MINISFORUM U820/U850、Core i5 8259U/i5 10210Uを搭載、 2.5インチ SSDを2基増設可能なミニPCがリリース

Amazonなどにて、エントリークラスからハイエンドまで多くのミニPCを展開する「MINISFORUM」より、インテル 第8世代のCore i5 8259Uを搭載する「U820」、第10世代のCore i5 10210Uを搭載する「U850」が公式サイトにてリリースされました。ボディは共通となり、公式サイトでの共通仕様は メモリ 16GB、PCIe SSD 256GBあるいは512GBを装備します。さらには、上の画像のとおり、2.5インチ SATA HDD/SSDを二基搭載可能であることが大きな特徴。

公式サイト情報

日本語ページ

英語ページ

スポンサーリンク

MINISFORUM U820 / U850のスペック

上の画像のとおり、Geekbench 5のCPUベンチマークスコアでは、Core  i5 8259U / Core i5 10210Uともに、Core i7-8550Uより高スコア。私の同水準のCPUとPCIe SSDの使用感では、データ量が10万行ほどのExcelやAccessにおいても、遅さを感じることなく快適に動作します。

以下は公式サイトで販売のスペックとなり、メモリ・SSDの容量は、今後 Amazonで販売される場合には異なる仕様となることがあります。

CPUCore  i5 8259U (U820) / Core i5 10210U  (U850)
GPUIntel Iris Plus Graphics 655 (U820)、 Intel  UHD Graphics (U850)
メモリ16GB (8GB x 2、デュアルチャンネル)
ストレージM.2 2280 256GB / 512GB PCle SSD、2.5インチ SSD / HDDを2基 増設可能
WiFi11a/ac/b/g/n
Bluetooth 5.1
ポート類HDMI、Display Port、USB Type-C (映像出力対応)、有線LAN、USB 3.1 × 4、USB Type-C(データ専用)
サイズ127 × 127 × 53.1mm
OSWindows 10 Pro
その他内部へは天板のワンタッチでアクセス可能

 

▼Core  i5 8259U (U820に搭載) のGeekbench 5のCPUベンチマークスコアは、シングルコア 1016、マルチコア 3933(見出し下の画像を参照)。参考として、私が所有のミニPCより、Core i3 1005G1搭載の「MINISFORUM X35G」、Core i7-8565Uのスコアを掲載します。

U820は体感レスポンスに直結するシングルコアではやや劣り、マルチコアでは大きく優勢。いづれにしても、負荷の激しいゲームや動画編集など以外では、遅さを感じずに快適な水準です。

 

▼いづれも4コア8スレッドのCore  i5 8259U / Core i5 10210Uですが、世代の相違もありTDPが大きく異なります。

 

▼私が所有するMINISFORUMのミニPC 3製品からの判断では、内部の造りがしっかりしていることは、同社のミニPCに共通する事項であり、U820 / U850の場合にも、イメージ画像を見ての判断では、2.5インチ SSD / HDDのフレームは金属製、ヒートシンク・CPUファンも簡易的なものではなく、4コア8スレッドのCore  i5 8259U / Core i5 10210Uに見合うもの。

▲▼CPUファン・ヒートシンクの構成は、下の写真のMINISFORUM X35Gと同様の構成に見えます。X35Gが静音仕様であり、U820 / U850も静音性に期待。

 

▼X35Gのレビュー記事はこちら。

MINISFORUM X35G 実機レビュー、Core i3-1005G1に高品質ボディと静音性で人気となる予感。Amazonでも販売に
Amazonでも販売している「MINISFORUM」のミニPC。ミニPC専門ブランドとして、エントリークラスからハイエンドまで多くのランナップがありますが、Indiegogoサイトにて 10月14日からクラウドファンディングを開始の製品...

MINISFORUM U820 / U850の外観と機能

上の実機の写真を見ると、以下の記事でレビューのUM300の色違い、Amazonで販売の「DMAF5」と同ボディとも思いまいたが、U820 / U850は2.5インチ SDD / HDDを2基搭載できるため、若干高さがあります。

なお、スペックの最下段に「内部へは天板のワンタッチでアクセス可能」と記載したとおり、上の右下の写真の赤の箇所の押下で天板が開き、メモリスロット、2.5インチのベイにアクセスできます。このワンタッチで開く仕様は以下のUM300と同じ仕様です。

MINISFORUM UM300 実機レビュー、Ryzen 3 3300U搭載でベンチマークはCore i3-8145U以上、静音仕様のミニPC
最近、私が注目している「MINISFORUM」のミニPC。同社はミニPCに特化し、エントリークラスからミドルレンジをメインに20製品以上をリリースしていていますが、このうちミニPCとしてはハイエンド寄りの製品が AMD Ryzen ...

 

▼MINISFORUMのミニPCの製品紹介では、内部の構造の写真を掲載していることも多く、参考になります。下の写真では、16GBのメモリは8GB x 2のデュアルチャンネル、M.2 SSDスロットはマザーボード前面にあることがわかります。

 

▲▼ディスプレイへの映像出力は、HDMI / Display Port / USB Type-Cの3系統、その他のポート類も、USB x 5、有線LAN x 2と豊富であり、同社のミニPCに多いリセットホール(Clear CMOS)も搭載されており、まさかのフリーズにも対応しています。

まとめ

ミニPCとしてはハイエンドなCPUとメモリ 16GB、PCIe SSDと手堅くまとまった「MINISFORUM U820 / U850」。ミニPCとしては珍しく、2.5インチのSSD/HDDを2基搭載可能であることも大きな特徴。2021年2月5日時点では公式サイトでの予約販売の扱いであり、出荷は4月1日以降となります。

 

▼公式サイトの販売情報はこちら。Core  i5 8259U、メモリ 16GB、PCIe SSD 256GBの最小構成の価格は 63,980円。2月5日時点の日本サイトでは、先着60台が5,000円オフとなるキャンペーンを開催中です。なお、英語サイトは先着100台が50ドルオフとなります。

日本語ページ

英語ページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました