8.9型UMPC MAG1のCore i7-8500Y 限定版が発売予定。CPUの実力を探ってみた

Amazonを巡回していると、8.9インチのUMPC「Magic-Ben MAG1」に、Core i7-8500Yの限定版がラインナップされており、2020年1月18日現在のRAM 16GB / ROM 512GB版の価格は129,300円となっています。

Magic-Ben 公式サイトや海外通販サイトでの掲載・アナウンスがなく不思議に思っていたところ、Magic-Benの担当さんの情報では、日本のAmazon 限定版とのことです。今回はMagic-Ben MAG1 Core i7-8500Y版の概要を確認してみました。

関連記事

Magic-Ben MAG1 実機レビュー、狭額ベゼルで極薄の粋なUMPCは液晶の明るさも抜群。タイピングも違和感なし

スポンサーリンク

MAG1 Core i7-8500Y 限定版のスペック

私はUMPCとしてCHUWI MiniBookを購入したのですが、同様に惹かれるのがMagic-Ben MAG1。私がかつて使用していた ASUS T90Chiと同じ8.9インチとなり、外出時のサイズとしては程よい大きさで、デザイン・配色もよく、LTE対応版があることが大きなポイント。

今回のCore i7-8500Y版は、CPUがCore m3-8100Yからスペックアップし、他のスペック・機能には変更がありません。2019年12月29日時点では、確認できる範囲ではAmazonのみのラインナップであり、公式サイトや海外通販サイトには掲載されていません。海外通販サイトでは間もなく掲載されると思いますが、まさかの日本限定モデルではないはず。

 

Amazonには詳細スペックが未掲載のため、上記の記事からCPUのみを変更したスペックが以下となります。

  • OS : Windows 10 Home
  • CPU : Intel Core i7-8500Y
  • メモリ : DDR3 16GB
  • ストレージ : PCIe SSD 512GB
  • ディスプレイ : 8.9インチ、IPS、タッチパネル、解像度 2560 x 1600 (16 : 10)
  • WiFi : 11a/ac/b/g/n
  • Bluetooth: 4.0
  • ポート類 : USB Type-C、USB 3.0、Micro HDMI、MicroSD スロット
  • Battery : 8600mAh、充電はUSB Type-C
  • サイズ : 207.2mm x 146.5mm x 17.5mm、690g
  • ボディはアルミ製、バックライト付きキーボード、指紋認証あり、タッチパッドあり

 

One Mix 3シリーズ、GPD Pocket 2 Max、CHUWI MiniBookなどの他の8インチクラスのUMPCに共通しますが、CPU以外の一般的な事項では、いづれもPCIe SSDを搭載(MiniBookの場合には対応)しているのがポイント。CPUと相まって快速なレスポンスです。

実機レビュー、CHUWI MiniBookにPCIe SSDを増設、OSクローンにより起動ドライブ化。Win 10起動は体感できるほど高速に
UMPCのなかでも特にコスパに優れた CHUWI MiniBook Core m3-8100Y版の楽しみの一つは、より快適なPCIe SSDを増設(換装)すること。早速、256GBのPCIe SSDを購入し、OSをクローン・起動ドライブ化しました。これにより、Windowsやアプリ起動もより速く快適仕様に。

 

▼「Magic-Ben MAG1 実機レビュー、狭額ベゼルで極薄の粋なUMPCは液晶の明るさも抜群。タイピングも違和感なし」より抜粋の実機写真。

 

▽上下左右ともに狭いベゼルのディスプレイ。

▽WiFi版でも SIMスロットを装備。WiFi版の場合、内部にLTEモジュールがないために、そのままではLTEは接続できません。

Core i7-8500Yの実力はいかに

今回の限定版でポイントになる Core i7-8500Yの実力はいかほどのものか。Geekbench 5の公式サイトと手元にあるPCのGeekbench 5のベンチマークスコアから探ってみました。必ずしも、Mag 1の実力に適するものでもないのですが、参考まで。

 

▼上から順に、Core i7-8500Y、Core m3-8100Y、Core i7-8565Uのスコアです。Core i7-8565Uは私の感覚がつかみやすいよう、「実機レビュー、Core i7-8565U搭載のミニPCベアボーン「NVISEN (EGLOBAL) Y-MU01」。PCIe SSD取付によりさらに快速に」の記事から抜粋のスコアです。

▲体感レスポンスに直接影響するのは左側のSingle-Coreのスコアですが、順当に Core i7-8565U、Core i7-8500Y、Core m3-8100Yのスコアとなっています。

手元にあるPCのCore i7-8565UとCore m3-8100Yに、大きく体感できるほどのレスポンスの相違があるかと言えば、何とも微妙です。ライトユースでもテンポよく動作するのは Core i7-8565Uですが、大きな差ではありません。

これにより、Webサイト閲覧やオフィスソフトなどの普段使いでは、Core i7-8500YとCore m3-8100Yに体感できるほどの差はないとみています。

まとめ

Core i7-8500Yを搭載するMagic-Ben MAG1の限定版。普段使いでの、通常のCore m3-8100Y版のレスポンスの相違は、感じることができるかできないか、微妙な差とみています。普段使いでは、Core m3-8100YとPCIe SSDの組み合わせでも十分に快適なため、Amazonでの価格差 約2万円を考慮すると、通常版が望ましいと判断。

 

▼こちらは、Core i7-8500YのLTE対応版ですが、Magic-Benの直営店による販売としては割高に感じます。

 

▼こちらはBanggoodで販売の、Core m3-8100Y、メモリ 16GB、SSD 512GB モデル(WiFi版)。クーポン「BGd58f1d」の利用により 1/31まで 769.99ドル。概算では、Amazonの同モデルよりも 1万円以上 安価です。

メモリ 16GB、SSD 512GB モデル

 

▼こちらはエントリーの、Core m3-8100Y、メモリ 8GB、SSD 256GB モデル(WiFi版)。Banggoodでは、クーポン「BGc8c818」の利用により 1/31まで 628.99ドル

メモリ 8GB、SSD 256GB モデル

 

関連記事 こちらはCore m3-8100Y、メモリ 8GB、SSD 256GB モデルの実機レビュー。細いベゼルのディスプレイに薄いボディにより、通常のスリムノートをそのまま小さくしたようなUMPCです。

Magic-Ben MAG1 実機レビュー、狭額ベゼルで極薄の粋なUMPCは液晶の明るさも抜群。タイピングも違和感なし
Core m3-8100Yを搭載するUMPCのMagic-Ben MAG1。8.9インチのクラムシェル型のPCとなり、そのスタイル・デザインのよさとLTE対応版も販売されていることもあり、UMPCのなかでも特に気になる存在です。この...

コメント

  1. taka より:

    はじめまして。

    8インチくらいまでなら、ショルダーバックなどに入り便利と思います。

    ただし、ここまで大きくなると、レッツノートのCF-RZやサーフェスgoなども競合と考えてしまいます。

    8.9インチの使用用途って何があるのでしょうかね??

    結局、ある程度大きくないと使いにくいということで、ある程度したらUMPCは再び消えてしまうような気がします。

    • kenken より:

      Surface Goと8インチのCHUWI MiniBookを持っていますが、8.9インチのMAG1をお借りして使用してみると、
      8インチと大差ないサイズ感でした。
      UMPCがこのまま人気継続となるかと言えば、確かに微妙かも。普通に使えるPCはSurface Goの10インチクラスからとなり、
      8インチ、8.9インチともに何かを犠牲にする必要がありますね。
      Surface Goの前には、8.9インチのASUS T90Chiを外出時に使用していたのですが、タッチパッドはないものの、キーボードの
      タイピング感が素晴らしく、これのスペックアップ版が販売されるなら(多分ないでしょうけど)、購入してしまいそうです。

タイトルとURLをコピーしました