MINISFORUM UM350、AMD Ryzen 5 3550H搭載のミニPCがリリース。ベアボーンの予約販売価格は 31,590円

MINISFORUMより、CPUにAMD Ryzen 5 3550Hを搭載するミニPC「UM350」がリリースされました。2020年8月あたりから Indiegogo サイトにてクラウドファンディングを行い、その後 正式リリース、2022年1月現在では終売となっている、同CPU搭載の同社ミニPC「MINISFORUM DMAF5」に近い構成です。

本製品は「MINISFORUM DMAF5」とポート類が異なり、また、サイズも僅かに異なりますが、DMAF5のリリースから約1年半を経過していることもあり、実質的に値下げし型番を変更したモデルと判断します。

販売元

MINISFORUM 日本 公式サイト

関連記事

Ryzen 5 3550H搭載で約45,000円のミニPC「MINISFORUM DMAF5」がIndiegogoで人気沸騰中

スポンサーリンク

MINISFORUM UM350のスペック

「MINISFORUM DMAF5」のクラウドファンディングを行っていた 2020年8月あたりでは、AMD Ryzenを搭載するミニPCは希少だったのですが、今となっては一般的なスペックです。

CPUAMD Ryzen 5 3550H、4コア8スレッド、最大 3.7GHz
GPURadeon Vega 8
メモリ8GB or 16GB DDR4
ストレージM.2 2280サイズ NVMe SSD、2.5インチ SSDを増設可能
WiFiDual Band
Bluetooth対応
ポート類USB 3.1 x 3、USB 3.0、USB Type-C(映像出力対応)、HDMI、DP、有線LAN
サイズ127 x 127.5 x 51.3mm
OSWindows 10 Pro

上表は「MINISFORUM DMAF5」の記事で掲載のスペック表に基づき編集しましたが、冒頭に記載のとおり、CPU・メモリ・ストレージの構成は同様で、ポート類が若干変更となっています(有線LAN 2個を1個とした程度。UM350のWiFi、Bluetoothの詳細は、現時点では確認できず)。

 

▼AMD Ryzen 5 3550Hのベンチマークスコアは、インテル 第8世代のCore i7-8550Uを上回っています。

 

▼M.2 SSDは画像では SATAとなっていますが、標準装備のSSDは NVMe対応のPCIe 接続です。同社の他のミニPCと同様に、2.5インチ SATA HDD / SSDを増設でき、メモリは2スロットです。

 

▼映像出力は、HDMI / Display Port / USB Type-Cの3系統

価格情報

メモリ / ストレージの手持ちがあることを前提としますが(Windows 10は Yahoo! ショッピングで安価で販売されています)、私としてはベアボーンがおすすめ。2022年1月15日現在では、予約販売(出荷は2月下旬)の11,000円オフの31,590円となっています。

 

MINISFORUM UM350

 

▼こちらはメモリ 16GB、SSD 256GB、Windows 10 proとのセット。42,590円とAmazonでの販売よりも 約7千円安くなります。

UM350、メモリ 16GB / SSD 256GB版

 

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました