AMD Ryzen 5 5600X搭載の「MINISFORUM GameMini」詳細情報。RAM 32GB、6つのファンを備える奇抜なデザインに価格も強烈

MINISFORUMからリリースされた 「GameMini」。上の画像のとおり 奇抜なデザインで、CPUにはゲーミング向け最強と謳う 6コア 12スレッドのAMD Ryzen 5 5600Xを搭載し、GPUはRadeon RX 6700 XT、メモリ 32GB、マザーボードには GIGABITEのB550I AORUS PRO AXを採用しています。

さらには、電源も含めると 備わっているファンは合計 6個もあり、金属製のフレームとヒートパイプなどにより冷却対応にも抜かりはありません。

先日、速報ベースでお伝えしましたが、詳細スペックや細部の画像も含めて、あらためての紹介です。

公式サイトの販売ページはこちら

Game Mini 販売情報

スポンサーリンク

GameMiniのスペック

以下の記事にて速報ベースでお伝えし、その時点では写真右のスペースには何もなかったのですが、なんと写真左の3連装のファンを装備しています。CPUのファンは二段階になっており、電源も含めると合計 6個のファンを装備。全ては同時に動作することはないにしても、外枠のないボディも含めて強烈すぎる構造です。

AMD Ryzen 5 5600X、RAM 32GB搭載のMINISFORUM GameMiniが発売予定、マザボはGIGABYTE B550 チップセット

CPUAMD Ryzen 5 5600X、6コア 12スレッド、最大 4.6GHz
GPURadeon RX 6700 XT、Gaming OC 12GB
マザーボードGIGABYTE B550I AOURUS PRO AX
メモリHyperX DDR4 16GB×2 デュアルチャンネル
ストレージKingston KC2500 1TB, 2280サイズ NVMe SSD
WiFi / BluetoothWiFi 6 AX200,  Bluetooth 5.1
電源SilverStone SX650-G 650W
ポート類画像を参照
サイズ180 × 190 × 34.5mm (高さは345mmの誤植と思われます)
OSWindows 10 Pro

 

▼大きな画像はクリックして拡大できますが、ポート類も強烈です。HDMIが3個に、DisplayPortが5個も備わっています。

 

以降でCPUなどのスペックを個別に見ていきます。

CPUは 6コア 12スレッドのAMD Ryzen 5 5600X

CPUは 「世界最速の6コアプロセッサー」を謳う、6コア 12スレッド デスクトップ向けの「AMD Ryzen 5 5600X 」。私はゲーミングのベンチマークに詳しくないのですが、消費電力などを考慮した場合 Core i5-11600Kよりも優位とあります。

 

MINISFORUM 公式サイトでは、3DMark、CINEBENCH R20などの多くのベンチマークスコアが掲載されていますが、「Performance Test」のスコアは以下です。PASSMARKの全世界的な平均が4028、最高が1309に対して、Game Miniのスコアは7947。

GPUは GIGABITE Radeon RX 6700 XT

GPUのRadeon RX 6700 XTは、12GB GDDR6 192-bitのメモリインターフェイスを備え、メモリスピードが384 GB/s、Memory Clockが16000 MHz。Boost Clockは最大2622 MHzまで、Game Clockは最大2514 MHzまで対応しています。出力インターフェイスはHDMI2.1 × 2 、DisplayPort 1.4a×2を備え、4画面の同時出力に対応しています。

 

「オルタネート スピニングファン」と表現されていますが、GPUには3つのファンが備わっています。ファンの羽根の表面には3Dカーブがあり、さらには隣接するファンを逆方向に回転させることにより、ファン間の空気の流れる方向が同一となり、乱気流を軽減することができます。

この効果的なエアフローに加えて、PCの低負荷時にはファンは動作せず、静音性も兼ね備えているようです。

マザーボードはGIGABYTE B550I AOURUS PRO AX

中国新興ブランドのPCにおいて、GIGABITEなどのメジャーなマザーボードを採用することはなかったのですが、厳選したパーツにあわせて、マザーボードはGIGABYTE B550I AOURUS PRO AX。大型ヒートシンクにヒートパイプと安心感もあります。

 

CPUファンの構成も ①の120mm、②の92mmに加え、④の6つのヒートシンクと豪華な仕様。気になるファンの騒音ですが、①は最大 31dB、②は最大 33dBと抑えられています。

GameMiniの外観

これまでの画像で明らかですが、金属製のフレームのみのボディ、そのスペックからしても一般向けではありませんが、これまでにないスタイルです。各種パーツが剥き出しのため、埃などに気を遣う必要がある一方、メンテナンスは行いやすいですね。

ただし、これほどのスペックであり、メモリも32GBを標準装備、SSDを増設する余地もないため、メンテナンス・カスタマイズを行う必要性もありません。

 

▼右上の画像を見ると、ヘッドホンをぶら下げるフックも備わっています。製品情報のサイズは 180 × 190 × 34.5mmとありますが、どう見ても異なるような。180 x 190のスクエアではないため、180 x 190 x 345mmが正解でしょう。

価格情報

スペックも豪華であれば、価格も強烈です。5月19日時点では予約販売を行なっており、6月末の出荷予定となりますが、先着10名の2万円オフクーポンを利用後の価格は 269,000円。PCやスマホでゲームを行わない私としては、高いと見るか、スペックとの相対では安いと見るか、評価しがたい価格です。

公式サイトの販売ページはこちら

Game Mini 販売情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました