Macで英語キーボードの「英数・かな切替」、「英かな」アプリがシンプルで便利

Mac / Windowsともに、英語キーボードを使用する際に課題となるのが「英数・かな」の切替。Macの場合には、「Karabiner-Elements」を利用してのキー割当の変更がメジャーですが、設定の煩わしさもあります。そこで利用したいのが「英数・かな」の切替に特化したアプリ「英かな」。インストールするのみで、マックの日本語キーボードと同配置の、スペースキー両隣のCommand キーが「英数・かな」の切替に割り当てられます。

関連記事

MacでWindows用キーボード使用時に「英数・かな切替」をワンタッチで行う方法(Karabiner-Elementsを利用)

スポンサーリンク

「英かな」のインストール

インストールは通常の、Webサイトからダウンロードしたアプリファイルのインストール手順と同様であり、設定も何もすることなしの手間いらずですが、インストールと設定について記載します。

 

▼作者さんサイトからzipファイルをダウンロードします。サイトでは、Sierra / El Capitanに適合との記載がありますが、私はHigh Sierraで動作確認を行い、同サイトから遷移する「GitHub」では、M1 Mac向けにも用意されているようです(後日、実機で確認してみます)。

英かな、ダウンロード先

 

▼zipを解凍しても、9.7MBと軽量です。

 

▼Webからダウンロードしたアプリのため、「セキュリティとプライバシー」の画面で「実行許可」します。左下をクリックし、アカウントのパスワードを入力、中央の「このまま開く」を押下します。

 

▼以下の「プライバシー」のタブの「アクセシビリティ」にて、「英かな」にMacの制御を許可します。

「英かな」の設定

初期設定で、Mac起動時の稼働、スペースキー左のCommandが「英数」、スペースキー右のCommandが「かな」に割り当てられています。そのため、ユーザーとしては初期設定を行うことなく利用することができますが、参考までに設定画面を記載します。

 

▼インストール後は、メニューバーの「⌘」アイコンの「Preferences」から設定画面を呼び出すことができます。

 

▼初期設定で既に 左のCommandが「英数」、右のCommandが「かな」に割り当てられており、インストール直後に日本語キーーボードと同じく、スペースの両隣のキーで「英数・かな」に切り替えることができます。

 

▼私の場合には、利用局面を思いつかないのですが、ChromeやFinderなどの一部のアプリでは無効にすることができます。

 

▼デフォルトで、メニューバーのアイコン表示、ログイン後の起動、起動時のアップデートの確認が有効になっています。これらも設定を変更する必要はないでしょう。

まとめ

今回、私は旧型 iMacと Anker ウルトラスリムキーボード(英語キーボード)にて動作確認を行いました。Command キーと他のキーとのコンビネーションによるショートカットに影響を与えることもなく、実に快適。Macの日本語キーボードと同様に英数・かなを和単タッチで切り替えることができます。

 

▼Windowsでの英語キーボードの使用、「英数・かな」の切替なら、こちらの「Alt IME」で決まり。

英語キーボードの「かな」「英数」をAlt空打ちで瞬時に切替。alt-ime-ahk.exeで快適な入力環境
日本の店頭に並んでいない、海外通販にて購入したパソコンのキーボードは英語キーボード。私が先日購入した「Jumper EZBook 3 Pro」も英語キーボードです。iPad、iPad miniでは英語キーボードを利用し、慣れたつもり...

 

▼MacでWindowsのキーボードを利用時などに便利な「Karabiner-Elements」

MacでWindows用キーボード使用時に「英数・かな切替」をワンタッチで行う方法(Karabiner-Elementsを利用)
MacでWindows用のキーボードを使用する際に戸惑ってしまうのが「英数・かな」の切替。Macの日本語キーボードでは、スペースキー両隣に「英数」「かな」キーがあり便利なのですが、Windows用のキーボードをそのまま使用すると、「...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました