M1 MacBook Air、仮装 Windows 環境を外部ディスプレイに接続。ミニPCライクに使用してみた

便利に利用している M1 MacBook Airの仮装環境での Windows 10 ARM版。通常価格 8,345円のソフト「Parallels Desktop」を導入する必要がありますが(他にWindowsのプロダクトキーも必要)、サクサクと動作するために価格に十分に見合うもの。

最近では、M1 MacBook Airをクラムシェル型で24インチのディスプレイに接続して利用することも多いのですが、Windows 10でミニPCライクでの使用も快適です。

完全にミニPC・デスクトップ代替とはいきませんが、メインはMacを大画面で接続、必要に応じて Windows 10を利用といった使い方では重宝します。今回はこの「M1 MacBook Airの仮装 Windows環境での、ミニPCライクな使用感」について記載します。

スポンサーリンク

M1 MacBook Air、 Windows 10の動作環境

M1 MacBook Airの仮想環境で、Windows 10の導入にあたっては以下を導入する必要があります。

  • Parallels Desktop 16.5 for Mac。Parallels 公式サイトはこちらですが、通常価格は1年間のサブスクリプションで 8,345円。15日間有効のトライアル版がありますので、まずそちらを試してみることになります。
  • Windows 10 ARM版。プロダクトキーは通常版と区別がありません。Yahoo! ショッピングで激安販売されています。

 

▼導入の詳細においては以下で詳述していますので、そちらを参照ください。

M1 MacBook Air、Parallels Desktopによる Windows 10の導入方法と使用感。メモリ 8GBでも快適動作
Macの仮想環境で Windowsを実行できる「Parallels Desktop 16.5 for Mac」がリリースとなり、待望のM1 Macにも対応しました。早速、M1 Macに対応する Windows 10 ARM64 In...

外部ディスプレイの接続

上の画像のとおり、私はUSBハブを利用して外部ディスプレイに接続しています。利用しているハブは以下の製品。

M1 MacBook Airに対応、HDMI 出力、本体への給電も可能なUSBハブのレビュー
M1 MacBook Airを購入し困ってしまうのが、USB Type-Cのみを装備し、通常のUSBポートとHDMIポートがないこと。ポート類を多数備えるUSB ハブを利用すればよいのですが、相性の課題もあり、手元にあるUSB Ty...

 

キーボードは、上記のハブにUSBのワイヤレスキーボードを接続していたのですが、接続が不安定な状況となり、以下の旧モデルのApple ワイヤレスキーボード(Bluetooth)を接続し安定動作しています。

中古購入のApple ワイヤレスキーボード「A1314」、Macでの高速タイピングは2020年でも有効
中国製のミニPC「CHUWI GT Box」に、Hackintoshによる macOS High Sierraをインストールし、記事編集などに便利に使用している私ですが、より快適に使用すべく、旧型のApple製ワイヤレスキーボード「...

 

▼こちらは macOSのサブディスプレイとして接続

 

▼仮想環境のWindowsに切り替え

 

▼M1 MacBook Airをクラムシェルモード(電源ケーブルを接続したまま、ディスプレイを閉じる)の全画面表示としたもの。キーボード・マウスを接続し、Windows 10のミニPC・デスクトップライクに使用できます。

▲▼M1 MacBook Airがツヤツヤしていますが、以下のクリアカバーを装着しているため。

M1 MacBook Air用のクリアカバー・キーボードカバーのレビュー。違和感なく おすすめの製品
M1 MacBook Airを使い初めて約4ヶ月。これまでケースなし、フィルムなしでサイト記事の編集をメインに使用していた私ですが、やはり傷がつくことをおそれ、本体カバー・キーボードカバー・トラックパッドフィルムの3点セットの製品を...

使用感

続いて、M1 MacBook Airの仮想環境で動作している Windows 10を、24インチのディスプレイに接続した際の使用感を記載します。ベンチマークスコアやレスポンスについては以下の記事で詳述していますので、そちらを参照ください。

M1 MacBook Air、Parallels 仮想環境のWindows 10 ARM版のベンチマークは 想像以上にハイスコア
M1 Macに対応した「Parallels Desktop 16.5 for Mac」にて、「Windows 10 ARM64 Insider Preview版」を仮想環境で導入し試していますが、軽めのベンチマークを計測してみました...
M1 MacBook AirでWindows 10 ARM、仮想環境で終日利用の使用感。想像以上のレスポンスで常用も可能
M1 MacBook Airに「Parallels Destop」と「Windows 10 Pro ARM版」のプロダクトキーを取得したうえで、仮想環境にて Windows 10を導入し、普段どおりに終日、記事編集やWeb ブラウジ...

 

外部ディスプレイに接続しての使用感は以下です。全般的には、以下の1と2により、完全にミニPC・デスクトップ代替とはいきませんが、メインはMacを大画面で接続、必要に応じて Windows 10を利用といった使い方では重宝します。

  1. デメリットは、私の設定が十分でない可能性も大ですが、程よい解像度の設定に時間がかかること。設定した解像度を維持できればよいのですが、極端に言えば、Windowsの起動の都度、リセットされ設定し直しているような感覚です。
  2. これは、Windows側に限ったことではないですが、USBハブにワイヤレスキーボードを接続した場合、ハブとの相性もありそうです。キーボードの反応が不安定になり、結局 Bluetooth キーボードを接続し安定動作しています。
  3. 私は24インチのディスプレイにミニPCを接続することが多いのですが、M1 MacBook Airがファンレスのため、Windows側でも当然ながらに無音であることが大きなメリット。
  4. その他の動作においては、通常のWindows 10と大きく変わることなく(こちらの記事で記載の些細な違和感もあります)、ミニPC・デスクトップPCライクに操作できます。

 

▼こちらの解像度の設定が、Windows 10の起動時にリセットされることもあり、調整する頻度が高いことがデメリット。

 

▼Parallelsの公式サイトはこちら

Parallels Desktop 16.5 for Mac

コメント

タイトルとURLをコピーしました