Huawei Matebook 13、MacBook Air対抗の13型ノートがリリースに。260ドルオフのクーポン情報も

HuaweiよりMacBook Airを意識した、13インチのノートパソコン「Matebook 13」がリリースされました。

13インチ 2160 × 1440の高解像度ディスプレイに、Core i5-8265U、メモリ 8GB、PCIe接続のSSDの高スペックにアルミ製ボディを採用したMatebook 13。

海外通販サイトでは早速プレセールを開催中ですが、今回はこのMatebook 13のスペックと特徴をみてみます。

 

▼2019/1/14追記

1月28日までの期間限定 100個限定となりますが、GearBestでは260ドルオフのクーポンを配布しています(文末参照)。

Matebook 13のスペック

Matebook 13は、スペック・外観ともにMacBook Airを意識したものとなっていますが、13インチクラスのWindowsノートとしては、Matebook 13よりやや低めの価格設定のXiaomi Mi Notebook Airも対抗となります。

以下は、Matebook 13、Xiaomi Notebook Air、MacBook Airの主な項目を比較したものです。

より詳細なスペックは、以下の海外通販サイト、あるいはApple公式サイトを参照ください。

Huawei Matebook 13 (GearBestサイト)

Xiaomi Mi Notebook Air (GearBestサイト)

MacBook Air (Apple公式)

 

同価格帯のWindows ノートとしては、Xiaomi Mi Notebook Airが対抗となるとの認識のもと、主としてNotebook Airとの比較コメントは以下となります。

なお、上表のスペックでのGearBestでの2019年1月12日時点の価格は、Matebook 13がプレセール価格で1059.99ドル、Xiaomi Mi Notebook Airは979.93ドルです。ただし、特にXiaomi Mi Notebook Airは通販サイトの大規模セール等により価格は変動します。

 

  • MacBook Airには劣りますが、Matebook 13の2160 × 1440の高解像度は大きなメリット。また、Matebook 13はブルーライトを30%カットするEye-Protection モードを備えているのも特徴。
  • ディスプレイ 0.3インチの差にして、横幅のサイズ差は約2cm。Matebook 13のディスプレイのベゼル幅 4.4mmが貢献し、コンパクト差はMatebook 13が優位。
  • 3製品ともにボディはアルミ製となり、厚みは15mm前後と薄め。3製品ともそれぞれにスタイリッシュな外観に。都内のスタバなどでは、Xiaomi Mi Notebook Airを見かけることもあります。
  • ポート類では、USB 3.0とHDMIポートを備えるXiaomi Mi Notebook Airが優位。ただし、海外通販サイトでは確認できないのですが、Matebook 13のポート不足を補うために、HDMI・USB A/C、VGAを拡張可能なMatebook Dock 2がサービスとして付属とするサイトもあります。
  • 3製品ともに、PCIe接続のSSDを搭載していることも大きな特徴。ベンチマークスコア・体感ともにSATA接続のSSDとはかなりの差があり、PCIe SSDを体感するとSATAのSSDに戻れなくなります。

 

▼ PCIe接続のSSDを搭載する Xiaomi Notebook Proの実機レビュー

Xiaomi Mi Notebook Pro 実機レビュー。使用して即感じた心地よさ、SSDの速さは圧巻
国内外のレビューで評価の高いXiaomi Mi Notebook Pro。15.6インチ、Core i5もしくはCore i7、メモリ8GBもしくは16GB、PCIe SSD、GeForce MX150と豪華な仕様です。このXiao...

 

基本スペック意外の特徴

基本スペック以外でのMatebook 13の特徴は以下。

 

  • ディスプレイの左右ベゼル幅は4.4mm。他製品でベゼルの狭さをアピールする端末も多いのですが、それらより一段と狭いベゼルです。
  • ブルーライトを30%軽減するEye-Protection モードを搭載。
  • 2つのファンなどにより冷却対応を見直し、通常のノートPCとの比較では25%も冷却効率が良くなっている模様。
  • もちろん指紋認証も装備。

 

 

▼ ブルーライトを30%軽減するEye-Protection モードを搭載

 

▼2つのファンなどにより冷却対応を見直し、通常のノートPCとの比較では25%も冷却効率が良くなっているとのこと。ただし、ファンノイズがどれほどかは確認できず。

 

▼もちろん、指紋認証も装備。指紋認証はタッチパッドあるいはキーボード内に組み込まれた製品が多いなか、キーボードから離れた位置にあることも使い勝手に貢献か。

まとめ

あらためて、Huawei Matebook 13の特徴を記載すると以下となりますが、そのスペックと造り込みと価格から、十分にMacBook Airに対抗できる製品となっています。

同価格帯・同サイズ感のWindowsノートの対抗は、Xiaomi Mi Notebook Airになるとの認識ですが、ディスプレイの解像度でMatebook 13が優位。価格的にはXiaomi Mi Notebook Airが安いのですが、十分に価格差に見合うものでしょう。

 

  • 2160 × 1440の高解像度ディスプレイに、ベゼル幅は4.4mmとスタイリッシュな仕上がり。
  • Core i5-8265U、メモリ 8GB、PCIe接続のSSDと高スペック。
  • 256GBのSSDの場合、価格は1000ドルちょいとなり(クーポン情報を参照)、コスパ度も十分。

 

▼GearBestの価格情報。2019年1月12日時点のプレセール価格は1059.99ドル。

クーポン「GBNBHWMB13」の利用により799.99ドルとなります。100個限定、 1月28日まで

Gearbest Huawei Matebook 13
Huawei Matebook 13

 

GearBest 関連記事

GearBestでの購入手続き実践編。実際の購入にあわせ 画像で概説

GearBest 海外通販、DHL 香港から日本まで配送期間・経緯を公開

GearBest、実例による中国から日本まで配送期間・経緯を公開

GearBestへの出荷督促手順を事例で紹介、督促は簡単・回答も即受領

コメント