MBAのCPU温度が95度に。たまらずMacs Fan Controlで管理を開始

MacBook Airでブログ記事の編集をしていると、ボディがかなりの熱を帯びています。すかさず、CPUの温度計測ができるアプリ「Macs Fan Control」をインストールしCPU温度を計測すると、驚愕の温度に。

あいにく、この温度を再現できずに、原因の特定・対応にはいたっていませんが、今回はこの驚愕のCPU温度の状況を記載します。

 

スポンサーリンク

なんと、CPUの温度が95度に

▲▼上の画像はMacs Fan Controlの画面全体、下の画像は内部の温度表示の拡大です。

▲Core 1の温度が95度にもなっています。以下の記事のとおり、Stick PCのCPU温度が79度となった際にかなり驚いていた私ですが、さすがに95度にもなると尋常ではありません。

 

CPU温度・ファンの関連記事

Stick PC、動画視聴でCPUが79度に。たまらずファン取付の効果を検証してみた

Stick PC DG-STK3の冷却に銅板とアルミヒートシンクを利用してみた

Fire TV Stickの熱対策、外枠加工、ヒートシンク取付で効果あり

 

何かわるさをしているのか確認もせずにシャットダウン、少し時間をおいてから起動すると通常の温度(起動直後に40度台)に戻りましたが、それ以降の作業においては95度になることもなく、高くても60度前後。

状況の再現、原因の特定をできずにいるのですが、何となく覚えている程度の、95度になった状況は以下です。

  • 動画編集・動画視聴などの負荷のかかる作業は行っていない。
  • 開いていたアプリは、Google Chrome(タブは15個前後開いていた)、各種設定・システムモニター画面、もしかすると画像編集アプリであるSkitchを開いていたかも。
  • ファンはしっかりと回っていた。
  • MacBook他のアルミ製PCにぴったりなノートPCスタンドのレビュー。肩こりの緩和も」に記載のノートPCスタンドを使用しており、それなりの冷却対応も行っていた。

 

上記をみても特別なことを行っているわけでもなく、通常利用の範囲です。その後、Macs Fan ControlにてCPU温度をモニターしているのですが、数MBクラスの軽めの画像編集を行うと、すぐに10度程度は温度が上昇します。経年劣化(CPUのグリスなど)もあり、排熱処理が上手くできていない状況もあるように思います。

温度が高い現象の再発となった場合、あるいは備えとして、現在 検討中の取り急ぎの対応は以下です。

 

 

CPU温度のモニターには、Macs Fan Controlが扱いやすい

今回のCPU温度の上昇にあわせ、PC内部の温度のモニター用のアプリを探していたところ、以下のTemperature Gauge の評価が高いよですが、さすがにアプリで2,000円越えはちょっと高い。

そこで使用したのがMacs Fan Controlです。なかには「強引なネット接続」とのレビューコメントもありましたが、現在のところはそのようなこともなく、私的にはかなり扱いやすいものです。

 

Temperature Gauge カテゴリ: ユーティリティ 現在の価格: ¥2,200

 

Macs Fan Control ダウンロードサイト

 

▼フリーのアプリで、ファン回転数の制御と13種類の温度を計測できるとは、Windows アプリでは存在しないと思われます(未確認)。

Palm Restとありますが、パームレストの温度の情報までロジックボードに備わっているのか、素朴な疑問があったりします。

 

▼ファンの回転数を一定値に保つ、あるいは温度による制御も可能です。

 

▼メニューバーにアイコンを表示し、ウォッチすることもできます。

 

▼メニューバーに常駐した事例。画像編集を行っている際には温度が即上昇し、しっかりとモニターできているのがわかります。

 

まとめ

MBAのCPU温度が95度にもなってしまったこと、温度管理を行うためにMacs Fan Controlを導入したにすぎない中途半端な記事となってしまいましたが、今後の冷却対応の強化への記事に続きます。

起動しないMBAをリフローして復旧後、95度では影響しないはずなのですが、半田クラックが再発しないかと、内部の温度にはやや敏感になっています。

 

MAC
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
Win And I net

コメント