Mi Watch 日本語対応版が販売に。1.39インチ AMOLEDパネル搭載、100種類以上の文字盤に対応

2021年5月4日時点、国内通販では販売されていない「Xiaomi Mi Watch」ですが、海外通販のAliExpressでは日本語対応したバージョンが販売されており、Xiaomi 日本サイトでも日本語対応版が正式に案内されています。

1.39インチの高解像度のAMOLED パネル、ハイエンドのGPSチップ、100種類以上の文字盤、血中酸素レベルの測定など、多くの特徴を持ちあわせたスマートウォッチです。

引用元

Xiaomi 日本 公式サイト

AliExpress , Mi Global Store

スポンサーリンク

Mi Watchのスペック

上の画像では、1.39インチの本体はかなり大きいように見えますが、同サイズのAmazfit GTRをメイン利用している私としては、それほど大きいとは感じず(慣れもあります)。大きさよりも視認性のよさの利便性が上回っています。

スクリーン1.39インチ, タッチパネル、AMOLED解像度 454 x 454
Chip未確認
RAM、ROM16MB RAM / 1GB ROM
対応OSiOS 10.0以上、Android 5.0以上
Bluetooth5.0
位置測定GPS / GLONASS / BDS / GALILEO
バッテリー420 mAh
サイズ(本体)45.9 x 53.3 x 11.8mm、32g
アプリXiaomi Wear Lite(iOS)、Xiaomi Wear(Android)
その他17のスポーツモードに対応

 

(上位機)

(エントリー機)

 

私が実機レビューしたスマートウォッチは上記などがありますが、上位機とエントリー機の大きな違いは、GPS搭載の有無、スクリーンの解像度の2点。

Mi Watchは、1万円台前半の価格からも上位機に属しますが、特にAMOLEDパネルと、454 x 454の高解像度は大きなメリット。エントリー機では 特に文字の粗さが目立ちますが、454 x 454ともなるとスマホと同様に滑らかな表示です。

 

▼Mi Watchは、AliExpressの複数のショップから販売されていますが、以下の画像のように「日本語対応」と明記されていないショップもあります(文末、こちらのショップでは明記されています)。

 

▼5,000円前後のエントリー機との大きな違いは、GPS搭載の有無とディスプレイの解像度。Mi WatchはGPS搭載(4つの位置測定システム)、454 x 454の高解像度で表示は滑らか、しかも 明暗のコントラストに優れたAMOLED(有機EL)パネルを搭載しています。

 

▼Amazfitシリーズと比較するとやや劣りますが、通常の使い方(一般的には ややヘビーな使い方)で 16日間のバッテリー持ちと十分です。

 

▼100種類以上の文字盤に変更可能であることは、Xiaomiならでは。

 

▼ウォッチケースは、ベージュ・ネイビーブルー・ブラックの3色、バンドは6色の展開です。

Mi Watchの機能

Mi Watchの機能については、画像に基づき補足します。

 

▼利用するアプリは、iOSが「Xiaomi Wear Lite」、Androidが「Xiaomi Wear」。私が使用経験がないためにノーコメントですが、Xiaomi関連のスマートウォッチ・スマートバンドでも、「Xiaomi Wear」、「Mi Fit (Band 5など)」、「Zepp(Amazfitなど)」と複数あり、できれば統一して欲しいものです。

Xiaomi Wear Lite

Xiaomi Wear Lite
開発元:Beijing Xiaomi Co., Ltd
無料
posted withアプリーチ

 

▼「シャワーとプールで適用可能な5ATMの耐水」、「トライアスロン、水泳、HIIT など、17 種類のプロ向けワースポーツモードと 100 種類のスポーツモードをサポート」とあります。「100 種類のスポーツモード」とは、例えば球技においては、サッカー・バスケ・卓球・野球・バレーボードなど個々の球技をカウントしています。

 

▼エントリー機でも搭載している製品もありますが、血中酸素濃度の計測や、24 時間のリアルタイム心拍数モニタリングにも対応しています。

 

▼こちらも一般的な機能ですが、睡眠計、ストレスモニタリング、呼吸トレーニングにも対応しています。また、製品紹介には記載がありませんが、SNSなどの各種通知、腕を上げての画面表示オン、iPhoneを探すなどの基本機能も もちろん装備していることでしょう。

まとめ

以下の画像のとおり、5月4日時点では 約13,000円で販売の「Mi Watch」。高解像度のディスプレイと、100種類もの文字盤のカスタマイズ性、多くの機能などから、1万円台のミドルレンジからハイエンドのスマートウォッチをお探しの場合、Amazfit GTRシリーズ、Huawei Watchとともに候補になる製品です。

 

▼日本語対応版のMi Watch。5月5日時点では在庫のある色はブルーとベージュのみです。

Mi Watch (AliExpress)

 

▼こちらはAmazonで販売の「Mi Watch Lite」。海外通販では 6,000円前後で販売されているのですが、日本語版の販売は、私が探した範囲ではAmazonのみ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました