広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

M1 MacBook Air、約8ヶ月の使用で生じた 軽度の不具合の事例

2020年12月より M1 MacBook Airを使い始めて 約8ヶ月が経過しましたが、最近 軽度の不具合が発生しましたので、参考までに記載します。現在は解消できていますが、その不具合とは、スリープから復帰すると、画面が異様に暗い現象と、アップルマークの押下で表示される項目を選択できない現象ですが、後者は他のMacでも発生しました。

スポンサーリンク

M1 MacBook Airで生じた、軽度の不具合の具体内容

軽度の不具合を具体的に記載すると下記となりますが、一部(1の液晶以外)は以下の記事で記載の iMac 27インチ Mid 2010と同じ状況もありました。

何度か再起動を繰り返すうちに不具合は解消したのですが、対応としては以下の記事に記載の「PRAMリセット」が適切とも思います。

Macで文字の連続入力、警告音繰り返しの不具合が発生。修復に向けての一般的な対応事例

 

  1. スリープから復帰すると、画面が異様に暗い状況であり、明るさ調節を行うも反応せず。
  2. 同時に、キーボードのキー入力も受け付けず。キーボード自体が反応しない状況。
  3. 上記(および以下の事項も)は再起動を何度か繰り返すうちに、不具合解消。
  4. 明るさ、キーボード入力の不具合は解消したものの、アップルマークで表示される項目など、フォーカスの当たっている部分が激しく点滅し、項目を選択できない状況あり。
  5. 上記4と同時に、「ポコポコ」と警告音のようなものが継続して鳴る状況あり。
  6. 上記の不具合発生時に、特別な処理を行ったなどの状況はなく、普通にスリープからの復帰後に発生。

 

▼上記4と5の不具合ですが、以下の画面などにて、フォーカスの当たっている部分が激しく点滅、あるいは他の項目を選択するも、すぐに元の項目に猛スピードで移動し、選択できない状況でした。

この現象は、直近でも他のMac (iMac 27インチ Mid 2010、macOS High Sierra)で発生し、M1 MacBook Air / Big Surに特有のものではありません。直前にキーボードの入力を受け付けない状況もあり、一時的なキーボードの不具合とも思われます。

まとめ

一時的な不具合であり、解消したからよかったものの、画面が異様に暗い・明るさ調節できない、キーボードの入力を受け付けない、項目間移動ができない、警告音が継続する不具合情報でした。M1 MacBook Airのみの現象ならハード的なことも想定されますが、他のMacでも生じたために、キーボードのソフト面での課題かもしれません。

直近で、以下の「M1 MacBookの液晶割れが多く報告」との記事を参照していただけに(不具合の程度は大きく異なりますが)、上記の不具合もやや焦りを感じてしまいました。

M1 MacBook screen cracks occurring during normal usage - 9to5Mac
There have been multiple reports of M1 MacBook screen cracks occurring during normal usage of the machines, with both the M1 MacBook Air ...