広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

MicrosoftがWin 10 MobileユーザーにAndroidかiOSへ移行推奨するも、ユーザーとしては今さら感あり

「マイクロソフトがWindows 10 MobileユーザーにAndroidかiOSへの移行推奨」を見出しとした記事が、大手サイトから相次いで投稿されれいます。

2019年12月10日にWindows 10 Mobileのサポートの終了が予定され、これによりMicrosoft サポートでは、Windows 10 Mobile の更新プログラムや修正プログラムが公式に提供されなくなるために、マイクロソフトが公式にAndroidかiOSへの移行を推薦するものです。

しかし、Windows 10 Mobile スマホを所有する私としては、これまでもサポートはないに等しい状況であったため、この「サポート終了予定」のアナウンスには今さら感があります。

今回はこの「サポート終了予定」に対する、Windows 10 mobile ユーザー(実際には全く利用しておらず、Windows 10 mobile スマホの所有者)としての雑感を記載します。

 

※ 冒頭の画像は私が所有するWindows 10 mobileスマホ「Freetel KATANA02」です。

 

関連記事

マイクロソフトWindows PhoneユーザーにiPhoneかAndroid移行推奨(Yahoo ニュース)

スポンサーリンク

皆無に等しい、Windows 10 mobileのアプリ

Windows 10 mobileのOSやedgeは、粗削りであるものの動作が軽く、Windows 10 mobileが盛り上がりつつあった2015年末から2016年にかけては今後の動向に期待していたのですが、当初から、Windows 10 mobileのアプリは皆無に等しい状況です。より具体的には以下のとおり。

 

  • Andorid / iOSでリリースのサードパーティーのほとんど全てのアプリは、Windows 10 mobileでのリリースなし。あるいは、Windows Phone時代にリリースされたアプリから更新されていない。
  • Google 関連アプリは一切なし。Amazonは何とか使える程度。
  • 使えるアプリとして、One Drive、edge、WordなどMicrosoftのリリースするアプリのみ。
  • ただし、使用頻度が最も高いedgeのお気に入りは同期せず、Yahooサイトなど多くの大手サイトはスマホサイトを閲覧できずにPCサイトの閲覧となる。レスポンスとしては軽めなedgeですが、これは大きなデメリット。

 

上記のような状況では、今回の「サポート終了予定」がアナウンスされる以前から、私と同様にWindows 10 mobileの使用を諦め、多くのユーザーがAndroid / iOSに戻っていることでしょう。

 

▼ Windows 10 mobileのedgeにて開いたYahooサイト。

Windows 10 mobileのedgeでは多くの大手サイトのスマホサイトを閲覧できず、これは不便極まりない状況。大手サイトとしての利用者の少ないWindows 10 mobileのedge向けにスマホサイトを作成するコストをかけたくないとのことだと思います。

以前からサポートがほとんどない状況

上記のとおり、Windows 10 mobileには使えるアプリがほんとんどないことから、私は2年前の2017年2月にWindows 10 Mobile スマホの使用を諦めています。

関連記事

アプリが少なすぎる、Windows 10 スマホの運用1年で利用を諦めた背景

 

皮肉っぽい記載となりますが、冒頭に記載した「サポート終了予定」とのアナウンスに今さら感ががある理由としては、ズバリ 既にサポートがない状況に等しいこと。

リリース直後の機能・メニュー構成から大きな変更もなく、上記のとおりedgeにしても「お気に入りが同期しない。多くのスマホサイトを参照できない」など、使い勝手のよくないままとなっています。

このことからも、この1年はWindows 10 mobileの情報に疎くなっていたのですが、既にサポートを終了しているものと思いこんでいたほどです。

Windows 10 mobileのOSの更新自体はこの2年間であったようですが(今回、久しぶりにじっくり操作してみると、更新情報があったことを今さらながらに確認。本日更新しました)、アプリは上記の状況ですので、更新を確認しようと思う気持ちすら生じません。

 

▼本日更新したWindows 10 Mobileのバージョンは1607

参考、興味をひくサポート終了のFAQ

こちらも皮肉っぽい記載となるのですが、ここで興味をひくのは以下のMicrosoft公式のサポート終了のFAQ。

Windows 10 Mobile のサポート終了: よくあるご質問

 

スマホやWindows 10 mobileに慣れていない方向けだと思いますが、以下のような初歩的なFAQが記載されています。

  1. Windows 10 Mobile がインストールされているかどうかを確認する方法はありますか?
  2. Windows 10 Mobile 搭載のスマートフォンを購入しましたが、スマートフォンを返品して払い戻しを受けることができますか?
  3. Windows 10 Mobile のサポート終了によってどのようなことが起こりますか? の問いに対し、「サード パーティのサポート プログラムや有料のサポート プログラムでは、継続的なサポートが提供される場合があります」の一文あり。

 

1について、個人ユーザーの場合にはお持ちのスマホがWindows 10 mobileか否かは認識しているはずですので、会社からスマホを支給された法人ユーザーに向けたものでしょうね。

2の払い戻しについては、「払い戻し」との発想自体が面白いのですが、FAQの回答にあるとおりMicrosoftはデバイスの製造も販売も行っていないので無理です。サードパーティー製の払い戻しもありえないですね。絶対にないことですが、これがiOS / Androidが他OSのスマホへの移行を推薦する事態になると、どれほど大きな問題となることか。

3の「サポート プログラムや有料のサポート プログラム」がどのようなものか、どれほどのニーズがあったものか気になります。

まとめ

Microsoftから異例の「Windows 10 MobileユーザーからAndroidかiOSへの移行推奨」がアナウンスされましたが、現在 Windows 10 Mobile スマホをメインとして使っている方はほとんどいないのではないでしょうか。

Windows 10 mobile スマホを所有する私としての感覚では、以前から「サポートがないに等しい」状況であったため、ユーザーが少ないこととあわせ サポートを終了してもほとんど影響がないとの認識です。