画面 右下の「完了」の押下で OS クローンの完了です。

 

ThinkPad T550を macOS,Chrome OS,Windows 10のトリプルブート化。ブートの仕様と使い勝手の簡易比較
中古で購入した「Lenovo ThinkPad T550(15.6インチ、CPUはCore i5-5300U)に、HackintoshによるmacOS High Sierraを導入し、Windows 10とのデュアルブート化していま...

▲今回、私は上のリンク先記事の「Lenovo ThinkPad T550」にて 「MiniTool ShadowMaker 無料版」を利用し、SSDからSSDへのOS クローンを行いましたが、以下のステップを経て、しっかりと起動ディスクとして機能し、アプリや各種ファイルが保持されていることを確認済です。

  • コピー元、コピー先のSSDともに PCに内蔵していましたが、コピー元のSSDのPCからの取り外し
  • BIOSにて起動順位の確認、変更

まとめ

他社のOS クローンソフトも含め、シンプル操作のソフトが多いのですが、MiniTool ShadowMakerは無料版でOS クローンが完了するうえに、他のソフト以上に操作がシンプルなように感じます。ただし、今後も含めて以下に留意する必要がありそうです。

  1. ソフトの画面が大きく、私のPCに固有の事項かもしれませんが、レイアウトの崩れが生じたケースあり。
  2. 大手ブランドのSSDを使用する場合には、ブランドの公式サイトから OS クローンソフトを無料でダウンロードでき使用できます。一方、「MiniTool ShadowMaker 無料版」以外のサードパーティ製のソフトでは、有料版でのOS クローンとなります。
  3. 上記の意味では、MiniTool ShadowMaker 無料版は認知度アップ・販促用の位置づけと思われます。このため、ある日突然、無料版では OS クローンできなくなる可能性もあります。

 

▼上記2の大手ブランド SSDの、OS クローンソフト ダウンロードの事例

無料OSクローンソフト、大手SSDブランド4社のダウンロードサイトを確認しインストールしてみた
Windows 10 PCのSSDをより大容量のものに換装した際に必須となる「OSクローンソフト」。ところが、2020年4月あたりから、それまでOSクローンが可能だったEaseUS Todo Backup Freeなどのフリーソフト...

▼「MiniTool ShadowMaker 無料版」のダウンロードページはこちら。

MiniTool ShadowMaker、公式サイト

コメント

楽天市場 人気製品

タイトルとURLをコピーしました