広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

Mac mini ドッキングステーション 実機レビュー、M2 Mac miniとインテル Mac miniでの動作を確認

今回レビューする製品は、Mac mini ドッキングステーション。国内通販では、M.2 SSDポートを備えた製品、HDMI / DPの映像出力を備えた製品など、複数の製品が販売されています。

私はこの数ヶ月で、USB接続のM.2 SSD ケースを複数購入したこともあり、ドッキングステーションは 2.5インチ SATA ポートを装備する、シンプルな7 in 1のモデルを購入しました。

M2 Mac miniとインテル Mac mini 2012モデルで動作確認しましたが、USB 機器 / SSDともに普通に機能しています。アウターはアルミ製で質感は高いのですが、惜しい点はMac miniのシルバーよりも やや明るいこと。

スポンサーリンク

購入した製品

以下の記事にて、複数の種類のMac mini ドッキングステーションを紹介しましたが、OEM製品が多く、結局は3〜5製品、しかも特定製品の派生モデルに集約されるように思います。

Mac mini ドッキングステーション、9製品の特徴。統一感重視のSatechi、PCIe SSD ・映像出力 2ポートを装備のQwiizlab など
Mac miniと統一感のあるデザインで、USBポートやSSDを増設可能な「Mac mini用のドッキングステーション」。国内外通販で多くの製品が販売されていますが、代表的な9製品について、その特徴を記載します。 USB 3.0、US...

 

今回購入・レビューする製品、あるいはその派生モデルも、複数のブランド・ショップから販売されていますが、Amazonでも販売の以下の製品を、フリマにて 半額以下の3,000円台で購入しました。新品ですが、外箱がないため、外箱破損品が流れてきているように感じます。

 

▼2018/2020 モデルに対応とありますが、所有する 2012モデルとM2 Mac miniでも普通に動作しています。ただし、接続は USB Type-Cのため、2012モデルでは USB Type-C to Aの変換アダプターが必要。

なお、M1 / M2 Mac miniの他のドッキングステーションの情報では、Mac miniの下に置くと WiFiの強度が弱まるとのコメントが散見され、上に置く必要があります。また、Mac miniのサイズにマッチした USB ハブの位置付けのため、Windowsでも動作します。

 

▲製品紹介にあるとおり アルミ製です。製品タイトルには「シルバー」、製品詳細には「絶妙なヘアラインとスペースグレイのアルミニウム合金」とあり、シルバー or スペースグレイで記載が異なっていますが、実機はシルバーです。

なお、本製品の説明書には 型番・モデルナンバーを示す「MC25」の記載があります。他ブランドの多くの製品が「MC25」の派生モデル(MC25 Proなど)であり、やはりOEM製品ですね。同じ「MC25」でもブランド・販売店により大きな価格差があります。

 

▼こちらはアトラスの派生モデル。モデルナンバーは「MC25H」。USB Type-C / HDMI / VGAポートも装備しています。

外観

Mac mini ドッキングステーションの物色にあたり、私はポート類よりも Mac miniとの色合いを気にしていましたが、多くの製品のレビューを参照しても、ピッタリマッチする製品はないように感じます。

本製品の場合にも、シルバーのMac miniよりも明るいもの。また、Mac miniの表面は、どちらかと言えばツルツルしていますが、本製品はザラザラとしています。

 

▼以下の画像はAmazonのもの。今回 フリマで購入した製品は、外箱がないこともあり安価なのですが、マニュアルや付属品は全く同じです。

 

▼外箱のない本体は しっかりと梱包されていました(写真は梱包を外した後です)。梱包を見ると、中国からの直輸入の製品をキープしていたと思われ、箱破損品が安価で流れてきた可能性もあります。

 

▼英語のみの簡易的なマニュアルと、Type-C ケーブル、2.5インチ ポートにアクセスする扉のネジ用のドライバーが付属。ただし、ネジは付属せず、本体にも取り付けられていません。なお、左下のスポンジは、接地面に任意で取り付ける保護材と思われます。

 

▲▼以下の画像のとおり、ポート類は左から USB 2.0 x 2 / USB 3.0 / カードリーダー / USB 3.0。なお、接地面に円形の窪みがない他製品も同様ですが、ドッキングステーションを下に接地した場合には、隙間はかなり大きく、ちょっと触ったのみで動いてしまいます。

 

▼製品画像ではロゴなしだったのですが、控えめながらもロゴが入っています。写真では伝わりませんが、ザラザラとした塗装です。

 

▼アルミに厚みはなく軽い(380g)のですが、質感としてはわるくありません。なお、製品紹介に「薄くて安定しているので、Macを置くだけでなく、デスクトップスタンドとしても使用できます」との記載がありますが、これは無理があるように思います。

 

▼写真は四隅のゴム足の保護シールを剥がす前です。中央の蓋を開けて、2.5インチ SATA ポートにアクセスしますが、蓋はネジどめされておらず、また、ネジも付属していません。

▲樹脂が大部分を占めるため、Mac miniの上に設置した場合の放熱は期待できません。

 

▼SSD / HDD取付の内部・ポートは、このクラスとしては標準的。ただし、樹脂かつ密閉することになるため、HDDを取り付けた際の熱が気になります。

 

▼SSD取付は簡単に完了、また、SSDの収まり具合もわるくはありません。

インテル・M2 Mac miniとのマッチング

Mac mini 2012モデル、M2 Mac miniとのマッチングについて記載します。

 

▼上はM2 Mac mini、下はMac mini 2012モデルですが、上の隙間の大きさにより、Mac miniの上に置くことで決定。

 

▼上に置いた場合には、隙間も小さく デザイン的にもよいものです。ただし、単に置いているのみで、しっかりと固定はできません(ゴム足により滑りにくくはなっています)。

 

▼この隙間はいただけません。他の製品も同様ですが、Mac miniにあわせた円形の窪みのないものは、イメージ画像で隙間を小さく見せていることが よくわかります。

 

▼付属のケーブルを使用し、M2 Mac miniと接続しました。サイズ・デザインとしてはバッチリですが、色が合わないのが惜しいですね。

 

▼こちらは USB Type-C ポートのない Mac mini 2012モデルとの接続。手元にあった USB Type-C to A ケーブル(アダプター)を使用しています。

 

▼上はM2 Mac mini、下はMac mini 2012モデル

 

▼こちらは M2 Mac miniとの組み合わせ。右のLEDの位置もピッタリとマッチしています。

 

▼この隙間を見ると、やはり下に置くのは厳しいです。

 

▼M1 / M2 Mac miniで下置きにこだわる場合には、割高ではあるものの、こちらのSatechiの製品がよいです。ただし、やはりMac miniとの色合いとは異なります。

 

▲▼左はSatechi X1 キーボード。撮影時の影を隠すために置いています。

 

▲Hagibisの縦置きスタンドと組み合わせてみました。左側のスタンドの位置合わせが中途半端でしたが、この組み合わせもありですね。

Hagibis、Mac mini 縦置きスタンド レビュー、肉厚アルミでしっかりホールド、Mac miniとの色合いも見事にフィット
Mac miniの冷却対応とデスクの省スペース化のため、Hagibisの縦置きスタンドを購入しました。ダイヤモンドカット加工されたネジの側面も含めてアルミ製となり、シルバーのMac miniとの色合いのマッチングも上々で、購入して後悔な...

 

▼M2 Mac miniでの使用中の一コマ。ブルーのLEDは通電時に点灯、ホワイトのLEDはMac miniのスリープ時に消灯します。

使用感

一部、上の外観などで記載の事項と重複しますが、あらためてデザインなども含めたコメントを記載します。

全般的に、Mac miniのサイズ・デザインにマッチした、SATA ポート付きのUSB ハブとの位置づけの製品となり、アルミ製アウターの質感の高さもあり、フリマでの3,000円台の購入は お買い得。

  • アルミに厚みはないものの、私が購入した3,000円台の製品としては 質感は十分。ただし、同一製品でもブランド・販売店により、大きな価格差があります。
  • 下置きにした場合、製品のイメージ画像よりも かなり大きな隙間があり、Mac miniの上に置いての使用に限ります。M1 Mac miniの場合、他製品では WiFi 強度が弱くなるとのコメントが多く、M2 Mac miniの場合にも、上に置いての使用がベスト。
  • デザイン面で惜しいのは、やはり Mac miniとの色合いが合わないこと。これは他製品でも概ね同じのため、やむを得ないですね。
  • 上置きにした場合には特に、アルミの厚み(薄さ)と樹脂製の底面により、放熱効果は期待できません。
  • また、他製品も同様ですが、HDD / SSD 取付部分は樹脂であり、密閉されるために HDD取付時の熱のこもりも心配になります(私はHDDを取り付けていないために未確認。SSDでは問題ありません)。
  • ポート類にUSB機器への脱着、SATA ポートへのSSD取付ともに良好です。
  • ドライバーが付属している一方で、底面の蓋を固定用のネジが付属しないと言った、付属品の中途半端感があります。

 

▼あいにく Mac用にフォーマットしたSSDが手元にないため、Sun DiskのSSD(他のPCで使用のWindowsの起動ディスク)を接続したドッキングステーションを、Windows PCに接続して ベンチスコアを計測しました。

2つめのスコアはWindowsに内蔵時のスコアです。USB 接続としては、一般的なスコアですね。ただし、M2 Mac miniでは USB Type-Cで認識しているのですが、Windows PCでは USB Type-Cでは認識せず、USB-Aでの接続です。本製品に限らず、(特に M.2 SSDの)USB接続ではケーブル・ポートとの相性の課題があります。

 

▼こちらはAmazonで販売の、私が購入した製品(フリマにて外箱なしの、安価な製品を購入)と同モデル。2月20日時点では、M.2 SSDポート装備、あるいは HDMI / DPなどの映像出力ポート付きの製品が売れ筋ですが、7 in 1のシンプルな製品です。