MINISFORUM X400、デスクトップ向け Ryzen 7 PRO 4750G / Ryzen 5 PRO 4650G搭載のミニPCが正式販売に。5,000円オフのクーポン情報もあり

AMD Ryzen 7 PRO 4750G / Ryzen 5 PRO 4650G / Ryzen 3 PRO 4350Gを搭載するミニPC「MINISFORUM X400」が、公式サイトにて正式に販売されています。先行して、日本のクラウドファンディングサイト「Makuake」で出資を募っていましたが、目標額 10百万円の約3倍もの資金(購入)を集め、人気のうちに終了。コスパに優れたAMDのハイエンドのCPUを搭載し、メモリ 16GB、PCIe SSDを標準装備しており、人気となっていたのも納得です。

以前、以下の記事にて概要をお伝えしましたが、Ryzen 7 PRO 4750G / Ryzen 3 PRO 4350G版が追加されていますので、あらためての紹介です。

関連記事

MINISFORUM X400、AMD Ryzen 5 PRO 4650Gを搭載のミニPCがクラウドファンディングに登場予定

スポンサーリンク

MINISFORUM X400のスペック

上の分解写真を参照すると、かなり大きなCPUファンが備わっています。実機を確認しないとその静音性はわからないのですが、手元にあるMINISFORUMのミニPC 4製品は、概ね静音仕様。X400のファンの形状を見ると、ヒートシンクとファンの一体型であり、大きなファンの低回転で風量を稼ぐタイプ。以下のMakuake サイトを参照すると、通常時の騒音や約46dbとあり、特筆すべき静音性はないものの、こすスペックのPCとしては許容範囲の音量です。

Makuake サイト

 

X400の詳細スペックは以下です。

CPUAMD Ryzen 7 PRO 4750G / Ryzen 5 PRO 4650G / Ryzen 3 PRO 4350G
GPURadeon Graphics 7 / Radeon Vega 6 (4350G)
メモリ16GB (8GB x 2、デュアルチャンネル)
ストレージ256GB / 512GB PCIe SSD、M.2 SATA SSDと2.5インチ SATA SSDを増設可能
WiFi(WIFI6 AX200をサポート)
Bluetooth5.1
ポート類USB 3.0 x 4、USB Type-C、HDMI、DisplayPort、有線LAN x 2、マイク
サイズ154 ×153 × 62mm
OSWindows 10 Pro

CPUのRyzen 7 PRO 4750Gは8コア 16スレッド、Ryzen 5 PRO 4650Gは 6コア 12スレッド、Ryzen 3 PRO 4350Gは 4コア 8スレッド。いづれも、デスクトップ向けのCPUとなり、特に前者 2つは強烈です。

 

▼こちらは、MINISFORUMの製品紹介に掲載の「CINEBENCH R20」のスコア。Ryzen 5 PRO 4650Gは Core i9-9880Hと同水準となり、かなりのハイスコア。

 

▼私の感覚が掴みやすいように、Ryzen 7 PRO 4750GのGeekbench 5のCPUベンチマークスコアを、手元にあるCore i5 9500F / Geforce GTX1050 Ti搭載の「MINISFORUM H31G」、「M1 MacBook Air」のスコアと比べてみました。OSが異なるために比較しにくいですが、Multi-Coreのスコアは M1 MacBook Airをも上回っています

 

▼Geekbench 5の比較対象としたPCはこちら。MINISFORUM H31Gは、X400と同じボディを採用しています。

MINISFORUM H31G 実機レビュー、Core i5 9500F,Geforce GTX1050 Ti搭載の驚愕ミニPCは、ボディの造りと冷却も万全
デスクトップ向けのインテル 第9世代のCPU「Core i5 9400F / Core i5 9500F / Core i7 9700F」を搭載し、GPUに「NVIDIA Geforce GTX1050 Ti」を装備するハイエンドな...
Apple M1チップのMacBook Air、実機ベンチマークスコアと短時間利用の使用感。ライトユースでも体感できる快適なレスポンス
インテル製チップを大きく上回るレスポンスで高コスパなApple M1 チップのMacBook Air。最小構成のメモリ 8GB、SSD 256GB版を注文し、予定通りの期日に受領しましたので、まずはベンチマークスコアと短時間利用での...

 

▼私の自宅のネット環境は、高速を謳う Nuro 光にもかかわらず、100MBpsも出ずに活かすことはできないのですが、高速なWiFi 6に対応しています。

MINISFORUM X400の外観と機能

上の写真は、X400と同ボディのH31Gですが、約15cm角のミニPCとしては大きめとなり、スチールの素材で重厚感があります。MINISFORUMに共通する事項として、内部の作りは丁寧で、ケーブルなども内部で散らかることのないよう取り付けられています。

 

▼ストレージは、デフォルトの2280サイズのM.2 PCIe SSDのほか、2240サイズのM.2 SATA SSD、2.5インチのSATA HDD / SSDを、天板を開くことにより換装・増設可能です。上の画像はX400、下の写真は同ボディのH31Gですが、マザーボードは異なるものの、取り付け場所は同じようですので参照ください。

 

▼15.3cm x 15.4cmと、通常のミニPCよりも3cmほど大きいのですが、天板から大きなCPUファンが見えます。10〜12cm角はありそうなファンですが、大きく開いた天板・サイドの通風孔と相まって、よく冷えることでしょう。

 

▼スチール製の重厚感のあるボディですが、前面にUSB ポートがないのが惜しい。私のH31Gでは、ケーブルの長いUSB ハブを利用し、前面近くでUSBポートを利用しています。

まとめ

AMD Ryzen 7 PRO 4750G / Ryzen 5 PRO 4650G / Ryzen 3 PRO 4350Gを搭載する、ハイスペックなミニPC「MINISFORUM X400」。デスクトップ向けのCPUを冷やすために、静音性はそれほど高くないものの、このスペックでは許容範囲。高速なPCIe SSDと、メモリ 16GBを搭載しているため、ゲームでもある程度は活躍しそうなミニPCです。

 

▼3月28日時点のMINISFORUM 日本サイトでは、Ryzen 5 PRO 4650G / Ryzen 3 PRO 4350Gのラインナップとなっています。Ryzen 3 PRO 4350G版は、クーポン「SPRING-ELKt4350」の利用により 5,000円オフに。また、公式サイトのこちらのページでは、メモリ 16GB / SSD 512GB版が 68,980円とズバリ記載されています。

MINISFORUM X400

 

▼Amazonでも販売開始となりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました