MacBook Air 11のロジックボードをDIYで難なく交換。ポイントなどを整理してみた

ビープ音3回の起動しない状態から、ヒートガンのリフローにより一時は復旧したMacBook Air 11 mid 2011ですが、ビープ音3回が再発。再びリフローしても再発する状態であったため、本日 ヤフオクで安価にて購入したロジックボードに交換しました。

分解については以下のリンク先の「分解工房」さんの記事が異様に詳しいため、ここではロジックボードの入手先なども含め、ポイントを記載します。

 

関連記事

ビープ音3回のMacBook Airがヒートガンのリフローで復旧、問題なく稼働中(後に再発)

参照記事 私のMBA 11とは年式が異なりますが、分解過程は同じです。

「分解工房」MacBook Air 11 Mid 2012のロジックボード交換

スポンサーリンク

ロジックボードを交換したMBAと起動しない状況

今回 ロジックボードを交換したMacBook 11はヤフオクで購入したジャンク品。「起動することもある」と記載のある、mid 2011 CTOモデルのCore i7 2677M 1.8GHz。

詳細は以下の記事に記載していますが、ビープ音3回やら起動したかと思うと画面の市松模様やカーネルパニックやらと、ほとんど起動したことのないものでした。

起動しないMacBook Airの状況、復旧にむけて試してみたこと
先日、ジャンクなMacBook Air 11を某オークションで落札。起動不良のジャンクと知りつつ、情報を集め検討したうえで「これなら直せるかも」と安易な考えで落札したのですが、起動中のエラーやビープ音3回の繰り返しで、起動する気配が...

 

これを何とかDIYによるヒートガンでのリフローで復旧させ、BootCampによるWindows 10での運用までこぎつけたのですが、「(ヒートガンに限らず)半田クラックをリフロー修理した場合には、再発する可能性がかなり高い」と多くの記事や、修理の見積もりを依頼した修理業者のコメントどおり、私のMBAも約半年ほどでビープ音3回を再発し、3度ほどリフローしたものの復旧せず。

ビープ音3回のMacBook Airがヒートガンのリフローで復旧、問題なく稼働中(後に再発)
ヤフオクで購入した、ビープ音3回の頻発、あるいは「進入禁止マーク」「市松模様」のブロックノイズで起動しなかったMacBook Air 11 mid 2011(core i7、RAM 4GB)ですが、ダメもとで行ったヒートガンのリフロ...

 

一般的な中古ロジックボードの入手先と留意事項

自分で中古ロジックボードを購入する場合、その入手先が限定されるのですが、私が3ヵ月ほどウォッチしていたのは以下の2サイト。いづれも、「MacBook Air ロジックボード」での検索結果です。

 

eBayで留意するポイントは以下

  • 「Parts Only」とあるものはジャンク品(起動しないなどの問題あり)のために安く販売しており、手出し無用です。
  • 「Refurbished」とあるものは補修履歴があることも想定されるため、避けたほうが無難。
  • 購入するなら「Pre-Owned」「Fully tested」と記載のある商品。さらに、Macのパーツを多く扱う業者(その他の出品で確認できます)や、なかには起動時の画面の写真を掲載しているものもあり、それらはさらに安心。
  • 本体価格以外に送料(3,000円前後)、関税(2,000円弱)が必要となりますが、これらを加算しても、ヤフオクより安い中古品が多数あります。

 

一方、ヤフオクの場合には、特定の業者1社から大量に販売されており、しかも安心・確実のように見受けられるのですが、やや高価。極まれに個人から中古良品と思われるもの(おそらくは、ディスプレイなど、他のパーツがジャンクな本体からマザーボードのみを取り出したもの)が格安で販売されていることもあります。私はこの中古良品と思われるものを購入。

私が購入したロジックボード

▼私はヤフオクにて「通電・稼働確認済」と明記のあったものを12,000円で購入。このような安価で販売していることは滅多になく、特定の業者から販売されいる中古はこの倍以上となります。

▲もとのロジックボードはCTOモデルのCore i7 / メモリ 4GBでしたが、Core i5 / メモリ 4GBにスペックダウン。Core i7のロジックボードは探すのが困難なほどに流通しておらず、また高価です。

 

▼今回購入したロジックボードを拡大。見た目にはかなり綺麗な良品です。もちろん、記事にしているぐらいですから、しっかりと稼働します。

 

▼交換前後のロジックボードを比較。上が今回購入、下がビープ音3回のロジックボードです。下のボードは汚れがありますが、リフロー後のグリスの塗り方が下手だったためで、他のパーツにも付着しています。

▲同じMid 2011のロジックボードですが、赤丸のSSD取付用のネジが異なっていました。ネジを持っていなかったので、ネジ締めなしとしています。

 

用意する工具など

MacBook Air 11の交換に要する工具などは以下です。

 

  • トルクス T5、星型 1.2のドライバーは必須。
  • コネクターを外すためのヘラがあったほうがよい。
  • 必要に応じて虫メガネ。ピンを外す箇所が多いのですが、パーツが小さいためにピンが外れたものか目視しにくい状態です。私は手探りとスマホの写真を拡大し確認しました。

 

iPhone / MacBook Airの分解に。ドライバー他 38個のセットを千円ほどで購入
起動しないMacBook Airの分解のために特殊な工具が必要となり、Amazonで千円ちょっとで購入したのが、「38 in 1 特殊ドライバーセット」。その名のとおり、30種類の特殊ドライバーの他、ピンセット、スマホの分解に欠かせ...

▲▼私が購入したドラバーセットは、2018年9月1日時点では品切れ中のため、500円ほど価格がアップするのですが、同製品のリンクです。

 

ロジックボード交換のポイント

冒頭に記載のとおり、「分解工房」MacBook Air 11 Mid 2012のロジックボード交換にて工程の全てがわかりますので、ここではポイントのみ記載します。

特に、ピンが外れたかどうかがわかりにくため、ピンの拡大画像を中心に表示しています。

 

▼小さなネジが多数あるため、裏蓋・バッテリー・ヒートシンクなどのパーツ毎にネジを小分けにしておくべきです。

 

▲▼初めてロジックボードを取り外す際には、このディスプレイケーブルのピンがどこにあるのかわからず手こずりました。画像中央でピンが立っていますが、ピンを外した状態です。

 

▼Wi-Fiカードのコネクタ2本を外したところ。外すのは簡単ですが、小さいために接続は手探り状態です。

 

▼バッテリー(中央右の大きなもの)とキーボード(中央下)の接続部分。双方ともに簡単です。

 

▼スピーカー接続部分。本来ならコネクタ全体が外れるのですが、コードのみ外れてしまいました。このためコネクタのみを外して対応したのですが、小さすぎてやや苦労。

 

▼ロジックボードを取り外す際に外したパーツ。

左はファン、右は下から順にSSD、Wi-Fiカード、ファンの電源コード。

 

▲▼難なく取付完了

 

▼交換後はもちろん ビープ音もなく一発で起動。キーボード上にあるのは交換前のロジックボードです。

まとめ

MacBook Air 11のロジックボード交換のポイントは以下となります。交換の難易度は高くないのですが、大きなポイントはいかにして程度のよいロジックボードを安く入手するかにつきます。

  • ロジックボードの入手先は海外も含めると複数あるものの、価格が安いのはeBayあるいはヤフオク。
  • mid 2011などの年式に応じパーツ・ネジ類が異なるため、交換前と同じ年式のロジックボードが必要。
  • 交換に際し、トルクス T5、星型 1.2のドライバーは必須
  • 難易度的には難しいものではない。iPhoneのバッテリー・ディスプレイ交換とは比較にならないほど簡単。苦労するのはネジ・コネクタ・ピンが小さいこと。
  • 初めての場合にも、「分解工房」さんの記事に従えば(事前に予習していれば)、30分もかからずロジックボードの取り外しが可能。交換も含めれば1時間ほど。

 

▼私はMacBook AirをBoot CampによるWindows 10にて運用しているのですが、ロジックボード交換によるWindows 10 OEM版のライセンス再認証はオンラインで難なく完了しました。

Win 10 OEM版、ハードウェア交換後のラインセス再認証は難なく完了
ビープ音3回で起動しなくなったMacBook Air 11のロジックボードを交換し、再びBoot CampでのWindows 10の運用を始めた私。ロジックボード交換後のWindows 10 OEM版の運用に際し、懸念していたのがW...

 

コメント