ワイドモニターでのMacにて、任意の場所でメニュー展開できる「MenuMate」を使ってみた。左上メニューの大きな視線移動の解消に

40インチのワイドモニターで Macを使い始めたのですが、メニュー項目が左端にあるために視線移動が大きく非効率になっています。そこで使用したのが定番アプリとも言うべき「MenuMate」。デスクトップ上の任意の場所で、キーボードのショートカットキーにより、Finderや各種アプリのメニュー項目を呼び出すことができます。

なお、私はM1 MacBook Airで動作確認を行い、普通に動作していますが、MenuMateの更新は2016年で止まっています。同時に試してみた「Menuwhere」が、フォントサイズを変更できることも含めて、使い勝手がよりよいです。

関連記事

Menuwhere、Macの任意の場所でメニュー項目を表示可能な便利なアプリ。起動中アプリの全メニュー表示も可能

スポンサーリンク

ワイドモニターでのメニュー項目の表示について

私がMacで利用中の40インチ ワイドモニターは、上の写真・下の記事で実機レビューの製品ですが、メニュー項目の位置関係について、参考までに記載します。

innocn 40インチ ウルトラワイドモニター 実機レビュー。明るさ、Macの色合いとの相性も抜群、M1 MacBookに給電しつつのType-C出力も可能
今回レビューする製品は、Amazonで展開している「innocn」社の40インチモニター「WR40-PRO」。大型のワイドモニターでは、34インチの平面、あるいは曲面の製品が主流ですが、同社は44インチと40インチの製品を販売してい...

 

▼上の画像は 13.3インチ M1 MacBook Air、下の画像は40インチ ワイドモニターの画面ですが、Finderやシステム環境設定、各種アプリのメニュー項目が左上にあります。このため、視線移動・顔の移動が大きくなり非効率となっています。これを補い、画面の任意の位置でメニュー表示できるアプリが「MenuMate」、「Menuwhere」です。

MenuMateのインストールと使い方

当記事では「MenuMate」のみの紹介ですが、冒頭に記載のとおり、フォントサイズを変更可能な「MenuWhere」もよいアプリです。

 

▼610円とアプリとしては安くはないのですが、効率化できること考慮すると価格に見合うもの。ただし、別記事で紹介予定の「Menuwhere」がより安くなっています。

MenuMate カテゴリ: 仕事効率化 現在の価格: ¥610

 

▼「Menuwhere」はこちら(海外サイト)から、トライアル版をダウンロードできます。

Menuwhere ダウンロードサイト

 

▼起動直後に表示の以下の画面にて、「ユニバーサルアクセス設定をオープンする」を押下します。

 

▼「システム環境設定を開く」を押下します。

 

▼「セキュリティとプライバシー」の画面にて、「MenuMate」へのアクセスを有効化します。

 

▼タコのアイコンが「MenuMate」ですが、メニューバーに常駐します。

ホットキーの割り当て

初期設定では「Command + Z」キーが、メニュー表示に割り当てられていますので、必要に応じて変更します。

私は初期設定では、キーボード設定がやや窮屈なため「Command + A」に変更しています。

 

▼割当変更はアイコンをクリックし、「ホットキーコンビネーション変更」で行います。

 

▼マウスの右クリックなどでのメニュー呼び出しにも対応しています。

 

▼マウスの設定画面ですが、私が使用しているロジクールのBluetooth マウス、他のUSB マウスでは反応せず。他サイトの情報を参照しても、マウスボタン設定の記述が少ないのは、私と同様に反応しないためだと思われます。

MenuMateによるメニューの表示事例

 

▼上の画像は13.3インチのM1 MacBook Air、下の画像は40インチ ワイドモニターで Finderの同じメニュー項目を表示したもの。ポインターの任意の位置での、ホットキー押下により展開することができます。

 

 

▼こちらは「MenuMate」ではなく、「Menuwhere」にてフォントサイズを拡大して表示したもの。40インチでの見やすさは断然 こちらがよいです。

 

▼「MenuMate」で ChromeのBookmarkを展開。大画面で展開することができます。

 

 

▼Chromeのメニューを展開したものを拡大。左上のメニューと比較すると、一部のアイコンが非表示になっていますが、項目構成などは同じです。

まとめ

40インチ ワイドモニターにて、Finderや各種アプリの左上のメニューの展開に かなり不便さを感じていたのですが、「MenuMate」で解決。任意の場所でのホットキーによりメニューを展開することができます。

ただし、「MenuMate」の購入後に「Menuwhere」の存在に気が付いたのですが、老眼の私には フォントサイズを拡大可能な「Menuwhere」がよりよいものです、

 

▼引用した「Menuwhere」の使用感はこちら。フォントサイズの変更、マウス操作の確実性など、「MenuMate」よりも機能は豊富

Menuwhere、Macの任意の場所でメニュー項目を表示可能な便利なアプリ。起動中アプリの全メニュー表示も可能
ワイドモニターでMacを使用する場合、困ってしまうのが Finderや各種アプリのメニュー項目が左端にあるために、視線移動が大きくなること。先日、ポインターの任意の場所でのホットキーにより メニュー項目を表示する「MenuMate」...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました